[イベント,ビアバー]2018.2.7

味覚のネクストステージを求めて

エクストラ4サクソーピラートブッチャーNYCマリアージュルル・ブロンド東京X

 品川にあるブッチャーNYCという店舗に髙橋潤という店長がいる。とにかく人が好きな男だ。常に笑顔で軽口を叩く姿から想像するのは難しいかもしれないが、いかにしてより多くの人を笑顔にするかに腐心している。その彼が何年も前から行っているイベントがある。マリアージュのイベントである。私自身はマリアージュ(=最高の組み合わせ)よりもペアリング(=ベストではないかもしれないがベター。つまり、選択肢の幅が広い)という使い分けをしているのだが、この場合はマリアージュを追い求めることが正解だ。
なんと、東京Xというブランド豚とハーブやスパイス、そしてビールやワインという3つを口中調味で一つにまとめ上げ、感動を生みだそうというのだ。
 イベントにあたって話を聞いてみた。

「このLaboratory自体は私が霞ヶ関の頃からやっていることで、毎回目指しているのが『味覚のネクストステージ』をコンセプトにしています。考えつかない、本当にこれが合うのかを探求する会でもあります。私が常日頃から皆さんの頭にに!!??を浮かべたく試行錯誤し今回の会に至りました。普段はサブの役目のスパイスとハーブを如何にメインに仕立て上げるかが今回の肝です。ベルギービールにしか出来ないマリアージュ、ワインとのマリアージュを楽しんでいただきたいです。」

口の中からマリアージュによって驚きを生み出し、それを感動に変える、そのためにはシェフの力量が必要だ。ホテルでソースをメインとしたシェフとして働いた経験を持つ林晃久シェフは「今回のテーマであるスパイスやハーブはとても繊細な味、香りの物なので如何にそれを前に出しすぎず、でも隠れさせすぎもせず、どうやって調和・融合を取るかにとても気を使いました。」とコメントしている。自身の得意分野で勝負をかけてくるシェフとタッグを組むという頼もしさはイベントの日を待ち遠しくさせる。
以下にフェイスブックのイベントページより概要を上げておく

ブッチャーNYC Labolatory
~東京X×ハーブ&スパイス×ビール&ワイン~

日時 2月11日 18時~20時

会費 4500円 Everbrewカード決済の方4000円

会場 ブッチャーNYC品川

ブッチャーと言えばお肉、そして昨今更に注目度の上がったハーブ&スパイスを如何にしてお酒とのマリアージュを構築するのか!?
ブッチャーNYC現店長高橋は【マリアージュと味覚のネクストステージ】を主としたイベントを得意として数々の?!マークを作り上げてきました。
今回タッグを組むのはウェスティンホテルでソーシエ(ソースの専門)として腕を奮っていたブッチャーNYCシェフの林 晃久。類まれなるソースへの知識と組み合わせがどのようにハーブと組み合わさるのか乞うご期待★
そしてこの度東京X(東京のブランド豚)の一頭買いを始めますのでその記念として東京Xに合うマリアージュ、味覚のネクストステージを提供致します!!

食前酒    数十種類のハーブ&スパイスのパフューム×エクストラ4(ボトル)

サラダ    ハーブブーケサラダ×ルル・ブロンド(ボトル)

前菜     東京Xのラルドやリエットと厳選野菜のムース スパイスミックス 喫茶パフェ仕立て×オレンジワイン

メイン    東京Xのポルケッタ マジョラムポムフリッツ添え セージとラベンダーを纏って×ピラート(樽)

〆      陳皮とバイマックルーのリゾット 東京Xフォン×サクソー(ボトル)

デザート   フェンネルシードのソルベ×ラ・ロスカ・カヴァ・ブリュット

※入荷状況により内容が変更される場合がございます。ご了承ください。

ブッチャーNYC 03-6712-9908 担当 高橋

イベントまでにより良い組み合わせが見つかった場合は提供メニューを変更する可能性があるとのこと。日々進化していくネクストステージは果たしてどのようなものなのか。
まだ申し込みは可能だという。2月11日は品川に行って刮目しよう。

■ブッチャーNYC Laboratory
日時:2月11日 18:00-20:00
会費:4,500円(Everbrewカード決済の場合は4,000円・当日入会も可能)
場所:ブッチャーNYC品川
東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス2F
電話:03-6712-9908

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

川端 ジェーン

この記事を書いたひと

川端 ジェーン

ビアジャーナリスト

ベルギービールをこよなく愛しています。笑顔でビールを酌み交わせば世界平和は実現すると考えています。ビールが好きすぎてたまに他人と知人の境目がなくなってしまいます。ビールの美味しいお店で見ず知らずの人に話しかけていたら、それは私かもしれません。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。