[コラム]2017.1.26

マオリっぽいスペインの「アオテアロア」―ビアレポート(128)

あまりラグビーは詳しくない私です。

今年も引き続きジャケ買いをしているのですが、またインパクトあるラベルを見つけてしまいました。特に予備知識なく、パッと見ただけでなんとなくニュージーランドっぽい感じがしたのです。ちょっとマオリっぽいぞ、と。

コレです。

AOTEAROA

AOTEAROA

今回ご紹介するのは、スペインのナパルビア「アオテアロア」。

よく見るとラベル下部にも「BREWED WITH NEW ZEALAND HOPS.」とあるので、てっきりニュージーランドのビールかと思ったらなんとスペイン。ということは、このインパクトある隈取りのようなものは、スペインの伝統文化の何かか…と思ったら、こっちはマオリ。

「アオテアロア(AOTEAROA)」とは、マオリ語で「白く長い雲のたなびく地」 という意味で、国名としてのニュージーランドのマオリ語名でもあり、ニュージーランド国歌のマオリ語名でもあります。マオリ族は自分の家系などを表す刺青を顔や体に入れる文化があり、このビールのラベルもその刺青を表したもの。

ナパルビアは2009年創業で、フランスと国境を接しているスペイン北東部のナバーラ州にあります。ブルワリーのトレードマークといっていいのか、ラベルにはガイコツをデザインしているものが多く、アオテアロアもガイコツにマオリの刺青を入れたようなデザイン。ナパルビアの公式サイトに各ビールのラベルデザインが掲載されていて、なかなかデザイン性の高いアートなデザインなので、興味のある方はこちらを。

で、飲んでみました。スタイルは「ホッピーピルスナー」。マンゴーを思わせるまろやかなアロマが漂いますが、口当たりはシャープで、飲み込むとまたマンゴー様のフレーバーが鼻から抜けます。グレープフルーツフレーバーもかすかに感じ、すっきりとした後味に。ラベルには「NEW ZEALAND HOPS」とありますが、公式サイトにはモトゥエカのみ記載されています。

ところで、今週土曜日(28日)は7人制ラグビーの国際大会、HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2016-2017ニュージーランド大会が開催されます。あまりラグビーには詳しくなく、7人制はさらにわからないのですが、どうやら7人制でもニュージーランド代表はオールブラックスと呼び、試合前にハカを踊るようです。このシリーズが始まった1999-2000シーズンから現在まで、なんと15シーズン中12シーズンで優勝という抜群の強さ。

ラグビーは詳しくなくても、試合前のハカを見てると強そうな感じはしますよね。YouTubeで試合前のハカの動画を見ながらビール飲んでます。

【BEER DATA】
アオテアロア
生産地:スペイン
醸造所:ナパルビア
スタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.4%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。