[イベント]2014.1.4

これからもがんばります! 応援よろしくお願いします!!

テレビ朝日ビール王国今やる!ハイスクール出版業界の裏側取次林修百田尚樹

テレビ朝日系列で2013年12/13(金)に放送された「林修先生の今やる!ハイスクールSP」「百田尚樹流ベストセラーの作り方講座」は非常に面白い内容だった。

特に「出版業界の裏側を知ろう」というテーマは、一般の方が知らない出版業界(特に出版における流通の仕組み)についてかなり突っ込んだ内容を語っていた。

百田氏は「(ここまで語ってしまうと)私は文学賞は取れなくなると思います」といった、文学賞の事情やベストセラー倒産、取次による入荷制限や出版部数への介入などかなりきわどい裏話(?)も語っていた。

出版業界には「取次」という卸業者があり、現在トーハンと日版の2社でシェアの70%以上を占める寡占状態にある。
取次が書店に配本してくれなければ書店に届かないし、書店に届いても書棚に並ばず倉庫から倉庫へ返品される。読者の目に触れぬ間に消えていく本があることや平積みは1日で効果が出ないと見切られる…など様々な話が面白く紹介されていた。
百田氏は「1冊の本と出会えることは奇跡に近い」とまで言っていた。

なかでも、専門誌と呼ばれる雑誌は非常に厳しい状況に置かれている。
総合的な雑誌は、多くの人が“内容のどこかに興味を持ち手に取ってくれる”可能性がある。
特集次第では無限の読者層が望める。
しかし、専門誌は”はじめから読者の絶対数が決まっている”と言っても過言ではない。

また、百田氏は作家のギャラに関してもかなりはっきりとした数字をあげていた。
雑誌の原稿料は「400字詰め原稿用紙1枚5,000円程度」とのことだったが、百田氏が今超売れっ子だからではないだろうか?
巷では、原稿1本1,000円なんてことも稀ではない。電話でコメントをもとめられたりインタビューされたりといった場合は無報酬であることがほとんどだ。
百田氏がかなり思い切った発言をしていたので、私も思い切ってみたい。
私が主幹を務めさせていただいた「ビール王国」だが、最もお支払いできた方でも百田氏の仰る「400字詰め原稿用紙1枚5,000円」を下回ってしまっている計算になる。本当に申し訳ない。
また、私のギャラが、いくらなのか私自身まだ知らない。というか、まだ決まっていない。
売上次第なので、場合によってはゼロかもしれない…。赤字でないことを祈るしかない。

書籍を1冊書きおろしてもさしたる収入にはならない。という話も百田氏は語っていた。
百田氏のような勢いのある作家は初版ン十万部やン百万部という数字とのことだが、同番組に出ていた伊集院光氏は自らの本の初版を3~4000部だったと思うと語っていた。一般的な初版部数である。
書籍の場合、印税は5~10%が相場なので、定価1,000円の本だとすると40万円が上限ということになる。
私はビールのことを書くようになって18年たつが、この間に出したビール本は9冊にすぎない。2年に1度40万円ということだ。
18年間の平均年収が20万円という計算になる。
ビアジャーナリズムの厳しさが改めて身に染みる。
書籍や雑誌を1冊作るとなると最後の1週間ぐらいはカンヅメになり、そのうち2晩ぐらいは徹夜になる。
ま、「好きでやってるんだろ」とか「仕事が遅いからだろ」と言われればそれまでだが、身を削る思いで作っているつもりだ。
しかしその挙句、出た本に対して、「面白くない」とか「所詮イラストレーターあがりだから文章が下手だ」とSNSで揶揄され、こき下ろされる始末である。
もっと勉強せねばなるまい…。情けない。

9803_260

先日、初めて訪れた町の大型書店で「ビール王国」を探したところ見当たらなかった。
レジで『ビール王国という雑誌ありますか?』と尋ねたところ、調べてくれて『その本は、弊社グループでは入荷してないです』と言われた。
えっ、えっ~。全国に10軒以上のフランチャイズを持つこの書店グループには1冊も入荷してないのぉ…。K伊國屋とか平積みにしてくれてたのにぃ。

もちろん、これも取次と書店の選択なので文句を言える筋合いではない。
頑張って、多くの書店から『ビール王国、配本してください!』と言ってもらえる雑誌を作っていくしかないわけだ。
がんばろう!

追記:次号の出版は来年3月を予定し、準備を開始しています。応援していただけると助かります!!よろしくお願いします!!!

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

本格派ビール雑誌「ビール王国」発売中。
「ビール王国 ウェッブ・ストア」

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。
https://www.facebook.com/beerkingdom.jp?fref=ts

※お店のメニューや営業時間、イベントの内容などの掲載情報については、予告なしに変更されることがありますので、念のためお店やイベント・サイトなどをご確認の上ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

*告知は、本サイト以外でも行われている場合がありますので、すでに満席や売切れの場合もあります。御了承下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。