[イベント]2018.11.8

『日本の麦酒歴史(ビールヒストリー)』が11月13日、 東京で上映!

日本の麦酒歴史重富寛

なぜ明治初期に、北海道でビールが造られるようになったのか?

・・・その目的はロシアから日本を守るための防衛だった。

明治2年、北海道開拓使が誕生する。
「北海道を興さねば、北方はロシアのものになってしまう」
明治の日本を守るため、立ち上がった男たちがいた。

北海道開拓の歴史を見守ってきた赤レンガの開拓使館

「日本人のビール」 その原点である開拓使麦酒。
その誕生物語であるドキュメンタリー映画『日本の麦酒歴史(ビールヒストリー)』が、11月13日(火)に東京で上映会されることが発表された。

『ぷはっとうまい日本のビール面白ヒストリー』(端田晶著・小学館)を元に、
ビール注ぎの名人「ビールスタンド重富」の重富寛氏が現地を旅し、開拓使麦酒の黎明期を取材している。

札幌大通公園にたつ黒田清隆像。北海道開拓の功労者だ

映画では開拓使麦酒醸造所を造りあげた3人の男たちにフォーカスを当てている。
黒田清隆(薩摩藩出身。北海道に新しい農業・産業を興して日本の近代化をリードしようと燃える開拓長官。戊辰戦争では五稜郭の戦いを指揮)、
村橋久成(薩摩藩出身。イギリス留学の経験あり。黒田の右腕として麦酒醸造所、葡萄酒醸造所、製糸所などを創業)、
中川清兵衛(新潟に商人の子として生まれる。幕末に17歳でイギリスに密航。その後ドイツに渡り、日本人として初めてビール醸造を習得)。
彼ら3人のゆかりの地を旅しながら、その思いをたどっていく。

映画予告編はこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=j7xJru-aL5o

上映会終了後は、重富氏が50年前のサーバーでビールを注ぐ。
現在に続く日本の麦酒の歴史を学び、名人の注ぐ極上ビールを味わおう。

『日本の麦酒歴史(ビールヒストリー)』東京上映会
日時:2018年11月13日(火)
第1部 開場 17:30 上映開始 18:00 終了 19:50
第2部 開場 20:00 上映開始 20:10 終了 22:00
料金:上映会+ビール1杯付き  大人1名 1500円
     ※追加のビールは 1杯 600円
     ※つまみは広島のスナック類をキャッシュオン
会場:日本百貨店さかば
  (東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス B1F GranAge)
予約:日本百貨店さかば  03-6206-3533
   ※9日以降はこちらのフォームでも予約可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。