[イベント]2016.1.12

1/14(木),大手町「Brussels大手町店」で「京都醸造タップテークオーバー KBC Tap Takeover」開催

Brussels大手町店京都醸造

1/14(木),大手町「Brussels大手町店」で「京都醸造タップテークオーバー KBC Tap Takeover」が開催されます。

Brussels大手町店にて、定番ビールの「一意専心」(ベルジャンIPA)から新登場の「ベルギーの米国人」(ベルギー・ペール・エール)など同時に7種類の京都醸造のビールを飲めます。
京都醸造のビールを一度に楽しめるチャンスです。飲み逃しなく!

以下、関連FBからの引用です。

Brussels大手町店 京都醸造タップテークオーバー KBC Tap Takeover

12400739_557463894416303_4252308469331891407_n

正月休みも明けて、いよいよ世の中は仕事モードに戻りつつあります。つまり、新年会の季節がやってきました!

もし、今月14日に東京におられるなら、ブラッセルズ大手町で行うイベントを紹介したいと思います。

ブラッセルズ大手町は東京で初めて京都醸造の常設タップを繋げていただきました(このお話、詳しくはまた後ほど・・・)。ブラッセルズ大手町のマネージャーである簗さん、ブラッセルズ全体のセールス、マーケティング、インポートマネージャーである藤田さんの協力のもと、今では京都醸造のビールを365日提供できるようになっています。

去年の12月にベンと私、ポールがブラッセルズに行った際、ブラッセルズとして一番最初のバーである神田店を案内していただきました。ブラッセルズは30年もの間、この場所で日本におけるベルギービール発信地としてやってこられています。我々の目指しているビール造りがベルギーとアメリカスタイルのハイブリッドであることから、常設タップのお話しをいただいたときは正直光栄な気持ちになったものです。そのうえ、今月にはタップテイクオーバーまで!!(藤田さんの人懐っこい笑顔を見てしまったら、ノーとは言えないわけで 笑)

タップテイクオーバーは19時スタートです。そして、京都醸造の設立者3名全員がイベントに参加します!

ビール以外にも、パーカー、長袖シャツや他にもグッズを販売しますので、併せてお知らせいたします。

それではイベントにてお会いしましょう!

The New Year holiday period is now at an end and people are starting to head back to work. In Japan, that signals the start of the shinnenkai (trans: New Year Party) period.

If you’re going to be in Tokyo on the 14th, we’d like to bring your attention to an event we’re going to be doing @ Brussels Otemachi.

Brussels Otemachi was our first dedicated tap (standby in a future post for what that exactly entails) in Tokyo and we’ve been working together with Yana-San (Brussels Otemachi manager) and Fujita-san (Brussles Sales & Marketing + import manager guru) to ensure that our beer is available 365 days a year there.

When Ben and I visited there in December, we were given a tour of their first bar, Brussels Kanda. Brussels has been in operation for 30 years and has spent that time dedicated to introducing people in Japan to Belgian beers. Given that our focus has been creating Belgian-American hybrid styles, we were very honoured to be approached for the dedicated tap and to also do a tap takeover there in January (not to mention that Fujita-san has such an infectious smile, you can’t say no to the guy!)

The event will run from 7pm onwards and given the fact that Chris and I will be touring some breweries at that time, all three KBC founders will be in attendance.

Aside from our beers, we’ll also be bringing our hoodies, long-sleeve t-shirts and additional merch with us for sale.

We looking forward to seeing many of you there.

ラインアップは、1、まず定番ビールの「一意専心」(ベルジャンIPA)
特徴:華やかな柑橘系ホップ感とスパイシーな酵母感を組み合わせてドライで苦すぎないベルジャンIPA
Our lineup, 1, will first comprise of our year-round beer: IchiiSenshin (Belgian IPA)
Characteristics:Colourful citrus-like hops coupled with spicy notes from the Belgian yeast lends itself to a dry but not overly bitter Belgian IPA

ラインナップ2、秋の気まぐれ(レッドペールエール)
特徴:京都醸造の初めての色の濃いビールです。気まぐれシリーズの特徴であるホップ感と苦味を残しつつ、焙煎麦芽の使用によって香りがチョコレートとキャラメルを思わせます。涼しくなってきた季節にゆっくりと愉しむビールです。
Our 2nd beer in the lineup will be Aki no Kimagure (“Fall on a Whim”), our amber pale ale
Characteristic: KBC’s first dark beer. Like other beers under the ‘Kimagure’ monicker, we’ve retained the hoppiness, but as a result of using roasted malts, you get hints of caramel and chocolate aromas. It’s a good companion as the mercury starts to drop.

ラインアップ3、初雪(小麦ビール)
特徴:香りが甘くてフルーティーなのに、口当たりがなめらかでドライな飲み飽きしない小麦ビール
Our 3rd beer in the lineup will be Hatsuyuki (“First snow”), our wheat beer.
Characteristic: Thanks to the Belgian yeast and French hops, the nose is fruity, but the taste is very dry and lends to high drinkability.

ラインアップ4、黒潮の如く(ベルジャンスタウト)
特徴:ロースト感とベルギー酵母由来のフルーツ感がうまくまとまって、味わいが深い飲み飽きしないスタウト
Our 4th beer in the lineup will be Kuroshio no Gotoku (“Like the Black Tide”), our Belgian Stout.
Characteristic: Dark roasty flavours from roasted malts are balanced nicely with the fruity character of our house Belgian yeast, making for a complex stout that you don’t grow weary of drinking.

ラインアップ5、冬の気まぐれ(セッションIPA)
特徴:柑橘系のホップ感が強いのに、ボディとアルコール度数が控えめのセッションIPA
Our 5th beer in the lineup will be Fuyu no Kimagure (“Winter on a Whim”), our session IPA.
Characteristics: Even though the hop aroma packs a punch of citrus-like character, the body and ABV are toned down so you can keep on drinking this all day long.

ラインアップ6、新登場のベルギーの米国人(ベルギー・ペール・エール)
特徴:KBCのハウスイーストであるベルギー酵母を使ってアメリカンペールエールに挑戦しました。酵母由来のスパイス感、フルーティさ、麦芽から感じられるほのかな麦芽の甘み、そして柑橘系のアメリカ産ホップと上品なスパイシーなヨーロッパ産のホップの組み合わせにより、複雑ながらもバランスのよいペールエールとなってます。
Our 6th beer in the lineup will be Berugii no Beikokujin (“An American in Belgium”), our new Belgian Pale Ale.
Characteristics: We thought it would be fun to explore what happens when an American pale ale meets a Belgian pale ale and tried to combine our favourite aspects of both while staying true to the essence of the style. The spicy and fruity character of our house Belgian yeast blends nicely with the malt character of the beer, while combining citrusy American and earthy, spicy European hops add further complexity to the aroma.

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

本格派ビール雑誌「ビール王国」発売中。

Fujisan.co.jp「ビール王国」 

楽天ブックス「ビール王国」 

アマゾン「ビール王国」 

ステレオサウンド

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。
https://www.facebook.com/beerkingdom.jp?fref=ts

「藤原ヒロユキのBEER HAND BOOK」をはじめ藤原ヒロユキのビール関連書籍は「アマゾン:藤原ヒロユキ著書」でお買い求めいただけます。

※お店のメニューや営業時間、イベントの内容などの掲載情報については、予告なしに変更されることがありますので、念のためお店やイベント・サイトなどをご確認の上ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

*告知は、本サイト以外でも行われている場合がありますので、すでに満席や売切れの場合もあります。御了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。