[イベント]2014.7.9

初版2004年「知識ゼロからのビール入門」:藤原ヒロユキ著

幻冬舎知識ゼロからのビール入門

 私が幻冬舎から「知識ゼロからのビール入門」というタイトルのビール本を出したのは2004年である。

4706

 それからちょうど10年がたった。ありがたいことに現在もなお販売中(この原稿を書くために検索したら2014年7月3日付のランキングで楽天ブックスは酒部門の1位、アマゾンは3位だった)で、重版は9回を数えている。お買い求めいただいている読者の皆様のおかげだと感謝している。本当にありがとうございます。

 この「知識ゼロからのビール入門」は2006年に、正式な契約のもと、台湾で翻訳された。
P
これは正規の中国語訳

 そして、この“中国語訳”をもとにしたと思われる海賊版が中国本土で出版された。表紙は違っていたが、中身は全く同じだった。幻冬舎が中国側の出版元を追跡をしてくれたが、結局うやむやになってしまった。

KAIZOKU
これが海賊版

 書籍に限らず、中国産のコピー商品は世間的にもよくあることだが、さらにタチが悪いのは“類似商品”である。CHANELならぬCHANNEL、adidasならぬadidosのたぐいである。
 完全なコピー商品は摘発できるが 「既存の物に”たまたま”似ているだけ」という言い訳が出来るものは取りしまりづらい。
 中国の偽ディズニーランドも「ネズミをキャラクター化したらたまたまこうなった。ミッキーマウスなんて知らない。偶然だ」と開き直られれば、どうしようもない。
 あとはモラルの問題となってしまう。ものを創り、公に発表する人間としての品格と正義感の問題である。
 ここ数ヶ月、日本でも数多くのビール本が出版され、雑誌でもビール特集を見かける。
 言葉の順番を入れ替えたり、ほんのちょっと文言を削ったり増やしたりすれば、既存の書籍とタイトルやレイアウトや内容が酷似していても、「偶然たまたま似てしまっただけだ」と言う人間がいる限り、中国の偽ディズニーランドを笑うことはできない。

楽天ブックス:「知識ゼロからのビール入門」

アマゾン:「知識ゼロからのビール入門」

「ビール王国」Vol.3(2014年7月号)は全国書店ならびに、以下のサイトでお求めになれます。定価918円(税込)

Fujisan.co.jp「ビール王国」 

楽天ブックス「ビール王国」 

アマゾン「ビール王国」 

ステレオサウンド 

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

本格派ビール雑誌「ビール王国」発売中。
「ビール王国 ウェッブ・ストア」

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。
https://www.facebook.com/beerkingdom.jp?fref=ts

※お店のメニューや営業時間、イベントの内容などの掲載情報については、予告なしに変更されることがありますので、念のためお店やイベント・サイトなどをご確認の上ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

*告知は、本サイト以外でも行われている場合がありますので、すでに満席や売切れの場合もあります。御了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。