[JBJA活動,コラム,ブルワー]2019.4.13

1人の人物との運命的な出会いから始まった物語。柔軟な発想で進化し続けるブルワリー【米沢ジャックスブルワリー】ブルワリーレポート

ジャックスブルワリーブルワリーレポート山形物語米沢

­   古くから城下町として栄え、伊達政宗や上杉景勝など、多くの偉人達によって文化が育まれてきた山形県米沢市。現在も当時の面影を残しつつ、吾妻連峰の雄大な景色と温泉が豊富に湧く自然の恵み豊かな地に、米沢ジャックスブルワリーは誕生しました。

・柔軟な発想で進化し続けるブルワリー

­  米沢ジャックスブルワリーは、JR米沢駅から車で20分ほどの距離にある農村地帯の一画で、醸造をおこなっています。醸造所はもともと民家であった建物を、代表の槙山 秀都さん自らの手で、内装と排水設備を整備して使用しています。敷地には民家をリフォームした事務所と、資材置場であった倉庫を改築した醸造所が併設されています。醸造所は木造2階建て、1階が醸造スペース、2階が麦芽の保管・粉砕をする作業部屋です。醸造スペースの入口となるガラス扉の前に立つと、まず正面奥に設置された3機の発酵タンクが視界に飛び込んできます。室内へ足を踏み入れると、すぐ右手に仕込窯があり、手前から奥に向かってスムーズに作業が進められるように、動線が整えられていることが分かります。内部から改めて全体を見渡すと、限られた設備の中で【より良いビールを造るにはどうすべきか】を突き詰めて、アイデアを凝縮した空間が広がっていました。

手前から奥に向かって、仕込み作業の動線が整えられています。

2階の作業部屋からは、内部が一望できます。

同ブルワリーでは、【ビール造りの工程における作業の効率化】を意識した創意工夫が随所になされています。仕込み窯の清掃や、麦芽の運搬に小型クレーンを活用するといった、一見するとビール造りとは縁がない機材を使用する柔軟な発想は、前職で培った機材の組み立て、解体、溶接などの技術と知識に基づいて考案されています。併せて、内装の設計には、ブルワリー在籍時代に新店舗を自身で1から作り上げた経験が活かされています。これまでも、機材を駆使した仕事を生業としてきた槙山さん。これからは、ビールを設計し組み立てる技術者として、様々な機材を活用して、思い描く理想のブルワリー像を追い求めて活動していきます。

仕込み窯をクレーンで釣りあげて、移動させます。

醸造に使用する機材にも、様々な創意工夫がなされています。

・1人の人物・1杯のビールとの運命的な出会いから始まった物語

­  槙山さんのビール造りは、1人の人物との出会いから始まります。2010年友人の紹介でjackson flisa(ジャクソン フィリス)さんと知り合い、ある時彼がアメリカで自ら醸造したビールを飲む機会がありました。そこで口にした、エールビールの味わいに衝撃を受けたことが、ビール醸造に興味を持つきっかけに。その日を境に、米沢市内のバーでクラフトビールを飲みながら、ビールが持つ多様性と面白さに魅了され、ビールを造ることへの想いが一層強くなります。そして、夢を実現させるために、単身東京のブルワリーパブで働きながら醸造技術を磨き、2018年地元米沢に念願のブルワリーを構えました。同年3月には酒類等製造免許(発泡酒)を取得し、6月から醸造を開始しました。1人の人間、1杯のビールとの出会いから、8年の歳月を経て実現した物語。そのきっかけを与えてくれた、ジャクソンフィリスさんに敬意を称して、ブルワリ-の名称には彼の愛称「ジャックス」が付けられています。

米沢ジャックスブルワリー 代表 槙山 秀都 さん

・ビールを通して地元の魅力を発信

­  米沢ジャックスブルワリーでは、より多くの飲み手に親しまれるよう「ドリンカブル」なビール造りを心がけています。初仕込みから一貫していた「ベーシックなスタイル」のビールに加え、最近では米沢産の「そばの実」を使用したペールエールなど、地域性を意識した副原料を加えたビールも提供しています。山形県はフルーツを含め、農作物が豊富な土地として知られています。今後は、四季折々の旬な味覚を加えた、同ブルワリーにしかできないビール造りにも期待が高まります。これからも、地域色豊かなビールを通して、ブルワリーはもちろん、山形県を知るきっかけ作りとして、日本全国へ魅力を発信していきます。

米沢ジャックスブルワリーでは、樽詰・瓶詰ビールを販売しています。

・おわりに

­  米沢ジャックスブルワリーでは、昨年Fresh Hop Fest2018 に参加し、2019年2月には東京都内の店舗でTap Take Overイベントが開催されるなど、醸造開始直後からその魅力が県外に広がりを見せています。直営店舗を持たない同ブルワリーは、今後も自社ビールの流通を通して、その想いを日本全国へ届けていきます。2019年3月を迎えて、酒造免許の取得から1年が経過しました。9年前にジャックスから伝えられた感動を、自身の手で広めていく活動はまだ始まったばかりです。これからどのような創意工夫でビールと向き合っていくのか、今後の活躍に注目していきたいと思います。

米沢ジャックスブルワリー
住所:〒992-1461 山形県米沢市李山5471
HP:https://jacks-beer.com/
FB:https://www.facebook.com/YonezawaJacksBrewery

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

神山 タクロウ

この記事を書いたひと

神山 タクロウ

ビアジャーナリスト/ビアテイスター

ビールと東京ヴェルディに魅了されつづけるビアツーリスト。平日はビアバー、週末はビア旅を満喫することがライフワーク。「日本のクラフトビール文化は面白い」を追求して、現地で体験した魅力を発信していきます。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。