[ビアバー]2018.4.5

板橋「IBU(Itabashi Brewers Unit)」 和の食材とビールのペアリングを楽しもう!

ビアバーブリューパブペアリング醸造所

江戸時代、板橋は「板橋宿」と呼ばれた江戸の玄関口の一つであり、中山道六十九次の宿場町の1つとして栄えていた街です。現在は池袋、新宿、渋谷、東京など都内の要所にアクセスしやすい住宅地であり、 飲食店や企業の事務所も多い、商業も盛んな土地です。「IBU(Itabashi Brewers Unit)」は、板橋で2017年12月20日にオープンした醸造所併設のブリューパブです。オリジナルビールを造られるのはもう少し先ですが、ビールと料理のペアリングを楽しめる素晴らしいお店ですので、紹介いたします。

IBU(Itabashi Brewers Unit)外観

ブリューパブ IBU(Itabashi Brewers Unit)

「IBU(Itabashi Brewers Unit)」は、JR埼京線「板橋駅」より徒歩3分、都営三田線「新板橋駅」より徒歩5分、東武東上線「下板橋駅」より徒歩3分ほどの住宅地の中にあります。「Itabashi Cask Village」というブリューパブ、テイスィングルーム、ワインバー、宿泊施設などが集まった建物1階の1店舗が、「IBU(Itabashi Brewers Unit)」です。店内はカウンター席が14席、テーブル席が34席と広々としており、どちらに座っても落ち着いてビールを楽しめるでしょう。外にはテラス席が6~8席あり、暖かい季節であれば外でビールを楽しむこともできます。テラス席のみ犬連れも可能です。

店名の由来

ビール好きの方が「IBU」という言葉を聞くと「国際苦味単位」を思い浮かべるでしょう。店名の由来が気になりましたので、伺いました。「板橋(Itabashi )のビール醸造(Brewing)/醸造家(Brewer)」からIBの2文字、さらにプロやアマ問わず、ビール好きが集まり何かをしたい、みんなで楽しみたいという想いから「ユニット(Unit)」のUの1文字を合わせ、「IBU(Itabashi Brewers Unit)」にしたとのことです。素晴らしい想いの込められた店名ですね。

ビールと料理のプロフェッショナル達

店長の「高野 恭平」氏は10年の修行経験を持つ割烹料理の板前、副店長の「江口 奈々」氏はビアコーディネイター&ビアテイスター&ビール醸造などビールに関するプロフェッショナル、フレンチ&イタリアンで20年以上の経験を持つシェフ「小林 圭介」氏など、ビールと料理に精通したメンバーが揃っているお店です。

(左)店長「高野 恭平」氏 、(右)副店長「江口 奈々」氏

多様かつ多数のビール、最適な状態での提供、そして気配り

ビールのタップは22個。通常は12~14タップを繋ぎ、残りのタップは今後醸造されるオリジナルビールやイベント等で特別に繋ぐことを考慮し、空けているとのことです。繋がれているビールについてはIBUのFacebookをチェックすると良いでしょう。ビールの劣化の要因である温度変化への対応もしっかりしており、海外ビールの輸送にはリーファーコンテナ(温度管理が可能なコンテナ)を使用し、空冷式ビールサーバー(サーバー内にビール樽を入れ、タップへ繋がるホース含めて冷却する方式)を用いて提供するので、最適な状態で品質の良いビールを飲めます。タップの上に設置されたモニタには、繋がれているビール銘柄・スタイル・ブルワリーが表示され、紙のメニューにはさらに料理との組み合わせのアドバイスも記載されています。そのため、ビールに詳しくない方でも安心です。もし、迷いましたら、どのビールがどの料理に合うかを相談すると良いでしょう。

写真提供:IBU(Itabashi Brewers Unit)、22個のタップ

料理とのペアリングを考慮したビール選び

これだけタップ数が多いと、繋ぐビールをどのように選んでいるかが気になりますよね。ビールのスタイルや銘柄は、料理との組み合わせを考慮し、「江口 奈々」氏をはじめとしたビール担当が選んでおります。特に魚料理が素晴らしいお店ですので、新鮮な魚料理とペアリングできるビールが多い傾向にある印象です。その中でおススメしていただいたビールを1つ紹介します。それは、イタリアの「Birrificio del Ducato(ビリフィーチョ・デュカート)」の銘柄「コウジ・リソ」です。黒麹・白麹に加え、米を使った珍しいビールで、弱い炭酸やほのかな酸味と香りが新鮮な魚料理にあいます。「コウジ・リソ」はほぼ定番で繋がっていますので、訪れた際に試してみてはいかがでしょうか。

Birrificio del Ducato 「コウジ・リソ」

和の食材、旬の季節料理

料理のコンセプトは、和の食材を洋風にアレンジした「和食」、ビールに合う旬の季節料理のペアリングを堪能できます。食材についてもこだわっており、魚は神奈川県三浦半島より毎日直送の新鮮なものを仕入れ、野菜は近隣の板橋で育ったものを主とし、お米は「高野 恭平」店長の地元である新潟県南魚沼産コシヒカリを使っています。特に魚については、その日に獲れた魚を使うので、当日にならないと種類は分かりませんが、板前「高野 恭平」氏やシェフ「小林 圭介」氏の料理の腕により、素敵な料理として提供されます。それでは、素敵な料理の一部を紹介いたします。

フィッシュ&チップス

ビールとの定番料理といえば、フィッシュ&チップス。ただし、白身魚のフライとフライドポテトではなく、「IBU(Itabashi Brewers Unit)」の「和」へのこだわりが反映されております。フィッシュは旬の魚、チップスは芋類ですが、里芋や新じゃがなど季節に応じたものが使われます。それを山椒塩、抹茶塩など三種類の塩とあわせて美味しくいただきます。

IBU版フィッシュ&チップス

握り寿司

新鮮な魚の楽しみ方といえば、寿司があります。魚の種類が何になるかはその日の仕入れ次第ですが、一匹丸ごとの単位で仕入れた魚を捌くので、新鮮でネタも大きいです。それを南魚沼産コシヒカリとともに握った寿司は、まさに絶品です。

握り寿司6貫

ビールと食を体験し、楽しめるイベント

通常営業以外にイベントも行われています。筆者は2018年03月04日に開催した「兵庫県 室津 津田宇かき 〜With クラフトビール&ウイスキーの魅惑のマリアージュ〜」に参加する機会がありました。はるばる兵庫県から「津田宇かき」の生産者を招き、津田宇かきの説明や牡蠣剥きの体験会が行われました。生牡蠣以外には津田宇かきを活かした牡蠣料理2種、牡蠣とペアリングするビール4銘柄がイベント用にラインナップされていました。いずれも牡蠣とビールの組み合わせは最高、まさにマリアージュでした。今後も様々なイベントを企画されているので、IBUのFacebookを定期的にチェックすると良いでしょう。

「兵庫県 室津 津田宇かき 〜With クラフトビール&ウイスキーの魅惑のマリアージュ〜」イベントにて

オリジナルビールの醸造へ

オリジナルビールは、併設の醸造所「Tokyo Aleworks」にて今後醸造される予定です。最初にリリースするビールは、和をイメージした茶(緑茶や焙じ茶など)を用いたビールを2つ、スパイスエールを1つの合計3つのスタイルを予定していると伺いました。なお、リリース予定時期は早くても4月末以降とのことで、もう少し先になります。また、一般人向けにもビール醸造体験をできる場を提供する計画もあるそうで、ビール文化を広める面でも、活躍が期待できる醸造所です。

整備中の醸造設備

筆者は今後、併設の醸造所「Tokyo Aleworks」で造られたビールと、「IBU(Itabashi Brewers Unit)」の料理とのペアリングを堪能することを楽しみにしております。「IBU(Itabashi Brewers Unit)」は和の食材をテーマとした料理へのこだわり、そして最高のペアリングを提供するビールへのこだわりも素晴らしいお店です。是非、訪れることをおススメします。

この記事が素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。


IBU(Itabashi Brewers Unit)

東京都板橋区板橋1-8-4

月~金・土日 11:30-23:00 (定休日なし)

http://ibu.itabashibrewing.com/

https://www.facebook.com/IBU.ItabashiBrewersUnit/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

この記事を書いたひと

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。