[コラム,テイスティング]2021.4.16

ヴィニェグリェートッとベルギービールのペアリング

ロシアの家庭料理とベルギービールのペアリング第4回は、ヴィニェグリェートッ(ビーツのサラダ)とベルギービールのペアリングをします。この料理は、下準備に1週間程度時間がかかります。

ヴィニェグリェートッのレシピ

早速下準備に取り掛かります。下準備の材料は、ニンジンとキャベツと塩とハーブです。ニンジンとキャベツは千切りにします。キャベツは丸ごと、1個買ってください。そして、表面の皮6枚程度切らずにむいて取っておいてください。

下準備の材料

キャベツとニンジンを混ぜて塩を入れて揉みます。

塩揉みしたキャベツとニンジン

全体に塩がなじんだら鍋の底に取っておいたキャベツを3枚ほど敷きます。その上に塩もみしたキャベツとニンジンを半分ほど入れハーブをかけます。そして残りを入れ、取っておいたキャベツ3枚ほどで蓋をします。

行程

キャベツの皮で蓋をした上にボール等を置き、その上に重石を乗せて1週間ほど常温でホコリの入らないところに置いてください。

重石を置いた状態。漬物をつける要領です。

1週間するとキャベツとニンジンが発酵します。ハーブを途中に挟むのは防カビの役割です。

これで下準備は完了です。そのまま、食べても漬物の様で美味しいです。下準備の時間がない場合、キャベツとニンジンを塩もみした後、酢を入れて作ることも出来ます。その場合、キャベツとニンジンの甘味は出ますが、旨味が出ません。

さて、ヴィニェグリェートッの作り方です。

発酵したキャベツとニンジンを冷蔵庫に2時間位いれて冷やします。その間、ニンジンとサツマイモとビーツを皮のまま茹でます。ニンジンとサツマイモは約1時間位でゆであがりますが、ビーツは2時間かかります。                                 ゆであがったらサツマイモ以外は皮をむき賽の目に切ります。

ヴィニェグリェートッの材料

そこに、冷やしておいた発酵したキャベツとニンジンとグリンピースと塩とオリーブオイルと胡椒を言入れてよく混ぜてください。皿に盛りつけて完成です。1晩置くと味が安定します。

完成

ヴィニェグリェートッは、発酵キャベツとニンジンの塩味と酸味と旨味があり、サツマイモやニンジンやビーツの甘味とビーツの渋みと苦み、そして胡椒の辛みと味の全てがこの料理で味わうことができます。これとペアリングするベルギービールは、ルプルスからピルス・ブランシェ・オルガニックスの3本です。

ペアリング

 

ルプルスとヴィニェグリェートッ

ルプルス・ピルス

このビールは、 ややにごりのある淡いゴールド。干し草、麦わら、ほのかにレモンのような香りがあります。心地よい苦味ですっきりとした味わいです。ホップはベルギー産のオーガニックカスケードホップを使用しているそうです。

ルプルス・ピルスとヴィニェグリェートッ

ヴィニェグリェートッのヨーグルトの様な香りとほのかな酸味がルプルス・ピルスのレモンの様な香りと心地よい苦みがよく合います。

ルプルス・ブランシェ

このビールは、 白くにごった明るいイエロー。細かく繊細な泡立ち。バナナ、白桃のようなフルーティーな香り、コリアンダーシードのスパイシーな香りが穏やかに広がります。口に含むとレモンのような柑橘系のフレーバーとともに、小麦からの穀物の風味を感じます。ホワイトビールながら苦味も感じるしっかりとした味わいです 。

ルプルス・ブランシェとヴィニェグリェートッ

ヴィニェグリェートッのローリエやクミンのハーブの香りはルプルス・ブランシェのコリアンダーシードの香りと良く合います。ヴィニェグリェートッの酸味はルプルス・ブランシェの柑橘系のフレーバーとも合います。また、ヴィニェグリェートッに入っているビーツ渋みはフルーティーな味により和らぎます。全体的に良い合性でした。

ルプルス・オルガニックス

このビールは ややにごりのあるイエロー。細かくクリーミーな泡で、泡持ちもとても良いです。ホップからの爽やかな香り、柑橘系の香り、バナナ、パイナップルのようなフルーティーな香りもあります。しっかりした苦味のある、バランスの良いミディアムボデイです。

ルプルス・オルガニックスとヴィニェグリェートッ

ヴィニェグリェートッのヨーグルトの様な香りはルプルス・オルガニックスのバナナ、パイナップルのようなフルーティーな香りと合わさってフルーツヨーグルトの様な香りがします。ルプルス・オルガニックの苦みが発酵したキャベツの旨味を際立てます。その他、ヴィニェグリェートッに合うビールの種類としてランビックビール、レッドビール、セゾンビールが良く合うと思います。

まとめ

今回はヴィニェグリェートッとルプルスのピルス・ブランシェ・オルガニックスの3本とのペアリングをしました。発想を変えて単にルプルスの飲み比べも行うことも出来ます。ペアリングに使うビールも選ぶことによって楽しみ方が増えると思います。是非お試しください。

ルプルスの飲み比べ

ロシアの家庭料理とベルギービールのペアリング第5回は、ホロデェーツ(肉料理)を予定しています。

ビール購入店
ベルギービールJapan

ベルギービールペアリングルプルス・オルガニックスルプルス・ピルスルプルス・ブランシェ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

この記事を書いたひと

もりあき(モリテツアキ)

ビアジャーナリスト

1968年1月福島県で生まれ現在北海道余市郡に在住。ロシア人と国際結婚(妻は現在帰化)。
佛教大学卒業後社会福祉士の資格を取り地元の特別養護老人ホームの管理者を行いながら実家の事業の1つである農業を手伝っている。
ビールはベルギービールを飲むのが主で、たまに道内のクラフトビールやエビスビールを飲む。特にベルギービールは専用グラスで飲むようにしている。
現在の活動は、Facebookで北海道ベルギービール愛好会の立ち上げ、道内でベルギービールが飲める飲食店や購入できるお店や自分の飲んだビールの紹介をしている。
又、産物のハネ品(サクランボ等)からビールを作るプロジェクトを2020年立ち上げ、ハネ品(規格外、交配用、完熟、微量な傷等)を対象にビールの副原料として使い数年かけて検証していく。
今後の取り組みとして現在の活動の他、ベルギービール(道内のクラフトビールを含む)の紹介や考察を書いていきたい。

北海道ベルギービール愛好会
https://www.facebook.com/groups/1586818794929083

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。