[イベント]2016.2.9

オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワーズ2016(AIBA’16)のエントリー開始

オーストラリア、メルボルンで毎年開催されている
「オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワーズ(以下AIBA)」のエントリーが開かれました。

AIBAは毎年開催されているビールの審査会としては
日本のインターナショナルビアカップと共に最も歴史が長く、
且つ権威も世界的に認められている審査会の一つで、
エントリー数も1000を超える最大の審査会でもあります。
(ワールドビアカップは二年に一回です。)

また多くの審査会が相対的な審査基準であるのに対して
AIBAは絶対基準となっているのも大きな特徴です。
審査員が付けた点数が何点以上なら「金」、何点から何点の間は「銀」と言うように
「金銀銅」と「選外」が決められます。
と言って、審査基準が低い訳でなく、「金」を取る事はとても難しくなっています。
2012年に審査員を務めさせて頂いた際には一日約40サンプルを三日間=約120サンプル審査しましたが、
金賞に輝いたのはたった5つだった覚えがあります。
数年前より審査の形式が少しづつ変わっておりますが、上記のやり方はかわっていないようです。
審査会にエントリー、受賞する事によって世界的な販売につながります。
ビールはいつも世界とつながっています。
日本国内の販売もとても大切なことですが、小さなブルワリーでも
世界に羽ばたく事の出来るのがビールの良さ。
各種の審査会にはぜひエントリーして頂きたいと思います。
これまでも多数の日本国内で造られたビールが受賞しており、世界に羽ばたくきっかけとなっております。

このエントリーで興味深いのはブルワリーの生産量によるクラス分けです。
・Small Brewery      5000hL = 500kL以下
・Medium Brewery    5001hL to 25000hL  ≒ 500.1kL以上 2500kL未満
・Large Brewery 25000hL =2500kL以上
日本のクラフトビールはほとんど「スモール・ブルワリー・クラス」ですね。

AIBA16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

カジ

この記事を書いたひと

カジ

ビアジャーナリスト

1965年愛知県大府市生まれ、現在世界一小さなビアパブを運営中。
ビールデ部所属
好きなモノは冷し中華です。
冷し中華で語ると2、3時間はしゃべれます。
例えば「冷し中華の一番大切なモノはなんですか?」と聞かれれば、
「それは錦糸玉子です。」と答えます。
ラーメン屋さんにとっても、中華屋さんにとっても錦糸玉子は、
冷し中華にしか使わない材料、
そして毎日一定数を事前に作り置きしなければならない材料です。
3~4か月間、毎日錦糸玉子を作る覚悟を決めた時、
彼らは「冷し中華始めました」と店先に高らかに宣言するのです。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。