[ブルワー]2019.5.27

熊本・天草の魅力を詰め込んだ醸造所「AMAKUSA SONAR BEER」をクラウドファンディングで応援しよう

AMAKUSA SONAR BEERクラウドファンディング天草熊本県

熊本県天草市で、地元の魅力をたっぷり詰め込んだクラフトビール醸造所「AMAKUSA SONAR BEER(アマクサ ソナー ビール)」の設立に向けての活動が始まっている。

天草を元気にするビールを造りたい!東京からUターン

AMAKUSA SONAR BEERの代表を務めるのは荒木信也さんだ。

AMAKUSA SONAR BEER代表・荒木信也さん。クラフトビールは土地や季節に応じていろいろな楽しみ方があることに気付き、地元天草でしか造れないビールを自分の手で造りたいと移住を決意

15年前に初めて飲んだベルギービールのおいしさに魅了され、のど越しだけではないクラフトビールに夢中になったという荒木さん。
一念発起し2013年7月に東京から熊本へ拠点を移した。
まず手を付けたのは無農薬のびわ農家である実家の休耕地の活用だ。
起業準備と醸造所への研修を進めながら、2018年冬にホップ栽培をスタートした。無論、農薬は使用していない。
2019年3月にAMAKUSA SONAR BEER合同会社を設立。
現在は、2019年年内の「発泡酒製造免許」の取得と醸造所稼働を目標に活動中だ。

5月23日、カスケードホップは3メートルほどに成長


「ホップや大麦、副原料の栽培し、それらをビールに使用することは、過疎化が進む天草市の活性化のきっかけになる」。荒木さんはそう考えている。

「九州のクラフトビールシーンがもっと盛り上がれば、天草地域の雇用の受け皿になるかもしれないですし、若者の移住の目的の柱になるかもしれない。今回のクラウドファンディングは資金調達だけではなく、AMAKUSA SONAR BEERを通して、天草をもっと知ってもらい、来てもらい、感じてもらうための役割でいたいと考えています」と話す。

醸造所設立予定の倉庫。ホップ畑は目の前だ


ビールづくりの要となる醸造所は、ホップ畑の目の前にある倉庫を活用。
摘みたてホップのフレッシュさを保ったままビールに使用したり、ホップを加工することができる。
また、醸造所にタップルームも併設予定だ。
ホップ畑を眺めながら飲むフレッシュなビールを飲む時間は特別なものになるに違いない。

天草には、世界文化遺産にも登録された潜伏キリシタン関連遺産と、うつくしい自然がある。
天草を観光しつつ、ビールを飲みに旅するのも楽しそうだ。

天草にある崎津教会と小さな漁村の集落は、2018年7月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界文化遺産 に登録されている。天草を訪れたら寄りたい場所だ【撮影:コウゴ】

地元に根付き地元の人々に愛される醸造所を世界に発信

熊本は九州の農業県であると同時に、フルーツ大国。
スイカ、デコポン、イチゴ、マンゴーなどが知られている。
地域の農家さんと協力して、旬を感じられるフルーツビールも展開予定だ。

2019年頭には、熊本産晩白柚(ばんぺいゆ)を使った「BANPEIYU WHITE」を、研修先である日南麦酒に委託し醸造をした。
このビールは、「SONG OF THE EARTH」(一般社団法人LOVE FOR NIPPONの代表キャンドル・ジュン氏が、新潟中越地震支援として行なっているフェスティバル)で販売され、ビールが苦手という女性からビアマニアの方まで、好評だったとか。

2019年SONG OF THE EARTHのキャンドルナイトの様子。荒木さんはLOVE FOR NIPPON熊本代表だ

「ゆくゆくは100%天草産のクラフトビールを造りをしたい」と荒木さん。
そのために大麦を育てて精麦の研究を進める、ホップの品種改良に挑戦する、酵母を自家培養する、など夢は大きい。

いずれにせよAMAKUSA SONAR BEERの目指すところは、地元に根付き地元の人々に愛される醸造所だ。
自分たちで育てたローカルな原料を使ったビール造りが実現したら、天草の良さをビールを通して世界中へ発信できるかもしれない。

クラウドファンディングの支援は3,000円から、最高で1,000,000円のコースも。
主に醸造設備(仕込み釜と発酵タンク、大型冷蔵庫)の購入費に充てられる。

クラウドファンディングは、2019年06月26日まで受け付けている。
興味を持たれた方は下記から応援をしよう。
https://camp-fire.jp/projects/133138/preview?token=ldqa0cub

関連記事:フレッシュホップフェスト2019『天草ホップ100%のクラフトビール醸造所をめざして【AMAKUSA SONAR BEER】』

☆写真はAMAKUSA SONAR BEERさまからご提供いただきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。看護師を経て、旅するビアジャーナリストに転身。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ドイツビールに惚れこみ1年半ドイツで生活したことも。海外生活情報誌「ドイツニュースダイジェスト」や、雑誌「ビール王国」(ワイン王国)、雑誌「an・an」(マガジンハウス)、「クラフトビールの図鑑」(マイナビ)などさまざまなメディアで活躍中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。