[ビアバー]2017.3.31

新宿サザンテラスに「プティデリリウム タップカフェ」がグランドオープン!

デリリウムカフェ新宿

新宿駅新南口から徒歩3分。
サザンテラスにある一軒家ビアカフェ「プティデリリウム タップカフェ Petit Delirium TAP CAFE」が、本日3月31日にグランドオープンした。

南新宿のビル群の輝きや、ホームに滑り込む列車の流れを眺めることができる、広々としたサザンテラスにある一軒家ビアカフェだ。
カジュアルな内装でテラス席もあるので気軽に楽しめる。

ビールのタップ数は17種類、ボトルは80種類!!

日本にベルギーの雰囲気そのままに輸入されたプティデリリウム タップカフェは、インテリアから料理、ビールの1本に至るまで本場さながら。

ビールは醸造家と直接交渉し、ベルギーから定温コンテナで大切に運ばれてきたものだ。

中でもオーナーで、ベルギービール騎士団名誉騎士でもある菅原亮平氏がベルギーで手掛ける醸造ブランド「RIO BREWING & CO.」のビール「初陣 Uijin」シリーズは、日本らしさが香る個性的なベルギービールだ。

「初陣 Uijin Yuzu Blonde」は2種のベルギービール酵母を使用。ドライホッピングと同時に高知県産柚子の皮を漬け込み、瓶樽内で二次発酵させている。シルクのような滑らかな舌触りと柚子の香りが心地よい。

料理は、美食の国ベルギーのメニューが充実しており、ビストロ感覚で楽しめる。


「SPECIALLY-SELECTED 3KIND OF MEAT」(3,500円)


「シェフ厳選国産和牛のシンタマのタルタル」(1,200円)


「スフレオムレツ ゴルゴンゾーラとマッシュルームソース」(900円)


「イチゴとミックスベリーのブリュッセル風ワッフル」(800円)
*表記価格は税別

デリリウムカフェの名前の由来になっているビール「デリリウム・ノクトルム」「デリリウム・トレメンス」をご存じだろうか?
ピンクの象の可愛らしいイラストだが、その意味はラテン語で「アルコール中毒による幻覚症状」。
ベルギーならではのウィットに富んだネーミングだ。
8.5%というアルコール度数の高さを忘れて、ついつい飲みすぎてしまう味わい。
これがベルギービールの魅力だ。

屋外でのビールもおいしいこれからの季節。
新宿サザンテラスで都会の風と、ベルギーの風、双方楽しまれてはいかがだろうか?

プティデリリウム タップカフェ Petit Delirium TAP CAFE
住所:東京都渋谷区代々木2-2-1サザンテラス内
Tel / Fax: 03-6300-0807
営業時間: 11:00 – 23:00
公式ホームページ
Facebook

◆◇日本ビアジャーナリスト協会 イベントのお知らせ◇◆
「第3回世界に伝えたい日本のクラフトビール ピルスナー編」
~クラフトビールをブームではなくカルチャーにしたい~
場所:渋谷 東京カルチャーカルチャー
日時:4月20日(木)19:00~(開場18:00)
詳しくはコチラから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。