[イベント]2019.9.28

日本産フレッシュホップを楽しむ祭典「Fresh Hop Fest 2019」各地のビアバーで開催中

Fresh Hop Fest2019フレッシュホップフレッシュホップフェスト2019日本産ホップ日本産ホップ推進委員会

今年収穫したフレッシュな日本産ホップを使って造られたビールを飲んで楽しむ祭典「Fresh Hop Fest 2019」が始まっています。
2019年の今年は、9月1日(日)~11月30日(土)の3ヶ月間、日本各地のビアバーや飲料店でフレッシュホップビールがつながります。

みなさんはもう飲まれましたか?

ビールに爽やかな香りや苦みを付け“ビールの魂”とも呼ばれているホップ。
しかし生の状態ではすぐに香りが落ちてしまうので、一般的なビールに使われるホップは、ペレット状になったものや、乾燥させたものが使用されています。
そのホップを新鮮な状態で生のまま使えたら・・・ホップ本来の生き生きとした香りと苦みがビールに宿ります!

農作物の保存技術が進化した現在だからこそ、収穫直後のこの時期だからこそ、味わうことができる旬なビールです。

大都市、大阪梅田でもホップの栽培が始まっています。【写真提供:THANKS HOP】

今年で5回目をむかえるFresh Hop Fest。
フレッシュホップでビールを醸造するブルワリーは年々増え続け、2019年9月26日現在では86カ所ものブルワリーが参加しています。
初回である2015年の参加ブルワリーは12カ所でしたから、実に7倍以上!
年々、注目度が増していますね。

フレッシュホップビールが飲めるビアバー・飲料店は随時、FHFサイトFacebookTwitterInstagram等でお知らせされています。

フレッシュホップフェストイベントページ

みなさんもぜひチェックしてみてくださいね。
飲んだビールは #フレッシュホップフェスト とタグをつけて、みんなで美味しい笑顔をシェアしましょう!

イシノマキファームのホップ収穫体験会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。看護師を経て、旅するビアジャーナリストに転身。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ドイツビールに惚れこみ1年半ドイツで生活したことも。海外生活情報誌「ドイツニュースダイジェスト」や、雑誌「ビール王国」(ワイン王国)、雑誌「an・an」(マガジンハウス)、「クラフトビールの図鑑」(マイナビ)などさまざまなメディアで活躍中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。