[ビアバー]2015.4.28

デリリウムカフェGINZA 5月1日オープン

デリリウムカフェベルギービール銀座

2015年5月1日 東京銀座5丁目に
「Délirium Café GINZA(デリリウムカフェ ギンザ)」がオープンします。
一足早く店内を見たい!リポートしたい!(飲みたい!)と思い
4月某日に開催されたレセプションパーティにいってきました。
IMG_7351

「デリリウムカフェ」は、ベルギービール名誉騎士でもある菅原亮平氏が手がけるベルギービール専門店で、「ベル・オーブ」や「ブラッスリー・セントベルナルデュス」などの系列店。赤坂、霞が関、新宿にも店舗があります。

銀座店ではベルギービールの樽生を最大で40提供予定で、その数は日本最大になるとか。
同時にアメリカからの直輸入ビールも提供されます。
ボトルビールは80種類以上。ワインも16種類。
胸が高まります。

お店は、銀座駅A5出口から徒歩3分、東銀座駅A1出口からも3分の好立地。

IMG_7339
歴史ある銀座の街に溶けこむよう、レンガが張られ落ち着いた外装です。

店内に足を踏み入れると、まず目に飛び込んでくる長いバーカウンター。
ピカピカに磨かれたタップが並んでいます。
この季節サッシがとり払われ心地良い風が吹き、オープンテラスのような雰囲気に。
突き当りはちょっとしたパーティもできそうな広々とした部屋になっていました。
全部で85席あるそうです。

IMG_7349
インテリアはベルギーのビアカフェに実際にありそうな落ち着いた大人の雰囲気ですが、ところどころ見え隠れしているピンクの像。愛嬌があります。

このピンクの像は、英語圏で酔いが極まると見えるといわれている幻覚がもとになっています。
店名にもなっている「デリリウム」はベルギーのヒューグ醸造所で造られるビールで、このピンクの像がマスコットキャラクターになっています。

IMG_7352
料理はビアカフェには珍しい熟成和肉や、フランスベルギーから直輸入されたチーズ、被災した石巻雄勝町産のムール貝のビール蒸など、ビールの味を引き立ててくれそう。

IMG_7369
デザートにはベルギー名産のワッフルやチョコレートケーキを。

代表の菅原氏がこの銀座店で目指すは
「ビールのディズニーランドのようなワクワクする店作りと食材の追求」。
美味しいビールと料理、お洒落な店の雰囲気でビアラバーを楽しませてくれそうです。
まさに大人の遊園地。
5月1日のオープンが待ち遠しいですね。

デリリウムカフェGINZA
東京都中央区銀座5丁目9-5 チアーズ銀座1F
ホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。