[JBJA活動,イベント]2018.4.24

セカツタ2018 ブルワリー紹介!横浜ベイブルーイング

s日本ビアジャーナリスト協会

ビールに愛された皆さまへ!

さあ、セカツタ2018~世界に伝えたい日本のブルワリーの開催まで、あと4日です。今週末は、高田馬場で僕と握手!ですよ。
さて、ファイナリストとなったブルワリーのご紹介も、残りわずか。今日は横浜の人気ブルワリー、「横浜ベイブルーイング」のご紹介です。

横浜ベイブルーイングの醸造開始は2012年。鈴木真也氏が横浜の中心街・関内(横浜に設置された開港場の区域を「関内」としたことに由来)にブルーパブを作ることから始まりました。
ピルスナーの世界的銘柄のチェコのピルスナーウルケルの圧倒的な味と魅力に心惹かれ、その品質に追いつき追い越すことを目標としている鈴木氏。フラッグシップ銘柄のベイピルスナーは国内外のビアアワードで数々の賞を受賞し、その実力は海外でも認められています。
横浜ベイピルスナーが目指すのは、世界一のピルスナーを作ること、そして、横浜を世界に通じるクラフトビアシティにすることです。こんな熱い思いをもってビールづくりをし、街づくりまでも目指している、大変に志の高いブルワリーを私たちは応援しないではいられません。

醸造家による審査会、ブルワーズカップの主催もしている鈴木氏。クラフトビール界をけん引する若きエースです

今回、セカツタ2018にはフラッグシップ銘柄であるベイピルスナーが試飲ビールとして登場します! 横浜ベイブルーイングが誇る自慢の味を楽しみましょう!
横浜ベイブルーイングはカテゴリ3、一番新しい時期にオープンしたブルワリー3社に選ばれました。
今年のセカツタは、醸造時期を3つのカテゴリに分け、それぞれのカテゴリごとに「世界に伝えたい日本のブルワリー」を投票によって決定します。ご参加のお客さまの1票によって選ばれるので、是非、足をお運び頂ければと思います!

そんな逸話も含め、セカツタ2018ではファイナリストのブルワリーの皆さまに楽しいお話を伺う「トークセッション」「クイズ大会」を予定しております。どんなお話が聞けるのか、今から楽しみです。

横浜ベイブルーイングのトークセッションの登壇は、
トークセッション①15:50~ となっております!
また、トークセッション①に登壇のブルワリーに関するクイズ大会①では、鈴木氏の似顔絵とサインの入った色紙のプレゼントも。これは…私も欲しいぐらいです。

ファイナリストは以下の8ブルワリーです。
CATEGORY1 いわて蔵ビール、伊勢角屋麦酒、箕面ビール
CATEGORY2 ベアレン醸造所、志賀高原ビール
CATEGORY3 うしとらブルワリー 横浜ベイブルーイング

ベルサール高田馬場でのイベント「クラフトビール新酒解禁祭り2018」の一部スペースでの開催になります!新酒解禁祭りのビールも楽しみながら、ご参加頂ければと思います。
皆さまのお越しを、心よりお待ちしております!

 

世界に伝えたい日本のブルワリー (セカツタ2018)
2018.4.28(sat) @ベルサール高田馬場大ホール
☆チケット購入者にはテーブルとイスがご利用いただけます。
同時開催中の新酒解禁祭りで購入したビール・食事の持ち込み自由です。
チケットサイトはこちらから(前売券1,900円・当日券2,000円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05002松原 順子

この記事を書いたひと

松原 順子(MJ)

ビアジャーナリスト/ライター

ビールと昆虫と、リコーダーと天然石が大好きです。JBJAではイベントサポートやBJAチューターも楽しんで取り組んでおります。人に寄り添う記事作成を心がけ、JBJA公式動画サイトJBJAchannelではMCを担当しております。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。