[テイスティング]2014.5.14

スターバックス創業者によるレッドフック「ESB」―ビアレポート(95)

ESBアメリカ

コーヒーも好きな私です。

コーヒーの世界では、「サードウェーブ」という波がアメリカから日本に入ってきています。詳しく書くのは控えますが、「サードウェーブ」はシングルオリジンや浅煎りといった特徴があり、使っている豆の品種の特徴がわかりやすくなっているのです。ビールでもシングルホップのビールがあったりしますが、飲み比べるとホップの特徴がわかりやすいですよね。

さて、今回はアメリカのレッドフック「ESB」です。

Redhook ESB

Redhook ESB

レッドフックは1981年創業のシアトルにある醸造所。マイクロブルワリーとしては、アメリカでも早い時期の創業です。大手ビールとの差別化が受け入れられ、レッドフックは順調に生産量を伸ばしていきますが、工場を拡張しても拡張してもあまりの人気に生産量が追いつかなくなり、1994年からはアンハイザー・ブッシュと業務提携するまでに。そこからレッドフックのビールはアメリカ全土で売られるようになっていきました。

ちなみに、レッドフックの創業者2人のうちの1人はゴードン・バウカーという人物。この人物は「スターバックスコーヒー」の共同創業者でもあります。ちょっと冒頭のコーヒーの話に戻りますが、「サードウェーブ」というからには「ファーストウェーブ」「セカンドウェーブ」という波もありました。その「セカンドウェーブ」とはエスプレッソやカフェラテを特徴とする、「スターバックスコーヒー」に代表されるようないわゆるシアトル系コーヒーの波ですね。レッドフックはそのつながりを生かして「スターバックスコーヒー」の豆を使ったスタウトを造っていたこともあります。

レッドフックの「ESB」は、イギリスの伝統的なESB(Extra Special Bitter)スタイル。やさしい口当たりでカラメルモルトの甘味が感じられます。「Bitter」とは言うものの、IBUは28で甘味もあり、IPAのようなガツンとくる苦味ではありません。落ち着いてゆっくり飲みたくなるビールです。

なお、ゴードン・バウカーについてもうひとつ付け加えると、彼は「シアトル・ウィークリー」という新聞の創業にも関わっています。新聞はともかく、ビール、コーヒーにつきましてはいつも大変お世話になっております。

【BEER DATA】
ESB
生産地:アメリカ
醸造所:レッドフックブリュワリー
スタイル:ESB
アルコール度数:5.8%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。