[コラム,ブルワー]2018.2.17

ビールにハマったヒト図鑑

YOHO BREWING

ビールにはまったヒト図鑑(1) 初回はヤッホーブルーイングの社長井手直行さん。

 

はじめましてイラストレーターのイソガイです。
1.この読み物はビール初心者向けです。
2.ビール業界の素敵なヒトを紹介します。

なぜ初心者向けなのか?

ボクのまわりにはまだまだビールの一面しか知らない人が沢山います。 赤提灯も大好物ですがもっと沢山の人と日常的にクラフトビールで乾杯出来る世界にしたいです。ハマるきっかけは人それぞれなのでこの記事を読んでちょっとでも興味を持ってくれるヒトが1人でも、2人でも、3人でも、、、とにかく沢山増えてくれたら嬉しいです笑。

なぜ“ヒトを紹介”なのか?

クラフトビールの魅力の1つはコミュニケーションだと思います。リアルやSNS上でビア友との交流もそうですが、消費者同士だけでなく造り手や、バーのスタッフさんとも繋がれる時代です。本当に熱量の多い“ヒト”が多く驚かされます。 まずは“ヒト”に面白さを感じて頂き製品に手を伸ばして頂けたらという考えです。 それでは第一回はヤッホーブルーング代表取締役社長の井手直行さんをご紹介します。

 

てんちょ

よなよなエールで有名なヤッホーブルーイング(以下ヤッホー)の社長井手直行さん。ヤッホーさんにはスタッフ同士ニックネームで呼び合うルールがあり社長の井手さんも可愛く“てんちょ”と呼ばれています。みんな仲良しで何だかこれだけでハッピーな感じがします。

 

こんな社長です〜仮装好き〜

井手さんは表彰式に毎回仮装で登場します。想像してみて下さい、スーツ姿のお偉いさんで満員の会場に本気仮装が1人。しかも社長ノリノリ。。すご過ぎます。本当に根っからのエンターティナーで人を楽しませるのが好きなんです。ちなみにヤッホーさんは楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤーを10年連続で受賞しているというから更に驚きです。こんな社長がいるヤッホーとは一体どんな会社でしょうか?

 

なぜハッピー?その1

ヤッホーさんのウェブサイトのトップページには大きく“ビールに味を!人生に幸せを!”とあります。ビールの多様性を知ってもらい、ビールファンの人生が今よりも豊かに、 幸せになって欲しいという気持ちのあらわれです。ラベルも本当にビール?と思わせるようなポップで可愛く楽しませてくれるものが多いです。気に入った缶があればまず一本手に取ってみて下さい。http://yohobrewing.com/

 

なぜハッピー?その2

ビール好き達と一緒に楽しむファンイベント。その名も“よなよなエールの超宴(ちょう うたげ)”毎回かなりの赤字なのだそう…(汗)ですが、多くのファンに喜んでもらいたい!とスタッフ総出で作るDIYなビールのお祭りです。文化祭の様な居心地の良い空間を演出してくれます。前回の神宮外苑軟式球場では何と4000人が一気に乾杯しました。“超宴”で検索すると楽しそうな写真がたくさん出てきますよ。

 

さいごに一言お願いしました

どうでしょうか?こんな楽しいヒト達が造るビールに興味がわいた!という人はローソンでも購入出来ますのでコンビニへGO☆

 

オマケ

ヤッホーさんには試験醸造制度という福利厚生がありスタッフなら誰でもオリジナルのビール造りにチャレンジ出来ます。てんちょに記憶に残るビールを教えてもらいました!「色々と美味しいビールが多いのですが、一番おいしくなかったのは凄く覚えています。Oさんが造った「京番茶エール」です。ホント2口も飲めないまずさでした。笑」お茶のビール…ちょっとだけ飲んでみたいような笑

さいごまでお付き合いありがとう御座いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

イソガイヒトヒサ

この記事を書いたひと

イソガイヒトヒサ

ビアジャーナリスト/イラストレーター/CGデザイナー

1982年長野県佐久市生まれ。日本工学院マルチメディアアート科卒業。
アパレルのデザイン会社勤務後に独立。イラストを通じてビールの楽しさを伝えるため活動中。
主な仕事:ヤッホーブルーイング(グッズイラスト制作)、WEBマガジンビール女子(バナー、挿絵イラスト制作)、ビール王国〆のビール連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。