[イベント]2016.8.22

【今年は2日間開催!9/3(土)&4(日) 第2回仙台クラフトビールフェスティバル】

仙台クラフトビールフェスティバル

昨年10月に開催された仙台クラフトビールフェスティバル。東北のブルワリーが集結し、東北はもちろんのこと遠方のビールファンをも魅了したイベントが9/3(土)、4(日)の2日間にパワーアップして今年も開催される。

仙台3大ビール祭りと言われるように

昨年に続き、主催・企画を務めるアンバーロンド田村琢磨氏に意気込みを訊ねると「仙台ではドイツのオクトーバーフェストが昨年10周年を迎え、ベルギービールウィークエンドもスタートしました。そんな中、以前から考えていた、『クラフトビールのイベントを仙台でやりたい‼』という想いを形にするべく急加速して、昨年第1回を開催することが出来ました。ほとんどのブルワリーとフードブースが売り切れるという大盛況。このイベントは東北のクラフトビールにスポットを当て、いろいろ飲み比べをしたり、醸造所の皆様と直接交流が持て、宮城の美味しい飲食店のフードを楽しむのがコンセプトです。会場には私が発行している仙台ビールマップを設置して、気になるお店もチェックしていただける様にしています。将来、仙台3大ビールフェスティバルと呼ばれる様に、このイベントを根付かせていき、ビールシーンを盛り上げていくコンテンツの1つになれば嬉しいです。9月3・4日は是非とも仙台にお越し下さい‼東北のクラフトビールが50種類以上楽しめます。どうぞ宜しくお願い致します。」と熱い想いに圧倒されてしまった。

主催・企画を務める田村氏(左)と仙南クラフトビール岡ブルワー(右)

主催・企画を務める田村氏(左)と仙南クラフトビール岡ブルワー(右)

今年も東北のブルワリー10社が集結!

気になる参加ブルワリーは東北の10社だ。ビールフェスティバルは様々な地域のブルワリーが参加するのが一般的なので、東北のブルワリーのみというのはとても新鮮だ。

東北を代表する10のブルワリーが仙台に集結。昨年は遠方から駆け付けるファンも数多く見られたほど、東北のブルワリーの人気は高い(写真は昨年のものです)

東北を代表する10のブルワリーが仙台に集結。昨年は遠方から駆け付けるファンも数多く見られたほど、東北のブルワリーの人気は高い(写真は昨年のものです)

昨年も東北のブルワリーのみであったが、逆にそれが東北のビール文化を高めようという意識が良く伝わってくるイベントであった。

今年の参加ブルワリーはこの10社だ!

  • やくらいビール
  • みちのく福島路ビール
  • 遠野麦酒ズモナ
  • 松島ビール
  • いわて蔵ビール
  • 仙南クラフトビール
  • 秋田あくらビール
  • 猪苗代地ビール
  • 鳴子の風
  • 田沢湖ビール

(紹介順は順不同)

昨年は仙台ビールファンによる予想以上の反響で、ビールが完売するブルワリーが続出した。それだけ仙台はビール熱が高い地域なのだ。

また、仙台クラフトビールフェスティバルはビールだけではなく、宮城のブランド牛や豚、牛たんや水産品なども魅力だ。今年は仙台に進出したクラフトビアマーケットやクラフトマンも出店し、イベントを盛り上がる。

地元の美味いものが、お腹いっぱい味わえるのもこのイベントの魅力の1つ

地元の美味いものが、お腹いっぱい味わえるのもこのイベントの魅力の1つ

今年の舞台は錦町公園だ!

今年の会場は錦町公園だ。昨年の勾当台公園とならび市民から親しまれている公園だ。最寄り駅は地下鉄南北線勾当台駅、広瀬通駅から徒歩3~4分、仙台駅西口からも徒歩10分とアクセスも良好だ。仙台までは東京から新幹線で約90分と日帰り遠征も可能だ。

今年の会場は錦町公園。昨年の勾当台公園ではないので、ご注意を!(写真は昨年のものです)

今年の会場は錦町公園。昨年の勾当台公園ではないので、ご注意を!(写真は昨年のものです)

今年も仙台が熱くなること間違いなしの2日間。9/3(土)&4(日)は仙台で乾杯だ!

◆第2回仙台クラフトビールフェスティバル

日時:2016年9月3日(土)・4日(日) 11:00~20:00

会場:錦町公園

アクセス:JR仙台駅西口徒歩10分、地下鉄南北線勾当台駅(公園1または南4出口)・広瀬通駅(東2出口)徒歩3~4分

主催:仙台CBF実行委員会

問い合わせ:アンバーロンド 電話022-211-5686

第2回仙台クラフトビールフェスティバル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは1500種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。