[JBJA活動,イベント]2018.4.5

セカツタ2018 ブルワリー紹介【伊勢角屋麦酒 編】

セカツタ伊勢角屋ペールエール伊勢角屋麦酒出口善一

ゴールデンウィーク初日の4月28日(土)、15時から「セカツタ2018〜世界に伝えたい日本のブルワリー〜」開催です! 今年は醸造開始年で3つのカテゴリーに分け、それぞれのカテゴリーで「世界に伝えたい日本のブルワリー」を決定します。

開催まであと3週間あまり。見事ファイナリストとなった、セカツタ2018参加ブルワリーをご紹介していきます。「いわて蔵ビール編」に続き、CATEGORY 1(1994年〜2000年に醸造開始)にエントリーする「伊勢角屋麦酒」です。

クラフトビール入門者も愛好家も虜になる「伊勢角屋ペールエール」

伊勢角屋麦酒:三重県伊勢市
1997年に醸造を開始した三重県伊勢市のブルワリー。自社で分析、検査、酵母培養ができる機器と専門知識を持つスタッフを揃える。醸造開始当初から「伊勢から世界へ」「世界のビールファンを唸らせる」を合い言葉に試行錯誤を繰り返し、2000年のジャパン・ビアカップ金賞受賞を皮切りに、数多くの国際大会で受賞実績を持つ。

伊勢角屋麦酒が今回提供するビールは、「伊勢角屋ペールエール」。公式ホームページでも「クラフトビールといえばこれ! 伊勢角屋麦酒 看板商品」と謳う、伊勢角屋麦酒の自信のほどをうかがわせるフラッグシップビールです。

伊勢角屋ペールエールの原材料は、大麦麦芽とホップのみ。「アメリカンスタイル ペールエール」というビアスタイルで、アメリカンホップ「チヌーク」「カスケード」「シトラ」をふんだんに使うことで、柑橘系の華やかな香りを楽しめるのが特徴のひとつです。

ビールをグラスに注いでいる時からすでに、グレープフルーツやシトラスのような香りが漂ってきます。濃いめのゴールドの液体と、その上に盛り上がる白い泡のコントラストは見た目も美しく、華やかな香りはさらに、これから飲むビールへの期待感を高めてくれます。

口に含むと、爽やかで軽やかな甘味と心地よい苦味、そして柑橘系の華やかな香り。液体が喉元を過ぎるとともに甘味はスッとクリアになり、わずかな苦味と残り香が余韻となって、身も心も満たしてくれるのです。

2001年より、国内外で開催される数々のビアコンペティションで金賞を受賞。2017年には世界のビールを対象とした「ザ インターナショナルブルーイングアワーズ 2017(Smallpack, Internatinal Ale Competition, class 3 for Ale 5.0%-5.4%)」で「ゴールド」、「ワールドビアアワード 2017 ペールビア/ペールエール部門」で「ジャパンゴールド」を獲得するなど、長きにわたり国内外で高く評価され続けるペールエールです。

醸造長・出口善一さん登壇のトークセッションは17時50分から

当日は会場にて、ブルワリー代表者同士によるトークセッションを開催します。伊勢角屋麦酒の代表として会場にいらっしゃるのは、ヘッドブルワー(醸造長)の出口善一さん。登壇は17時50分からを予定しています。ブルワリーの転機や、互いをどう見ているかといった「ここでしか聞けない」トークが盛りだくさんの内容です。

出口善一さん:2010年から伊勢角屋麦酒のアシスタントブルワーを勤め、2014年よりヘッドブルワー。
写真:志摩半島から見た伊勢湾と出口さん。


17:50 トークセッション②
伊勢角屋麦酒/ベアレン醸造所/うしとらブルワリー/Far Yeast Brewing

ブルワーさんたちと直接話ができる歓談タイムや、ブルワーさんの似顔絵入り直筆サイン色紙を景品にしたクイズ大会も設けています。

会場で味わえる伊勢角屋ペールエールは、クラフトビール愛好家にもファンが多く、初めての方も心を掴まれる人が続出する、伊勢角屋麦酒の自信作。ブースで出口さんが注いでくれます。ぜひ伊勢角屋麦酒のフラッグシップを飲みに、そして出口さんと言葉を交わしにいらしてください。

セカツタ2018〜世界に伝えたい日本のブルワリー〜

日時:2018年4月28日(土)15時〜20時(最終入場19時)
会場:ベルサール高田馬場(東京都新宿区大久保3-8-2 住友不動産ガーデンタワーB2F)

※「クラフトビール新酒解禁祭り2018」の一部スペースを使用し、開催します。

【参加ブルワリー】
CATEGORY1 いわて蔵ビール(岩手県/1996年)・伊勢角屋麦酒(三重県/1997年)・箕面ビール(大阪府/1997年)
CATEGORY2 ベアレン醸造所(岩手県/2003年)・志賀高原ビール(長野県/2004年)
CATEGORY3 うしとらブルワリー(栃木県/2014年)・横浜ベイブルーイング(神奈川県/2012年)・Far Yeast Brewing(山梨県/2017年)

◆チケット購入はこちらから
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01jnbnzfrmm9.html

みなさまのお越しをお待ちしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。