[テイスティング]2014.3.1

何の気負いもないラベルの人「アンティーク・ブロンド」―ビアレポート(75)

ストロングエールベルギー

最近何かと忙しい私です。

忙しいとゆっくりビールを飲むことができないので、もっとゆとりがほしいなんて思うのですが、お仕事をいただいていて忙しいほうがいい、とも思うわけです。ですが、こんなラベルのビールを見ると、やっぱりゆっくりとビールを飲みたいなと。

今回はベルギーのデカ醸造所「アンティーク・ブロンド」です。

Antiek Blonde

Antiek Blonde

デカ醸造所はベルギーの西フランダース州ウーステンにあり、フランスとの国境もに近いところです。フランスまでは20km弱くらいでしょうか。ポペリンゲもすぐ近く。ウェストフレテレンを醸造しているシントシクストゥス修道院までも直線距離にして10kmくらいです。

と、地図上の位置をGoogleマップで確認していたのですが、デカ醸造所の近辺をストリートビューで確認できるようだったので見てみました。「DECA」と書かれた建物やトラック、ビールを運ぶケースなどがありますが、それほど大きな醸造所ではありません。この近辺はほとんどの建物がほぼ2階建てまで。一番高いのは醸造所の煙突のような感じです。敷地もあまり広くないのですが、醸造所の裏手にはどこまでも続く畑と牧場が広がるのどかな風景。

こういうところじゃないと、こんなラベルの人みたいにリラックスした表情にはならないよな…と思いながら。

そんなのどかなところで造られているこの「アンティーク・ブロンド」ですが、ラベルにも「ブロンド・オールド・ストロングエール」と書かれている通り、なかなかストロングな味わい。飲んでみると、ややアルコール感を感じます。原材料にはスパイスも書いてありますが、何を使っているのかは不明。甘味もあるのでバランスは取れていますが、のどかな風景の割には…いや、のどかだからこそ強くてもいいんでしょう。こんな忙しいときに焦って飲むよりは、ゆっくり楽しむのがよさそうなビールです。

ラベルの人のように、これだけリラックスして飲んでみたいものですねえ…。

【BEER DATA】
アンティーク・ブロンド
生産地:ベルギー
醸造所:デカ醸造所
スタイル:ベルジャンストロングエール
アルコール度数:8%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。