[テイスティング]2014.1.17

ビアポエム(7)ホットビール リーフマン・グリュークリーク

ベルギービール

寒い日が続きますね。分かっていながらも外に出ると「寒い」を連発してしまうのは人間の性というものでしょうか。「寒いと言ったら100円貯金」なんて始めてみると、結構いい額になるかもしれません。

さて、寒いときにこそビールです。

ビール党各位にはご賛同頂けると思いますが、”ビールも好き”党の方々にもぜひお試し頂きたいのが冬ビール。
こたつに入っていつもの缶ビールもよし。いつもとは違った濃厚なビールを味わうのもよし。
今回紹介するのは後者、いつもとは違う「ホットビール」です。
リーフマン・グリュークリーク
リーフマン・グリュークリーク。
2008年からデュベル・モルトガット傘下となったリーフマン醸造所ですが、17世紀から300年以上の歴史を持つ老舗のブランドです。東フランドル州に位置し、当時スヘルデ川のほとりに建てられた醸造所は現存しています。「紙巻きボトル」で有名なグーデンバンドをはじめ、フルーツビールでも有名です。その中でも、このグリュークリークは基本的には「ホット用」としてボトリングされたものです。

大学時代、よく先輩に釘をさされた思い出があります。「ビールを火から遠ざけろ」と。鍋料理を皆で楽しむときも、缶ビールは決して鍋の近くに置いてはいけない。遠くに置かねば忽ちぬるくなり、ビールの味を損なうと。しかり、と私は天啓を受けた信者のようにこの風習を是としておりました。それから10年・・・、温めるビールを紹介することになろうとは。この記事は破門覚悟で書いております(笑)。

まずは温め方。ぬる燗ではなく少し熱めに、グラスを直接触ったら熱い程度、香りをかいだらむせる一歩手前まで温めます。雪平鍋で直接温めるなら弱火でとろとろと、一気に炭酸が抜けきらないように。小さな泡が鍋底の全体から上がってくるくらいがいいお手前。耐熱グラスであれば、レンジを使うのも手軽です。このときは突沸に注意して。

・・・tasting
甘いクランベリーの香り。シナモンやアニスが醸し出す独得なスパイシーさで、胃がカッと開く。グリューワインよりもアルコールが弱い分、柔らかい甘さを感じられる。少し甘味料の平坦な風味もあるが、舌先をピリッとさせる余韻が複雑味をカバーしてくれて飲み飽きない。冬のほろ酔いには最高。酸のある甘さなので、醤油を使った料理などとも相性は良さそう。

グリューはドイツ語で灼熱を意味しますが、このビールを飲むと体の芯からポカポカとして気持ちよいです。
少し意地悪をして、冷やして飲むとどうか。
温度が低いため甘みが弱く感じられ、スパイスの味わいやチェリーの酸味がよく分かります。こっちが好みという人もいるかも。私は両方飲んで「美味しい」を連発することにしたいと思います。

Liefmans GluhKriek, Liefmans醸造所Duvel Moortgat Group)6%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

02004ニシバヤシ タツマ

この記事を書いたひと

ニシバヤシ タツマ

ビアジャーナリスト/びあけん1級(2013,2015)

大学時代に自転車旅行でビールのうまさを知る。ほどなくしてベルギービールにカルチャーショックを受け、 世界のビールの虜に。ビールは大人の趣味の1つ。その一期一会を記事やビアポエムとして伝えていきたい。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。