[イベント,ブルワー]2019.9.27

BREWING FOR NATURE~ビール醸造を通じた自然への取り組み~

BREWING FOR NATURE

ブルワリーの有志達が集まり、「BREWING FOR NATURE」活動が2019年夏から始まりました。ビール醸造を通じた自然への取り組み、ご紹介いたします。

BREWING FOR NATUREについて

活動目的と方針

「BREWING FOR NATURE」の目的は、ビール醸造を通して、美しい日本の風景を守るための活動です。現在、自然環境は人の営みにより、日々確実に影響を受け、刻々と変化しています。ビールの主原料である麦、ホップ、水は自然の恵みによって育てられたもの。ブルワリーの有志達は、『自分たち、そして子供たちの未来に、美味しいビールがあるためにはどうしたらよいか』と考えました。まずは、それぞれの地域の自然環境の現状を知り理解することから始め、その現状をビール作りを通して人々に伝えます。その中で、何ができるかみんなで考え、行動をしていきます。行動方針は、『醸造を通して自然環境、消費活動の在り方を考える』、『環境問題を解決していくためにできることをひとつずつ積み重ねる』の2つです。

活動を始めた経緯

2019年8月初旬、静岡県富士宮市で開催された”御神火祭り”に、静岡県富士宮市のブルワリー フジヤマハンターズビール代表「深澤 道男」氏の声掛けで、東京都内の様々なローカルブルワリー関係者が集まり、祭りを楽しみました。祭りの打ち上げ会の際、「深澤 道男」氏の友人であるNatural Action代表「佐野 文洋」氏と社員の方から、静岡県の自然環境に現状について、話を聞く機会がありました。Natural Actionは、静岡県富士郡の山林や森で林業を営み、”富士川”でラフティング等のアクティビティ・ツアーを提供、駿河湾では桜えび漁をしている会社です。日々自然と接し、その循環の中で人との関わりを事業として行っているNatural Action、近年は駿河湾の桜えびの漁獲量激減という問題に直面しました。森と川、その先の海はつながっており、どこかに問題が起きれば、他も影響を受けます。この話に衝撃を受けた東京からの参加者、『自分が生きるこの地球の自然の事も、将来の子供達が向き合う環境のこともだんだん他人事になっていたかもしれない』と感じ、「BREWING FOR NATURE」の活動が始まりました。

静岡県富士宮市で開催された”御神火祭り”

活動等の情報発信について

「BREWING FOR NATURE」の活動の詳細などは、WebサイトもしくはFacebookページにて、随時情報発信されます。

活動実績および予定

森の保全のための間伐に参加して、”木こりのビール”を作ろう

Natural Action代表「佐野 文洋」氏より、『東京のブルワリーの人々をここに呼んで、ひとり一本、自分達でヒノキを切って間伐を体験してみたらどうだろう。そしてそのヒノキでビールを作って色んな人に飲んで貰ったら、自然のことをもっと知って貰えるかも知れない。』と提案がありました。杉やヒノキなどの人工林は手入れをしなければ、いずれ荒廃します。山林や森が荒廃すると川や海も荒れ、そこで生きている動植物へ影響します。そのため、間伐という作業は、森の本来の機能を高めることや生態系の維持にも重要な取り組みです。

ヒノキの山林

この提案を受け、まずは板橋のクランクビール代表「平賀 久勝」氏が東京都内の様々なブルワリーに声掛けを行いました。その結果、複数のブルワリーの賛同を得ました。また、和製ボタニカルで飲みものの新しい体験をつくる イタダクの代表「福山 康大」氏により、日程調整等を実施。そして、2019年9月11日(水)、静岡県富士宮市に東京都内からのブルワリー関係者が集合しました。複数のブルワリーが参加し、Natural Actionなど関係者を合わせると、参加者は20名以上。ヒノキ林に移動し、そこでヒノキの伐採を行い、製材など間伐作業を体験。そして、静岡県からの参加者と交流を深めあいました。切り出したヒノキの一部は、各ブルワリーにてビール醸造時に副原料として使用します。日本を象徴する富士山の麓で行われた今回の自然への理解や取り組みは、各ブルワリーのそれぞれの地域における今後の取り組みのきっかけとなりました。やがては、日本全国の活動に繋がっていくことでしょう。

ヒノキの山林にて間伐体験、真剣に説明を聞く参加者達

今後は、11月9日(土)~10日(日)に、静岡県富士宮市のNatural Actionにて、ビールを楽しめるキャンプイベントを開催予定。ビールはもちろん、Natural Actionのアウトドア・アクティビティ、音楽、自然と通じるワークショップ等を楽しめる内容を企画しています。詳細な情報は、今後、Facebookのイベントページにて公開される予定です。

交流を深める間伐体験の参加者達

参加ブルワリーについて

2019年9月22日現在、参加ブルワリーは下記の通り。また、「BREWING FOR NATURE」の活動に興味があるブルワリー、ビール関係者の方からの問合せ受付中です。

参加ブルワリー(市区町村-ブルワリー名の50音順)

■静岡県

・静岡市 アオイブリューイング ~AOI BREWING~

・富士宮市  フジヤマハンターズビール浅間大社タップルーム

■東京都

・板橋区 クランクブルーイング / クランクビール さかみちタップルーム

・北区 十条すいけんブルワリー / Beer++(ビアプラスプラス)

・北区 Let’s Beer Works(醸造設備準備中)

・世田谷区 RIOT BEER

・文京区 カンパイ!ブルーイング

・港区 Inazuma Beer / Inazuma Dining

■埼玉県

麦酒処ぬとり(開業準備中)

 

この記事が、素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

この記事を書いたひと

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。