[イベント]2012.7.27

川場ビールの米国展開 [03]

川場ビール

川場ビールの米国展開 [02] からの続き*

群馬県川場村に道の駅「田園プラザ」を設立したのは1993年。翌年にはミルク工房を、さらに翌年にはミート工房、ファーマーズマーケットの営業を開始した。「川場ビール」を醸造するビール工房ができたのは1998年。パン工房、レストラン、物産館も同年に営業を開始している。

川場村の人口は約3800人。田園プラザの稼働により、就職機会の拡充、地場商品のPRと村内消費の促進、特産品開発と販売促進などが実現した。「関東好きな道の駅 第1位」(2004〜2008年 関東「道の駅」連絡会)「家族で一日楽しめる道の駅 東日本第1位」(日経プラス1)にも選ばれている。

クラフトビールは、「ジャパン・アジア・ビアカップ」で2008年に金賞(ピルスナー)、 銀賞(ボック・ヴァイツェン)を受賞。 2009年は銀賞(ヴァイツェン)を受賞している。

川場ビールは、基本的に田園プラザ内にあるレストラン「ビールレストラン武尊」、インターネット通販、イベント会場をのぞいては販売していない。しかし、「オープン市場である米国市場で勝負をしたい」という考えはかねてより持っていたため、東京や大阪ではなく、まずは米国への進出を決めたという。「ここ近年日本でも地ビールの人気が高まってきていますが、米国でも地ビールの人気は激増しておりますので、期待も高まります」(パシフィック インターナショナル リカー社 宮原さん)。

川場ビールは、道の駅の設立とともにある意味典型的な「まちおこし」として始まった。しかし、いわゆる地ビールバブルを乗り越え、高品質なビールを造り続けてきたからこそ醸造を継続でき、雇用を生み出し、輸出するに至った、ひとつの成功モデルであると言える。

写真は、ラスベガスのベラッジオホテル内にある日本食レストラン「yellowtail」での川場ビール。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。