[コラム]2017.11.18

【ゆらりBeer探訪録】ラトビア リガ編

CraftbeerEASYBEERICカードラトビアリガ飲み放題

今回のBeer探訪録は、ラトビアのリガからです。
その美しさから「バルト海の真珠」とうたわれた首都リガ。古くはハンザ同盟に加入していたバルト三国最大の都市です。中世の赴きそのままの「リガ歴史地区」は世界遺産に登録されており、約70万人を抱えるその都会っぷりは、いわば「バルトの雄」といった風格です。

写真:リガ市街

エストニア タリンから、飛行機で1時間弱のフライト。ラトビア国際空港は、バルト三国の中
で最も航空路線・利用客数が多く、ハブ空港として機能しています。Wi-fiもつながる快適な
バスを使うと、タリンから4時間半ほどで到着です。
(*下段写真左:ブラックヘッドの会館/右:Wifiフリーで快適な長距離バス)

ラトビアは、公共の場や飲食店以外での飲酒、22時以降の酒類の販売が禁止されています。しかしさすがに「モノ」が集まる都会。スーパーの陳列棚にも、他国からのビールが豊富に並んでおり、ラトビア産ビールであれば1ユーロほどからと、非常に安価です。また市内には醸造所が運営するレストランをいくつも見かけます。
(*下段写真左:酒販専門店ALKO/中央・右:醸造所が経営するレストラン)

  

(*写真下段:スーパーの陳列棚に並ぶ豊富なクラフトビール)

 

リガ歴史地区をそぞろ歩くと、おもしろいシステムを導入している店を発見。
一言でいうと、「お好きなクラフトビールをお好きなだけ」楽しめるお店です。今回はその
システムをご紹介します。

リガで出会った「ICカードを使った飲み放題」の使い方

写真:EASY BEER

レジで20ユーロのカードを購入。タップの並ぶ「Beer Wall(ビールの壁)」の前へ

好きなグラスのサイズを選び、飲みたいビール表示のある画面下のカードリーダーに
 かざすとカードの残量が画面表示され、ボタンを押しグラスにビールを注ぐ

写真:EASY BEER「ビールの壁」

注いだ内容が記録としてICカードに残り、最後に精算します

  • ビールによって価格が異なります。
  • フード代金はICカードでは支払えません。
  • タップリストはかなり豊富で、日本のクラフトビールも数種類ありました。
  • カードに登録のある、20€分飲みきった場合、新しいカードを購入します。
    (※当日のタップリストはURL参照:https://www.easybeer.lv/en/menu/#beer-wall

日本でも、例えば上野のアメ横で、時間制で好きなお酒を選んで注ぐタイプの「飲み放題」があることは知っていましたが、ICカードを用いた「飲み放題」に、まさかラトビアで出くわすとは思ってもいませんでした。
海外にいって「大きなグラス売りしかなく、種類が飲めずに困った」という経験をお持ちの方もおられるかもしれません。ICカードを使い「飲みたいビールを飲みたい量だけ」提供する方法は、いろいろな方の要望にお答えできる【新しいビールの楽しみ方】だと感じました。
そこで一つご紹介まで。

店  名 EASY BEER
住  所 Audeju street 8, Riga, LV-1050
オープン日 日曜日~木曜日 12:00-23:00

金曜日・土曜日12:00-02:00

Webサイト https://www.easybeer.lv/en/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

木村ノリコ

この記事を書いたひと

木村ノリコ

ビアジャーナリスト

京都府出身。無類の旅好きであり、料理好き。
青年海外協力隊員としてベトナム・ハノイへの派遣経験を持ち、派遣中を含め巡った、アジア各国のビールに愛着をもつ。
連れられて行ったベルギービール店で知った歴史の奥深さに驚き、ビールについて「学び」をスタート。生活の中で「ビール」がどんな風に飲まれているのか、どんな料理と一緒に楽しまれているのか。そこから垣間見られる、その土地・国の文化を感じるために、また旅に出たくなる。自分の目で見て、体験して、話を聞いて、日々見聞を広げる昨今。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。