[JBJA活動,ビアバー]2020.3.18

鹿児島と宮崎のビールを訪ねて【旅とビールと】

SHIROYAMA HOTEL kagoshimaひでじビール麹の里GEN,城山ブルワリー, 青空エール,宮崎フェニックス,Beer Market Base

初めて鹿児島、宮崎の地に降り立ちました。鹿児島、宮崎には様々なクラフトビールがありますが、私のイメージは、焼酎文化が根強いという事。

焼酎が普段使いされている土地で、ビールがどんな風に楽しまれているのか。そんな目線で、2県のクラフトビールを巡ってみました。

鹿児島、宮崎とお酒

改めて調べてみると、焼酎の文化は古く、鹿児島では1700年代ごろには、本格的に芋焼酎造りが行われていたそうです。        芋を始め、米、麦、蕎麦など原料の産地である事、水が豊富で清らかだった事、焼酎に使われる麹菌が暖かい地方の酒造りに適していたなど、焼酎造りが盛んになった理由としてはいくつか考えられます。

また宮崎の方言に「だれやみ」という言葉があります。「だれる」=「疲れる」、「だれ」をやめるで、「だれやみ」。一日の疲れを癒す晩酌のことだそうです。その日の疲れは、お酒で癒す。素敵な方言ですね。国税庁発表の平成29年度、一人当たりの酒類消費数量は宮崎が全国4位です。お酒が生活に根付いている事が良くわかります。

鹿児島のクラフトビールを訪ねて

旅の始まりは、鹿児島空港から。空港近くの「霧島高原ビール」が目的です。

施設名は「麹の里 GEN」

こちらはビールの他に焼酎も造っており、焼酎工場は見学コースがあります。主な事業は種麹と言って、焼酎の製造に使われる麹菌の販売をしています。「黒霧」「森伊蔵」「魔王」と言った名だたる焼酎も、この会社の種麹を使用しています。              また現在社長を務める三代目は、河内菌とよばれる麹菌の腸内環境改善の影響を研究され、サプリメントも販売。新しい分野へと手を広げています。

なぜそんな会社がビール造りをしているのか。社長が、ビール好きだった事が1番の理由だそう。また様々なビールを飲み比べた時、飲み飽きなかった経験があり、チェコのビール方式を採用したとの事。糖化はチェコ方式のデコクション糖化法を採用、酵母はスタロプラメンというチェコ大手ビール工場の酵母を使用するこだわりです。お店で頂いたのは、ピルスナーとシュバルツの2種類

こちらの大きな利点は鹿児島空港から近い事。空港から送迎もしてくれます。車で約3分、徒歩でも充分いける範囲なのが、嬉しいですね。

http://praha-gen.com/page-80/霧島高原ビール株式会社/

 

2つ目のブルワリーは「城山ブルワリー」

こちらはSHIROYAMA HOTEL Kagoshima内で醸造をしています。鹿児島市内が一望出来る高台に立ち、結婚式や地元の会議などで使用される格式高いホテルです。

施設内のBARで飲み比べセットを頂きました。ホテル内のレストランなどでは、同じように城山ブルワリーのビールを飲む事が出来ます。醸造の開始は九州の中でも早く、国内外のビアカップなどの受賞歴もあります。私は、なかなか東京でも出会う機会はありませんでした。この6種類の飲み比べは、貴重な経験でした。

https://www.shiroyama-g.co.jp/brewery/

宮崎のブルワリー

翌日は、宮崎へ移動しました。宮崎で訪れたのは「青空エール」というブルーパブ。今ある店舗の場所が「青空市場」にあるため、そう名付けたそうです。

 

ペールエールや、ヴァイツェンなどの定番商品のほかに、日向夏や苺など宮崎の特産である果物を使用したビールが並びます。料理は、宮崎地場の食材を使った料理を、楽しむ事が出来ます。

「話題だけのためにフルーツビールを造っている訳ではありません。多くの人が本当に美味しいと飲んでもらえるビール造りを目指しています」とオーナーの前田さんは、お話しされていました。

http://www.aozoraale.com/

ビールの楽しみ方

さてさて本題。鹿児島、宮崎の人にとってのビールの楽しみ方とは?

訪れた様々な場所で、様々な人に、「ビールをどういう風に楽しみますか?」と質問をしてみました。みなさん、口を揃えて言うのは「ビールを飲むのは、乾杯ですよね、2杯目以降は焼酎かな」ビールは乾杯の役割で、銘柄も特にこだわりはないそうです。始まりに喉の渇きを求められる存在。なかなかビールの多様性は知られていないのかも、と少し残念な気持ちを持ち始めた頃、青空エールのカウンターでお話しした常連さんの、こんなお話しが心に残りました。

「ここ青空エールのビールは違うんだよね。ビールの色や香りが楽しめるんだ。焼酎を飲んだ後でも、ビールがゆっくりと味わえるなんて初めてだね。」

そんな気付きがある人が増えると、様々な場面や食事と合わせてビールを飲む機会増えるのではないでしょうか

「九州に来たらビール!」という時がくるんじゃないかなーとひそかに楽しみにしています。

 

今回の旅のルートは以下の通りです。

[1日目]羽田空港〜鹿児島空港 送迎バスにて「麹の里 GEN」

鹿児島空港〜鹿児島中央駅 高速バスにて

駅からシャトルバスにて SHIROYAMA HOTEL  Kagoshima

ホテル内 THE CELLAR N

[2日目]ホテルシャトルバスにて 鹿児島中央駅へ

特急霧島にて鹿児島中央駅〜宮崎駅 宮崎駅〜徒歩でホテル

宮崎市内 青空エール・宮崎フェニックス・Beer Market Base    

[3日目]ホテル〜宮崎駅、宮崎駅でレンタカーで、鵜戸神宮など

   ひでじビール 宮崎空港、宮崎空港〜羽田空港

 黒太字はビールを飲んだ場所

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

高橋朗子

この記事を書いたひと

高橋朗子

ビアジャーナリスト/ディプロムビアソムリエ/JSA公認ワインエキスパート

横浜生まれ。
「ビールが好き!」「お酒が好き!」「人が好き!」
ビールが自分のコミュニケーションツール。
ビールから広がっていく知識や、人の輪。その楽しさを
たくさんの方々に伝えたいの思いからビアジャーナリストの世界へ。
自らも新しいビール・人の出会いを探しに各地飛び回る日々。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。