[イベント]2020.2.13

【ビールのある風景in岩手④】「遠野醸造×三陸ジンジャーナイト」@箱根山テラス(陸前高田)に参加してきました!

遠野醸造,三陸ジンジャー,三陸ジンジャーエール,遠野,陸前高田,箱根山テラス

岩手県遠野市。岩手県の南東の内陸部にあり、人口約25,000人。柳田國男の「遠野物語」の舞台であり、河童や座敷わらしなどの「民話の里」として知られる自然豊かなところです。栽培面積が激減したとはいえ50年のホップ栽培の歴史を誇り、毎年ホップの収穫時期である8月下旬に開催される「遠野ホップ収穫祭」には、県内外から多くの人が訪れています。
この遠野市に、2018年5月にオープンしたのが遠野醸造です。遠野駅から徒歩3分で行けるタップルームでは、店内にある醸造設備を眺めながら自家製のクラフトビールを飲むことが出来ます。

その遠野醸造が、陸前高田市の農家とコラボし、無農薬の生姜「三陸ジンジャー」を使ったビール「三陸ジンジャーゴールデン」をこのたび醸造。2月7日の夜に行われた陸前高田でのこのビールのお披露目会=遠野醸造の陸前高田初上陸に立ち会ってきました。

今回訪れた岩手県陸前高田市は、県南東部にある太平洋に面し、三陸海岸の南寄りに位置しています。人口は約18,000人。2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震が引き起こした大津波によって、市内中心部は壊滅状態に。沿岸の高田松原にあった松が1本だけ津波に耐えて残り、「奇跡の一本松」として注目され、枯死後も保存されています。
会場となった「箱根山テラス」は、震災後の2014年秋に「木と人をいかす」をテーマに、湾が望める箱根山の中腹に開業した全14室のシンプルな宿泊・滞在施設です。県道から外れ急な細い坂道を車で恐る恐る500メートルほど上ると、地元材・気仙杉をふんだんに使った建物が暖かく迎えてくれました。

お披露目会は、ペレットストーブの暖かな火がホッとさせてくれるラウンジで、立食形式で行われました。

ドリンクとフード。遠野醸造のビールは、「三陸ジンジャーゴールデン」含む4種。フードにはすべて「三陸ジンジャー」が使われています。


「三陸ジンジャーゴールデン」を味わうのは実は2度目。最初にタップルームでいただいたときは、生姜の味と香りがまろやかに感じましたが、時間をおいて味わった今回は、キリリと生姜の味がして、口いっぱいに香りが広がるゴールデンエールになっていました。

生姜農家の菊地さんから紹介された生姜作りや三陸ジンジャーゴールデンの誕生秘話。
◎生姜は、生産量が一番多いのは高知県、二位は熊本県。温暖な県で生産が盛ん。
それでも、岩手県としては比較的温暖な気候と三陸沿岸の季節風「やませ」が吹く陸前高田では、みずみずしく香り高い生姜が出来る。
◎ただ材料を提供するだけでなく、三陸ジンジャーゴールデンのレシピの設計(色、苦み、ボディ感、アルコール感、しょうが感、炭酸感、香りの方向性など)に始まり、実際のビールも一緒に仕込んだ。


会場には、40名ほどが集まりました。すでに以前からの知り合いでグループも出来ていて、最初は入り込みにくさも感じていましたが、いざお話してみると、地元で事業をしている方、地元のご夫婦、移住してきた方、期間限定で仕事をしている方、たまたま出張で来ていた方など様々でした。
生姜づくしのお料理とビール、そしてこの地ならではの会話で盛り上がり、心も身体も暖まりました。

コラボレーションすることで、コミュニケーションが生まれ、コミュニティが拡張する。こうして生まれたコミュニティから、また新たなコラボレーションが生まれていく・・・遠野醸造が目指している「コミュニティブルワリー」を、作り手の情熱から生まれたビールを味わいながら感じた夜でした。都市やその周辺地域ではなかなか味わえない穏やかな、それでいて何か大きな可能性を秘めた空気がそこにはありました。

新しいことを生みだそうとしている人たちって輝いているなあ。新しいことが生まれるのって素敵だなあ・・・そして、こんな出会いがあるビールって、やっぱりいいなあ。

 

◎遠野醸造タップルーム : 岩手県遠野市中央通り10-15  Tel 0198-66-3990

◎三陸ジンジャー生産農家 菊地康智 : 岩手県陸前高田市米崎町字川西96  Tel 090-5795-4861

◎箱根山テラス : 岩手県陸前高田市小友町字茗荷1-232  Tel 0192-22-7088

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

きただ ともこ

この記事を書いたひと

きただ ともこ

ビアジャーナリスト

ビールと旅と野球観戦が大好きです。グロウラーに好みのクラフトビールを入れて、野球観戦時に球場で楽しむのがマイブームです。
ビールがどんな土地で造られて、どんな感じで飲まれているかに深く関心があるので、気になるビールが出来ると、その地元を訪ねる旅を計画してしまいます。日本全国、たまには海外にも足を運びます。特に国内は岩手、海外は韓国のクラフトビールに注目して、ずっと通ってきました。
ビール好きがきっかけで岩手にどっぷりはまった結果、ついに2019年4月から岩手沿岸で仕事をすることになりました。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。