[ブルワー]2015.9.14

「世界に伝えたい日本のクラフトビール」最高賞に輝いたベアレンビールの軌跡を綴る『つなぐビール』発売!

ベアレンビール岩手日本外国特派員協会


「自分の好きなビールをつくりたい」


ビール好きなら一度は抱く夢ではないでしょうか。
しかし実際に成し遂げるためは、お金と時間、スキル、相応のリスクを背負う覚悟が必要な話です。
ところが、東北地方で見事その夢を叶えたビール好きがいました。

岩手の小さな会社であった醸造所は、2015年4月に開催された「世界に伝えたい日本のクラフトビール」コンテストにおいて、全国200余ある醸造所の中から最高賞を獲得。「日本一のビール」と賞されるまでになりました。

授賞式

2015年4月2日に開催された「世界に伝えたい日本のクラフトビール」授賞式。藤原ヒロユキ氏(中央)の右隣が「ベアレン醸造所」の専務取締役、嶌田洋一氏

ベアレン醸造所の創立者のひとり、嶌田洋一氏。

かつては、どこにでもいるビール好きのサラリーマンだった嶌田氏が、脱サラして資本金300万円から始めたビール醸造所の物語がついに書籍になりました。

tsunagu_cov_obi

『つなぐビール 地方の小さな会社が創るもの』

発売日:9月25日
出版社:ポプラ社
価格:本体価格1,400円+税
※書店によっては発売日が早まる場合があります。

【内容(目次より)】
第1章 32才男ふたり、会社を辞めてビール会社を立ち上げる
第2章 絶頂からどん底へ、ベアレンが変わった日
第3章 経営理念、ブランドビジョン、ルールをゼロから作る
第4章 東日本大震災、ビールは無力ではなかった
第5章 「場」を作り出し、まちを幸せに
第6章 「好き」の共感作り、オンリーワンの商品開発


スポンサーも専門知識も技術も持たないビール好きが始めた醸造所が、いかにして岩手のビール文化を作り、地元に深く愛され、やがて全国に知られるまでの醸造所になったのか?
創業当時は全くビールが売れずに苦労した日々など、数々の困難や試練を乗り越えて今日に至るまで、決して順風満帆とは言えなかったベアレン醸造所の歩みについて、嶌田氏自身の言葉で綴られた一冊です。
150529_baeren_0127

著書発売によせて、嶌田洋一氏のコメント。

「書籍化のお話をいただいたとき、ついにそこまでの評価をいただけるようになったことに喜びを感じ、一緒に頑張っているスタッフやベアレンを愛して下さるお客様にも同じ思いを感じていただけると思い、筆をとることにしました。地方を元気にしようと頑張っている方や、地域の魅力を発信している方、起業を夢見ている方にも、きっと共感していただける内容だと思います」

 

ベアレンビールのファンはもちろん、地域の活性化や起業を目指す人には必読の一冊。読み終えた後に飲むベアレンビールは、きっとひと味もふた味も違ったものになることでしょう。

【著者プロフィール】
嶌田専務嶌田洋一(しまだ・よういち)
1967年、東京生まれ。ベアレン醸造所専務取締役。学生時代から酒の世界にはまり、あらゆる酒に精通する。2000年頃、以前からの友人(現社長)に地ビール会社の立ち上げに誘われ、脱サラして起業。現在はマーケティング、ブランディングを担当している。妻と3人の子どもと盛岡に暮らす。
■ポプラ社新刊案内
■Amazon取り扱い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

04001山口 紗佳

この記事を書いたひと

山口 紗佳

ビアジャーナリスト/ビアライター

1982年愛知県知多半島出身。結婚情報誌のディレクターを務めた後、東京の編プロで企業広報、教育、文化、グルメ、健康、美容、ライフスタイル、アニメなど多媒体の制作経験を経てフリーの物書きに。静岡県西部より家族で楽しめるビアライフをお送りします。休日はグラウラーを積んでオートバイでツーリング。猛禽と赤も好き。
■実績:『世界が憧れる日本酒78』(CCCメディアハウス)、『東京カレンダー』(東京カレンダー)、グルメ情報サイト『メシ通』(リクルート)、ダッシュエックス文庫(集英社)各種ツール制作

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。