[ブルワー]2019.7.24

九州から高品質のビールを届けたい!~九州クラフトビール協会の取り組み

JBA 全国地ビール品質審査会KCBA研修会九州クラフトビール協会

6月末に城山ホテル鹿児島にて、九州クラフトビール協会(以下、KCBA)の醸造研修会が開催された。

KCBAは九州のクラフトビールの品質向上を目的に、2017年2月に発足。
九州でクラフトビールを造る17社が加盟し、年に1回の審査会と2回の研修会を行っている。

これまで、宮崎ひでじビールでの衛生管理の手法研修や、門司港ビールでの新プラントの見学、キリンビール福岡工場での製麦工程の見学等を行ってきた。

この日は、①城山ホテル鹿児島内にある城山ブルワリーの仕込み見学、②国税局の担当者をお招きしての軽減税率についての講話、③オフフレーバー講習、④意見交換会が行われた。

城山ブルワリーでの仕込みを見学。同ブルワリーでは桜島こみかんや長命草などの地元特産品を使いつつ、雑味の少ない綺麗な味に仕上げている

本年10月からの消費増税にあたり国税局の担当者より、軽減税率制度の品目・区分記帳、さらにはイベント開催時に提供される屋台のフード類は軽減税率に当たるのかなど、事業者にとって必要な情報が具体的に示された。

国税局担当者からの話に真剣に耳を傾ける参加者

オフフレーバー研修では、雑菌などで汚染されたビールの香りを再現した23種類のサンプルを用い、ビールが汚染されると味や臭いにどのような変化が起こるのかを体験。
熊本国税局担当者からその原因や対策について説明があり、各テーブルではブルワーさんたちからも意見が出された。

23種類ものオフフレーバーを体験し、その発生原因や対策を学ぶ

このようなオフフレーバー研修を定期的に行うことで、自分の感覚の確認やブラッシュアップが期待されている。
今回は基準値の約3倍で行われたが、今後は徐々に基準値の倍率を下げより些細なフレーバーも嗅ぎ分けられるよう研鑽を行っていく方針だ。

「オフフレーバーは、なかなか嗅ぐ機会や勉強する機会がない。貴重な経験をさせてもらっている」と、城山ブルワリー醸造長の倉掛智之さん。

今回の会場になった城山ホテル鹿児島にあるクラフトビール醸造所、城山ブルワリーの倉掛さん

意見交換会やその後の懇親会では、目指す“キレ”の出し方から、最近の消費者の動向まで、幅広く活発な意見が交わされた。

「普段はひとりで醸造しているので、他のブルワーさんたちの意見を聞けるのは刺激になるし勉強になる」と鹿児島県種子島にあるLocal Breweryからはなの伊藤理人さん

当日はテレビ局の取材も。インタビューに答える伊藤さん

こうした研修会の積み重ねにより、今年2019年6月には全国地ビール醸造者協議会が行う「JBA 全国地ビール品質審査会2019」において、KCBAの一員である「門司港地ビール工房」のヴァイツェンが最も優れたビール「最優秀賞」に選ばれた。

この審査会は成分分析の他、専門家による味や香りの官能検査により賞が決まる。
2017年から毎年開催し3回目となる今年は、全国の47社が110点を出品した。

開門海峡に面した北九州市の門司港で造られている「門司港ビール」。醸造所併設のレストランでは名物焼カレーと一緒にできたてのビールが楽しめる

KCBA会長を務める、宮崎ひでじビール代表の永野時彦さんは、
「九州全体さらには日本全国の醸造技術や管理技術が上がることが、消費者の皆様が安心してクラフトビールを召し上がっていただくことにつながる。このような研修会を続け、常に高品質のものを届けられるようにしたい」と話している。

オフフレーバー研修の意義について説明する永野さん

KCBAではこのような取り組みを通じ、消費者が安定・安心しておいしいビールを飲めるように、官民が協力して品質向上に努めている。
全国に愛飲者が増え、日本のクラフトビールが文化として発展するように、これからもKCBAを応援したい。

【九州クラフトビール協会参加ブルワリー】
やまぐち鳴滝高原ブルワリー 山口地ビール(特別枠・山口県)
門司港地ビール工房(福岡県)
ホテルオークラブルワリー(福岡県)
杉能舎麦酒工房(福岡県)
八女ブルワリー(福岡県)
ゆふいんビール(大分県)
くじゅう高原ビール Beer Oh!(大分県)
熊本クラフトビール(熊本県)
不知火浪漫麦酒(熊本県)
宮崎ひでじビール(宮崎県)
霧島ビール(宮崎県)
B.M.B Brewery(宮崎県)
日南麦酒(宮崎県)
城山ブルワリー(鹿児島県)
桷志田ブルワリー(鹿児島県)
Local Breweryからはな(鹿児島県)
花渡川ビアハウス(鹿児島県)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。看護師を経て、旅するビアジャーナリストに転身。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ドイツビールに惚れこみ1年半ドイツで生活したことも。海外生活情報誌「ドイツニュースダイジェスト」や、雑誌「ビール王国」(ワイン王国)、雑誌「an・an」(マガジンハウス)、「クラフトビールの図鑑」(マイナビ)などさまざまなメディアで活躍中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。