[イベント]2021.11.25

クラフトビールの街「横浜」を巡り飲む【ビアバイクツーリズム】体験レポ★後編

2021年12月~2022年3月、横浜の街を「ビアバイク」が走ります!「ビアバイク」は公道を走ることができ、同時にビールも飲める「カウンター式自転車」、運転手がその舵を取り、対面式のカウンターに座った6人がペダルをこぐとそれが動力となって動く仕組みです。

海外オランダ発祥の乗り物ですが、今回ご紹介するのはなんと「横浜オリジナル」バージョン!乗ってこいで「歴史ある街並み~未来的な建物や海の景色を堪能し、地元クラフトビールを味わい、醸造所見学まで楽しめるツーリズム企画」という贅沢な体験会に参加しました。そのレポートを前編・後編に分けてお届けします。

11月20日公開の前編では、みなとみらいの埠頭に位置する横浜ハンマーヘッド内NUMBER NINE BREWERY 醸造所見学の様子、そして実際にビアバイクに乗車してこいだ場面をご紹介。今回は、その続きの後編レポートです!

🚲前編はこちらから⇓🚲

クラフトビールの街「横浜」を巡り飲む【ビアバイクツーリズム】体験レポ★前編

~ここから後編スタート~
30分ペダルをこぎ続けて見えてきたのは緑色の看板 … 関内・桜木町・馬車道からほど近い横浜ビール醸造所併設の地ビールレストラン、驛の食卓(うまやのしょくたく)。

1999年に創業、23年目を迎える店舗の1Fがカウンター席と醸造所、2階はテーブル席が並ぶ広々したスペースになっています。近隣の住民や働く方達に親しまれ愛され、ランチそしてディナータイム共に賑わうお店です。

今回は醸造所見学の特権で、通常はブルワーのみが出入りする特別な扉をくぐり作業スペースへと進みます。

横浜ビール醸造所見学

一般には解放されていない醸造スペースへ向かった報道陣。テーブルに用意された試飲ビールに歓声が上がります。

試飲用のクラフトビールがずらり!あれ?他にもたくさんカップが並んでいる…!?

その中身はビールの材料「麦芽」と「ホップペレット」。それを使ったビール醸造過程と、さらにはチェコから取り寄せた醸造設備について解説をしてくれたのは醸造長の深田優さんです。

横浜ビールの横内さん、深田さん

ビアバイクを企画した「横浜ビール」広報ゼネラルマネージャー横内勇人さん(左)、醸造長の深田優さん(右)

テイスティングのビール

色も香りも異なる3種のできたてクラフトビール。各ビアスタイルの発祥地から原料を取り寄せて醸造しているそう…造り手の話を聞きながら飲むと美味しさも深まる…!

麦芽2種

「クリスタルモルト」(左)は甘味がある麦芽。「チョコレートモルト」(右)は焙煎してあるために色が濃くコーヒーのような香り。ビールの色合いはこの麦芽の焙煎具合で決まります。

ペレット

乾燥したホップを粉砕し固めた「ペレット」、一見ウサギの餌の様に見えますが(?)ビールの苦みや香りを形成する大事な材料です。ホップの品種は異なっており、左はモザイク、右がザーツ。嗅ぎ比べると「香りが全然違う!」

醸造タンク

23年前チェコから取り寄せたというビール醸造設備。その時を経た美しさに、一同ため息。世界のビールの歴史を間近に感じることができるのも、醸造所見学の醍醐味です。

醸造について学んだ後は「ビアバイクに関する質疑応答」30分。ビアバイクの席に座り、ペダルはこがずにじっくり伺いました。

ビアバイク

2020年の「横浜ビール」「REVO BREWING」「NUMBER NINE BREWERY」3つの醸造所を巡るビアツーリズムが、最初の「横浜オリジナルのビアバイク」プロジェクトでした。カウンターサイドに印字された醸造所3社のロゴを見るだけでもワクワク☆

横浜ビール広報担当の横内さんが、ハワイで6年前に出会った「ビアバイク」の乗車経験で気づいたその楽しさとは「非日常を体験できること」

これが、横浜オリジナルのバイク作成のきっかけになったそうです。乗り合わせた仲間と力を合わせてペダルをこげば、さわやかな海風を感じ、公共空間を含めた横浜の街の魅力を存分に体験できます。また『Withコロナ』でも楽しめることもポイントだと考えたとか。

そして「横浜をクラフトビールの街へ!」という目標もあるそうです。

もともと「日本におけるビール文化発祥の地」とされる横浜には、年々新しい醸造所も増えており、クラフトビールを横浜の文化として根付かせ、発展させよう!と横浜のブルワリーが集まり運営しているのが「YOKOHAMA Craft Beer Marche(ヨコハマクラフトビアマルシェ)」。今回の「ビアバイクツーリズム」主催者なのです。

さて体験会最後のメニューは「宿泊プラン」利用のホテルの内覧会です。

2015年に開業したHOTEL EDIT YOKOHAMA/ホテル エディット 横濱は、横浜ビールの道の向かい側にありました!「自分らしい旅を編集する」をテーマに掲げ、コンパクトで使いやすい部屋のみならず、館内にはライフスタイルショップ、レストラン、バー、サービスオフィスが併設されており「旅と同時にビジネスも楽しめる」工夫がそろっていることを実感。

ホテルエディット横濱

「ホテルエディット 横濱」支配人の秋山龍さん(中央)体験会は「昼組」「夜組」に分かれており筆者は「昼組」でしたが、ここから「夜組」も合流して一緒に説明を受けます。

ホテルエディット 横濱 ツインルーム

清潔感のある広さ18㎡のツインルーム。ベッドの奥側とベンチが一体になっているデザインが新鮮。全体的にコンパクトでスタイリッシュ、かつ居心地良さそう。

窓の外には厩の食卓

窓のカーテンを開けると、向かいに見える「厩の食卓」クラフトビールを飲みたくなったら、すぐに出かけて飲める・買える!最高の立地。

キッチンとレストラン

1Fレストラン「NOUMU」で、飲んだ翌日にぴったりなヘルシーな朝食を頂けるのは魅力的。

ホテルエディット外観

可愛らしいクリスマスムードのデコレーションはホテルの外からも楽しめました。

「昼組」6人の体験はここで終了。14時~16時半までがあっという間…かつ大満足の内容でした。

次に乗り込むのは「夜組」メンバー。その前に、運転手・ガイド・ミュージシャン達は再びビアバイクに乗り込みスタンバイ。彼らにはもうひと仕事が待っているのです。

夜のビアバイク

生演奏の準備を開始するミュージシャンたち。ふと足を止めてクリスマスソングに耳を傾けていた近隣の方もいました。なお、夜に走行する際はバイクにライトが灯ります。

ビアバイクお見送り

横浜ハンマーヘッドのNUMBER NINE BREWERYに向かう後半体験会の「夜組」を乗せたビアバイク。

美しいみなとみらいの景色の中に小さくなっていくビアバイク。にぎやかな音楽と歓声も少しずつ遠ざかっていきます。名残惜しくて…その姿が見えなくなるまで、こいだ仲間達と見送りました。

前・後編に渡ってお届けした体験レポートはこれでおしまい…今度はみなさまが楽しむ番です。

実は「夜のビアバイク」に参加したくなっている筆者(笑)もしもご一緒したならば…力を合わせてこいでこいで、ぜひ乾杯いたしましょう!

🍺🚲ビアバイク走行スケジュール🚲🍺

①【YOKOHAMAミッドナイトHAR★BARビアバイク】
日程:12月4日、12月11日
申込予約サイト https://peatix.com/event/3076482

②【2か所のブルワリー見学付きビアバイクツーリズム】
日程:12月25日、1月22日、23日
申込予約サイト https://peatix.com/event/3076484

日程:2月26日、27日、3月26日、27日
申込予約サイト https://peatix.com/event/3080585

③【横浜の旅行会社とコラボ企画プラン】
ビアバイク乗車・クラフトビール醸造所見学が楽しめる!
贅沢な食事付き・ホテルエディット宿泊付き各種プランもあり。
(5000円~24000円)

日程:1月15日、2月5日、2月12日、3月5日、3月12日
申込予約サイト https://joshitabi-kanagawa.jp/tour-list/
※日程リストの中からご希望のプランをご確認ください。

NUMBER NINE BREWERYQUAYS pacific grillREVO BREWINGキーズパシフィックグリルクラフトビールクラフトビールシティヨコハマビアバイクビアバイクツーリズムホテルエディット濱浜横浜ハンマーヘッド横浜ビール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

AYANEE/あやねえ

MC・ビアチューバー・ビアインフルエンサー

旅とビールが大好き! MC・ナレーションなど話す仕事の傍ら、2013年頃より「ビール旅」を開始。世界50か国ほど巡り、各地のビールを飲みまくる。

その際に気づいた「その地ごとの、独特のビールカルチャー」の面白さを共有したい、又「日本のビールカルチャー」も世界に発信したい、という思いから、2018年、YouTubeにて「BeerTuber AYANEE / ビアチューバーあやねえ」チャンネル開設。

ブログ、インスタグラム、ツイッター、Facebook、TikTokといったSNS発信も行っている。

世界のビールシェアイベント開催、ビールツアー企画中。

地元千葉では「醸造家×料理人×生産者」を応援する「ちばクラフト青空ビアガーデン」イベントMC&スタッフとして活動。

2021年、ビアジャーナリストとしても活動を開始。

なおビール以外に、各国のティー&コーヒー&アフロウィッグコレクター。「異国の不思議なスキンケア商品」を試しまくるなど、気になることは何でもトライするチャレンジャー!!

ビールの美味しさはもちろんのこと、ビールを通じたコミュニケーションの楽しさを、幅広く共有したい! お会いしたら、ぜひ乾杯しましょう♪

【YouTubeチャンネル】
BeerTuber AYANEE / ビアチューバーあやねえ
https://www.youtube.com/channel/UCR3MyKyY915cRCw6QY33E1g
ちばクラフト青空ビアガーデン(MC担当)
https://www.youtube.com/channel/UC7taIFLvdLBU_g4EMcRL_vg

【徒然ブログ 他】
アメブロ:MC AYA-NEEの旅&ビール時々アフロダイアリー
https://ameblo.jp/ayanee/
インスタグラム
https://www.instagram.com/mcayanee/
Twitter
https://twitter.com/mcayanee
TikTok
ayabeer

【ビールイベントMC】
日立オクトーバーフェスト (2017)
https://www.ibarakiguide.jp/events/events-82534.html
ちばクラフト青空ビアガーデン (2019)
https://chibacraft.com/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。