[イベント]2011.8.9

地ビール嫌いと大手ビール嫌いは表裏一体?

 クラフトビールや海外のエールなどを勧めても「地ビールや外国のビールは不味い。普通のビールをくれ」と拒絶反応を示す人がいる。
そーゆー人が”普通のビール”と呼ぶのは、”大手ビールメーカーの造るライトラガー系のビール”である。クラフトビールや海外ビールになにか悪いトラウマでもあったのだろうか? 「地ビールや海外ビール=不味い=飲みたくない」という信号が脳内に点灯するようだ。非常に残念である。

 先日、ビアフェスタふくしまに出かけた。

とても素晴らしいビアフェスだった。
 16社40種類のクラフトビールと地元の飲食店のフーズが並び、アットホームな雰囲気だった。

 さらに、アサヒ熟撰、キリン一番搾り、サントリー・ザ・プレミアムモルツ、ヱビスクリーミートップと言った大手メーカーのビールも出展されていた。


 
 大手ビールとクラフトビールが肩を並べ、飲み比べてもらうことは、双方のメーカーにもファンにも非常に有意義である。
 このようなビアフェスがもっと増えることを望んでいる。
 
 クラフトビールや海外ビールのファンの中には「大手メーカーのビール=不味い=飲みたくない」という信号を脳内に点灯させる人もいるようだが、大手が造ろうが、小規模醸造所が造ろうが「良いビールは美味いし、不出来なビールは不味い」というだけだ。どこの会社が造っているかは第一条件ではない。

 ビールは刷り込み無く、素直に飲むことが大切だ。ビールを区別しても差別してもいけない。

 「大手メーカーのビール=不味い=飲みたくない」という考え方は「地ビールや海外ビール=不味い=飲みたくない」という考え方と表裏一体でしかない。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。