[ブルワー]2014.11.13

羽田ブルワリー入門

「羽田ブルワリー」。皆さん聞いたことがありますか?

ご存じない方も多いでしょう。11月12日、酒造製造に関する営業許可が下りたばかりのブルワリーです。開業は12月の予定。

どんなブルワリーなのか、去る11月1日、代表者の鈴木祐一郎氏に聞いてきました。

2014-11-01 14.21.40

【鈴木祐一郎氏プロフィール】
東京農業大学 応用生物科学部 醸造科学科を卒業
→プラント設備の会社に就職、銀河高原ビールの立ち上げに携わる
→その後ワインのインポーターで働く
→社労士資格取得
→銀座のブルーパブ居酒屋「八蛮」立ち上げに携わる
→行政書士資格を取得
→羽田ブルワリー立ち上げ 現在に至る。

2014-11-10 06.54.26

2014-11-10 06.54.38

こちらは11月12日現在の画像です。

【どんなブルワリーなのか】
ここでは小規模OEM(相手先ブランドによる受託)生産を行います。

通常だとオリジナルのビールをブルワリーに生産委託した場合、一度に500~数千L程度のロットを求められるケースがありますが、ここでは150L、10L樽なら15本程度で「自分のビール」をオーダーすることができます。

基本的に製造できるのはエール(上面発酵)。また申請している年間醸造量は15KL、つまり発泡酒免許ですが、最終的には100KLまで拡大可能なキャパシティを有します。

ちなみに、OEM生産専業のため、ブルワリーに来ても飲むことはできません。そんな事情で、周辺の写真は掲載しておりません。ご了承ください。

2014-11-10 06.51.17

樽も到着(写真の樽は5ガロン(19L))。ここにあなたのビールが詰められて届けられます。

【システム】
基本的には会員制ですが、1回のみの醸造もOKです。
※会員制の場合:入会金・保証金・年会費が必要
1回のみの醸造の場合:委託醸造コンサルタント料・保証金が必要

一定額で醸造+数本分の保管スペースが提供されます。決まった本数以上保管したい場合はエクストラチャージが発生します。
原料は基本的にブルワリーが用意します。特殊な原料を使用する場合は要打ち合わせ。

【メリットとこんな使い方】
①設備コスト0で小規模製造→将来的なブルワリー設立に向けてレシピ研究に?
②許認可が不要→思い立ったら即できる!
③保管スペースあり→店内保管スペースのない店舗でもオリジナルビールが!

2014-11-01 13.39.47

鈴木氏、自分でペンキも塗ります。

【スケジュール】
12月を目標に開業準備中。早ければ1月に1回目の製品をリリースできるのではないでしょうか。

詳しくは、直接相談してみてください。早ければ年明けに、あなただけのビールがあなたのパブに!いや、好きな方なら、あなただけのマイホーム・マイタップ・オリジナルビールが!
※1日2Lを2か月半飲み続けることによって消化することができます。

羽田ブルワリー
〒146-0095 東京都大田区多摩川1-23-12
TEL 03-6410-2653

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

02001池田大輔

この記事を書いたひと

池田 大輔

ビアジャーナリスト

ビールを造る人、売る人、飲む人に興味があって、突撃取材で話を聞くのが好きです。 取材を通して、ビールを楽しむシーンがもっと広がる楽しみを皆さんと共有できたら嬉しいです。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。