[コラム,ブルワー]2020.1.15

【ビアライゼ】ドイツ – オーバープファルツ地方のビール Zoigl(ツォイグル)

OberpfalzZoiglオーバープファルツツォイグルドイツドイツビールビアライゼ

ビアライゼ、それは美味しいビールを求めて、日本や世界各地をめぐる旅。筆者はビールを求め、ドイツやベルギーなど欧州をよく旅しています。2019年末から2020年始にかけてドイツを旅した際、バイエルン州オーバープファルツ地方で、Zoigl(ツォイグル、もしくはゾイゲル)というビールに巡り合いました。その魅力をお伝えします。

ドイツ バイエルン州 オーバープファルツ地方

ドイツの南東部に位置するバイエルン州には、7つの行政管区(オーバーバイエルン、ニーダーバイエルン、オーバープファルツ、オーバーフランケン、ミッテルフランケン、ウンターフランケン、シュヴァーベン)があります。中央東に位置するのが、オーバープファルツ行政管区。区都のレーゲンスブルクは、ドナウ川とレーゲン川の合流点近くに位置する水運の要衝であり、1世紀頃にローマ帝国の駐屯地カストロ・レギーナが置かれた歴史ある都市です。2006年には、ユネスコの世界遺産「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ」として登録され、美しい歴史的な景観から、多くの旅行客を集める魅力的な街でもあります。

区都レーゲンスブルクより、(左)レーゲンスブルク大聖堂、(右)レーゲンスブルクを流れるドナウ川

Zoigl(ツォイグル)に巡り合ったのは、オーバープファルツ地方のWindischeschenbach(ヴィンディッシェッシェンバッハ)およびNeuhaus(ノイハウス)です。レーゲンスブルクの約100Km北に位置し、レーゲンスブルクからは鉄道oberpfalzbahnで約1時間10分ほどのWindischeschenbach駅が最寄り駅です。Windischeschenbach駅からは、Windischeschenbach中心部まで徒歩約15~20分、Neuhaus中心部までは徒歩約20~25分。いずれも閑静な町の印象です。

(左)Neuhausの史跡 ノイハウス城、(右)Windischeschenbachの街並み

オーバープファルツ地方のビール Zoigl

500年以上の伝統を持つ、Zoigl

Zoigl(ツォイグル)は下面発酵に分類され、オーバープファルツ地方で500年以上にわたり醸造されている伝統的なビール。現在、「Oberpfälzer Zoiglkultur(オーバープファルツのツォイグル文化)」として、無形文化遺産と登録されています。伝統的なZoiglは、下記の5つの町のKommunbrauhaus(共同醸造所)で醸造されます。場所によっては、「ビール純粋令」が公布された1516年4月23日より古い文化です。

・Neuhaus(ノイハウス) 1415年~

・Windischeschenbach(ヴィンディッシェッシェンバッハ) 1455年~

・Falkenberg(ファルケンベルク) 1467年~

・Mitterteich(ミッターテイヒ) 1516年~

・Eslarn(エスラーン) 1522年~

NeuhausのZoigelの歴史は、1415年から始まる

伝統的なZoiglは、Zoiglstuben(ツォイグル醸造者の家、店)にて提供されます。外観は金色や明るい茶色などで、無濾過のため濁りが少しあります。モルトの優しい香りと風味。苦味は弱めで、モルトの甘味をやさしく感じます。炭酸感は弱め。軽い飲み口で、とてもドリンカブルなビールの印象です。

Zoigl(ツォイゲル)

Kommunbrauhaus(共同醸造所)で醸造する、Zoigl

Zoigl(ツォイグル)の醸造は、醸造権を持つ市民グループによって、各町の旧市街中心部付近にあるKommunbrauhaus(共同醸造所)で行われます。Kommunbrauhausは、Falkenberg(ファルケンベルク)、Eslarn(エスラーン)、Mitterteich(ミッターテイヒ)では、地元のコミュニティが所有しています。一方、Windischeschenbach(ヴィンディッシェッシェンバッハ)とNeuhaus(ノイハウス)では、醸造者による共同所有。いずれも、醸造所を使用するたびにKesselgeld(ケッセルゲルド)というケトルマネーを支払います。このKesselgeld(ケッセルゲルド)は、醸造所の改修や維持に使用。この様なKommunbrauhausは、かつてはバイエルン州では一般的でしたが、現在は一部の町のみとなっています。

全ての醸造工程をKommunbrauhaus(共同醸造所)で行うのではなく、発酵などの工程は個々のZoiglstuben(ツォイグル醸造者の家、店)で行います。Kommunbrauhausでは、煮沸釜で大麦麦芽とともに、木材または石炭により沸かした水を混合し、煮沸した麦汁を作成。麦汁にホップ投入後、大型のクールシップ(開放型冷却容器)で一晩かけて冷却します。

(左)WindischeschenbachのKommunbrauhaus、(右)NeuhausのKommunbrauhaus

冷却した麦汁は、Zoiglstuben(ツォイグル醸造者の家、店)の発酵タンクに移し、酵母を添加。その後、発酵タンクで約10日間の発酵期間、貯酒容器で数週間の熟成期間を経て、Zoigl(ツォイグル)が完成します。完成したZoiglは、Zoiglstubenにて、無濾過で提供。Zoigl醸造者は、個々で独自レシピを持っているので、同じ醸造方法でも各Zoiglの味は異なります。なお、Zoiglを醸造できるのは、Zoiglstubenの所有者のみではありません。Zoigl醸造権「Zoiglbraurecht」が運用されている地域内の世帯主は、その施設が公式の土地登記簿にある限り、Kommunbrauhaus(共同醸造所)を利用することが可能です。

WindischeschenbachのZoiglstubenの1つBeim Binner

Zoigl(ツォイグル)のシンボルは、Zoigl Star(ツォイグルスター)という上向きと下向きの2つの正三角形で構成された六芒星です。1つの三角形は、火、土、空気の要素を象徴。もう1つは、水、麦芽、ホップの要素を象徴しています。酵母については、19世紀後半まで詳しく知られていなかったため、Zoigl Starには表れていません。なお、ユダヤ教の「ダビデの星」と類似していますが、関係はありません。また、「Echter Zoigl vom Kommunbrauer」のロゴは、Zoiglstuben(ツォイグル醸造者の家、店)で提供されるビールが、同じ町にある共同醸造所で伝統的な方法と材料で醸造され、提供されていることを保証するものです。

Echter Zoigl vom Kommunbrauerのロゴ、Zoigl Starが使われている

Zoiglを味わうには

伝統的なZoigl(ツォイグル)を味わうには、Kommunbrauhaus(共同醸造所)のある町を訪れ、Zoiglstuben(ツォイグル醸造者の家、店)に行く必要があります。Zoiglstubenは地域に複数ありますが、営業日は個々に差異があり、通常は複数あるうちの1~2店舗が週末(金曜日~月曜日)のみに営業します。営業中の店舗は、看板や軒先に「印」が吊るされているので、一目で分かります。「印」は、Zoigl Star(ツォイグルスター)の六芒星が多いですが、店舗により差異があります。

営業中のZoiglstubenには、Zoigl Starなど「印」が吊り下げている

Zoiglstuben(ツォイグル醸造者の家、店)を訪れる際は、事前に営業日カレンダー「Zoigltermine」を確認しましょう。

2020年の営業日カレンダー(店舗にて、紙で配布されているものより抜粋)

Zoiglstuben(ツォイグル醸造者の家、店)の雰囲気は非常にフレンドリーであり、地域の人や旅行者に限らず、初めて会った人でも気軽に会話できます。もちろん、Zoigl醸造者にビールの感想を伝え、質問をすることも可能。提供するビールは、Zoigl(ツォイグル)の1種のみ。サービング方法は、タップによる提供や木樽から重力による提供など、店によって差異があります。いずれも新鮮で品質の良いZoiglを、安価で味わえることは変わりません。

店舗によりサービング方法は異なり、木樽から重力による提供を行うところもある

ドイツのバイエルン州オーバープファルツ地方を訪れる際は、Zoiglstuben(ツォイグル醸造者の家、店)を訪れて、Zoigl(ツォイグル)を味わうことをおススメします。

Windischeschenbach(ヴィンディッシェッシェンバッハ)およびNeuhaus(ノイハウス)のZoiglについての記事は、リンク先参照

この記事が、素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。


Zoigl Bier(ドイツ語)

Web Site:https://zoiglbier.de/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

この記事を書いたひと

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。