[コラム]2019.1.24

【ビアライゼ】ドイツのデュッセルドルフで、アルトを楽しもう!

アルトアルトビールデュッセルドルフドイツドイツビールビアライゼ

ビアライゼ、それは美味しいビールを求めて、日本や世界各地をめぐる旅。筆者はビールを求め、ドイツやベルギーなど欧州をよく旅しています。2019年の初めにドイツを旅した際、訪れた都市の1つ、 Düsseldorf(デュッセルドルフ)にて、Alt(アルト)ビールをたっぷり楽しみました。その魅力をお伝えします。

ドイツの都市Düsseldorf(デュッセルドルフ)

デュッセルドルフは、ルール工業地帯の南西部に位置する、ドイツ西部Nordrhein-Westfalen(ノルトライン=ヴェストファーレン)州の州都。ライン・ルール地域の中心都市であり、経済、観光、芸術など様々な分野で有名な都市です。ライン川東岸の旧市街が市の中心部であり、そこから東約1.5Kmにデュッセルドルフ中央駅、北約8Kmにデュッセルドルフ空港があります。そのため、水運、陸路、空路とも交通の要所でもあります。

(左)旧市街 マルクト広場の騎馬像、(右)旧市街各所にある観光案内図、トイレの場所記載など親切

デュッセルドルフには、欧州屈指の日本人街があります。デュッセルドルフ中央駅と旧市街の間にある通りの1つである「 Immermann Str (インマーマン通り)」周辺は、日本語の看板が多数あり、店によっては日本語での会話が通じます。日本料理を扱う店も多く、日本食が恋しくなった場合、ここを訪れると良いでしょう。

Immermann Str (インマーマン通り)周辺、日本語の看板をよく見る

Alt(アルト)

アルトとは

ドイツを観光する際、アルト・シュタットという言葉を聞くことがあると思います。アルト=旧い、シュタット=市街という意味で旧市街の事を指し、どの都市でも観光名所が集まる傾向です。Alt(アルト)とはドイツ語で「旧い」という意味であり、ビアスタイル「アルト」の語源でもあります。ラガー系(下面発酵)ビールが普及する前の「旧い(アルト)」時代の醸造方法が、由来と言われています。
アルトは、上面発酵の酵母を、下面発酵の低い温度帯で醸造するビールです。特徴として、外観は赤褐色もしくは赤銅色。フルーティな香り、ホップによる独特な香りと風味。そして、ホップによる苦味があります。銘柄によっては、苦みの強さ、モルト感、甘さなどの差異があります。飲み口は軽く、飲みやすいです。

アルトビール、グラスの形状・サイズは店によって差異がある

アルトとケルシュ

デュッセルドルフとケルンは、ICE(高速鉄道)で約25分、RE(通常の鉄道)で約40分と近い距離の都市です。それぞれの都市のビールである、アルト(デュッセルドルフ)とケルシュ(ケルン)は競合関係にあり、自分の都市のビールが一番だと譲らないことも有名です。アルトとケルシュは、いずれも上面発酵の酵母を、下面発酵の低い温度帯で醸造するビールありながら、その外観や特徴に大きな差異があります。ケルシュは、「ケルシュ協約」により「ケルシュ」と名乗ることが出来る地域・醸造所を制限されており、注ぐグラスの形状まで指定されています。一方アルトには、そのような制限はありません。そのため、デュイスブルクやミュンスターなど、ライン川やルール川沿いの地域で広く醸造されています。なんと、ケルンでケルシュとアルトを醸造している醸造所もあります。

ケルンで、ケルシュ(左から1番目)とアルト(左から5番目)を醸造している醸造所

デュッセルドルフでアルトを楽しもう

飲むアルトの銘柄・お店を決めよう

アルトは、お店で樽生の提供以外に、ボトルや缶でも販売されています。しかし、デュッセルドルフで飲むのなら、お店でフレッシュな状態で味わいたいですね。その場合、ライン川東岸のデュッセルドルフ旧市街をおススメします。観光スポットであり、狭い範囲に複数の醸造所(元醸造所含む)、醸造所の直営店や老舗のビアレストランが集まっているためです。飲むことが出来る場所や銘柄の候補も多く、複数店を飲み歩くことも容易です。どの醸造所のアルトを飲めるかは、入口や看板付近など目立つところに掲載されており、それをもとに判断することも出来ます。

ご参考までに、代表的なアルトの銘柄として、下記があります。
・Uerige Alt
・Frankenheim Alt
・Schumacher Alt
・Füchschen Alt
・Schlüssel Alt
・Diebels Alt
・Schlösser Alt
など

アルトを味わおう

1.入店

入店の際は、Guten Tag(グーテン・ターク=こんにちは)、Guten Abend(グーテン アーベント=こんばんは)、もしくは「Hallo(ハロー)」と挨拶します。入口付近にスタンディング席、奥にテーブル席がある店が多く、食事もあわせて楽しむのなら、テーブル席を推奨します。予約がある場合、店員に伝えて席へ案内してもらいます。予約がない場合、店員に一声かけましょう。店によって、「店員による案内」、もしくは「空いている席に座っていいよ」と言われ、自分で席を探して座る場合があります。

2.アルトをオーダーする

デュッセルドルフのビールは、アルトが主です。 店員に「ビールを下さい(ドイツ語でBier bitte、発音はビアー ビッテ)」と言えば、アルトが来ます。この際、親指を立てて(ケルシュを1杯欲しいことを伝える)、オーダーすると良いでしょう。店によっては、アルト以外も扱っている場合もあり、メニューもしくは店員に確認しましょう。アルトの提供は、ケルシュと同様のシュタンゲ(200mlサイズの細い円柱状のグラス)もあれば、250mlや500mlのグラスなど店によって異なります。

(右)250mlグラスのケルシュ、(右)複数のアルト、複数のサイズ(250ml、500ml)で提供するお店もある

3.アルトをおかわりする

グラスが空になれば、新しいアルトが提供されます。まるで「わんこそば」です。店によっては「おかわりで良いか」を、確認してくれる場合があります。アルト提供の際、コースターにペンで線が書かれます。この線の数が、アルトを飲んだ杯数を表します。この仕組みは、ケルンのケルシュと同じです。

(左)グラスが空になると・・・、(右)新しいアルトが提供され、杯数分コースターに線が書かれる

4.アルトを味わうのを終える

アルトを飲み終える場合は、グラスの上にコースターを置きます。すると、店員が来て、コースターに書かれている線の数(飲んだ杯数)を元に、金額を計算をしてくれます。

アルトの杯数は線で数える、他の注文は直接金額を書かれる場合あり

5.支払い~店を出る。

基本的に、テーブルでの支払いです。金額は、コースターに直接書かれるか、レシートなどで伝えられます。提示された内容を確認し、店員に支払いを済ませましょう。その際は、サービスに応じて、チップを渡すと喜ばれます。そして、店を出るとき、Tschüss(チュース=カジュアルなさよなら)と挨拶しましょう。

デュッセルドルフで、アルトを飲む醍醐味

日本に輸入されているアルトの銘柄もあり、国内でアルトを飲むことは可能です。しかし、フレッシュな状態でアルトを飲むことが出来るのは、現地のみです。デュッセルドルフ旧市街は、アルトを手軽に複数味わえるので、訪れることをおススメします。また、デュッセルドルフ旧市街以外にも、アルトを提供するお店や醸造所はあるので、時間に余裕があれば足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

この記事が素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。

例:(左)オーバーカッセルのBrauhaus Alterbahnhof、(右)ニダーカッセルのBrauhaus Joh. Albrecht

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

この記事を書いたひと

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。