[イベント]2012.4.4

ウ・フレクーでビール

ウ・フレクダークラガーチェコプラハ

東京⇒ドイツ⇒ベルギー⇒フランス⇒チェコ~の長旅から先週帰国しました。
いまだに時差ぼけがひどく、昨晩はついに一睡もできませんでした。くぅ~。
年を追うごとにひどくなる気がします。

さて、先週プラハの居酒屋(ホスポダというそうです)さんを紹介したので、
今回もその続きです。

今回は超有名店です。
プラハで最も古い居酒屋といわれている「ウ・フレク」。
創業1499年だそうで、お店の壁にも大きく描かれています。

ピルゼン(プルゼニュ)への日帰りの旅から戻ったところだったのでかなり疲れていましたが、
プラハの夜はたった2晩しかないので、頑張って出かけることに。
ところがこれがわかりにくいわかりにくい。
駅からかなり迷って、地元の人たちに尋ねつつ、ようやくたどり着きました。

お店の中に入ると案の定満席。
ウェイターさんも例によって特に案内してくれる様子も無いので(泣)、
昨日の「ウ・ズラテーホ・ティグラ」同様、勝手に中へ突き進みます。

ここは9つのホールに分かれているそうなのですが、入ってすぐ左のホールへ。
やはり満席でしたが、角にひとつだけ空いているスペースがあったので、
前に座っている老夫婦に座ってよいか訪ねて何とか席を確保しました。

席に座るとすぐにドン!とビールのジョッキが置かれます。
これが、ここウ・フレクで醸造しているダークラガー。
もちろんここでしか飲むことができません。
アルコール度数が高いそうですが全然そんな感じはしません。

ちょうど私たちのホールでアコーディオンとチューバ(かな?)の演奏を
やっていたので、それを見ながらあっというまに飲み干してしまいました。
すると何もいわなくてもまた同じビールがドン!。

ドイツのデュッセルドルフ(アルト)やケルン(ケルシュ)でもこんな感じですが、
1種類しかなくても、どこも飲み飽きしないところが素晴らしいですね。

ちょっと落ち着いて周りを見回してみると、意外と地図やガイドブックを広げたり、
カメラで店内を撮っている人が多いのに気が付きました。
地元の人たちかと思ったら、大半は観光客だったんですね。
さすがウ・フレク。

目の前の老夫婦に話しかけてみるとやはりドイツからの観光客でした。
「ここを知っていて来たの?」というので「そうですよ。」と答えると、
「私はもう30年以上も前からここを知っているんだよ。」とのこと。
さすが、お隣ですもんね。

昼間にさんざん飲み食いしていたのでここはビール2杯でおしまい。
さっきのダークラガー400ml 1杯59コルナ=265円!
ということで合計530円。安~~。

ブルワリー・ツアーなども行われているそうですので、
チェコに行った際にはぜひ。

■ウ・フレク
http://en.ufleku.cz/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。