[イベント]2011.12.23

2010年世界主要国のビール消費量

キリン食生活文化研究所ビール消費量

2010年の世界主要国、地域、各国民一人当たりのビール消費量を、キリン食生活文化研究所が発表した。この調査は世界各国のビール協会などに対して独自に実施したアンケート調査と最新の海外資料に基づくもので、1975年から統計を始めている。

以下、レポートのまとめを転載させていただく。

■世界の総消費量は、約1億8269万kl。前年比は2.4%増と、25年連続の増加。東京ドームをジョッキに見立てると、約147杯分に相当。

■国別では、中国(前年比5.9%増)が8年連続で世界No.1。上位25カ国では、ナイジェリア(前年比17.2%増)、インド(前年比17.0%増)、ブラジル(前年比16.0%増)なども高い増加率となった。

■地域別では、アジア(前年比5.3%増)が33.6%の構成比を占め、10年以上増加を続けている。また中南米(前年比6.5%増)やアフリカ(前年比10.1%増)も全体の消費を牽引し、中南米は直近5年間で最大の増加率となった。

*表やグラフなどの詳細はキリン食生活文化研究所のレポートでご覧いただけます*

日本の国別ビール消費量を見ると、前年比2.8%減の7位。国別一人当たりビール消費量ではアジアで最も多い45.4Lで38位、大びん換算で71.7本(前年比2.4本減)という結果に。なお、この調査での「ビール」は、発泡酒や新ジャンルも含まれた数字だ。

国別消費量で伸ばした中でも、インドは経済成長に加え販売店の増加や物流網が整ったこと、海外企業の進出などが起因しているとされる。またブラジルは、経済成長による所得の増加や人口の拡大もあるが、サッカーのワールドカップという一大イベントが影響したと見られている。

東日本大震災によってビールメーカーの製造・流通などが大きな被害を受けた2011年。来年はどのような結果になるだろうか。早く2011年のビール消費量が知りたい(サッカーワールドカップがどれくらいブラジルのビール消費に影響したのかも知りたい…)■

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。