[ビアバー]2017.2.27

ビア女の酒場放浪記(37)ウィーンの街で伝統と革新を飲み歩く

ウィーンオーストリアビア女の酒場放浪記

前回の「ザルツブルク酒場放浪記」に続き、オーストリアの首都ウィーンの酒場放浪記をお伝えしたい。
かつてはザルツブルク家のお膝元として栄華を極めた。今でも美しい建造物が多く残る。
クラシック音楽も盛んで、モーツァルトやベートーヴェン、シューベルトなど、多くの作曲家が活躍したことから「音楽の都」とも呼ばれている。

ウィーンでアルコールと言えば市内と近郊で造られるワインと、「ホイリゲ」と呼ばれるワイン専用の居酒屋が有名だ。
さりとてビールも負けてはいない。
伝統的な酒場と、クラフトビールが飲める酒場に行ってみよう。

ウィーンの伝統的なビールが飲める「Salm Bräu(サルムブロイ)」

ウィーンの南、ベルヴェーデーレ宮殿や、音楽家も多く眠る中央墓地の近くにある醸造所兼レストランが「Salm Bräu(サルムブロイ)」だ。
レストランができたのが1994年だが、ビールは1924年から造られている。

ビールに詳しい方なら、「ウインナスタイル・ラガー」を思い出す方もいらっしゃるかもしれない。
ウィーン麦芽で造られていたビールで、ミュンヘンで飲まれるオクトーバーフェストビール(メルツェン)のもとになったビールだが、ピルスナーに淘汰されウィーンでは造られなくなってしまった歴史を持つ。
オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟マクシミリアンがメキシコ皇帝に就いたとき、ウインナスタイル・ラガーも海を渡りメキシコで細々と造られてきた。

クラフトビールや伝統的なビールが見直されている今、ウインナスタイル・ラガーもウィーンで造られるようになった。
このお店では、MÄRZEN(メルツェン)としてメニューに載っている。

友情が生んだメルツェンについては、こちら

ビールはピルスナー、ヘレス、ヴァイツェン、ボヘミアンダークラガー、そしてメルツェンが定番。
注文したヴァイツェンはオレンジのようなジューシーな甘さ。


注文すべき料理はスペアリブだ。(手前)このボリュームで1人前。
やわらかい肉と甘辛いソースはビールとの相性が抜群であっという間に食べきってしまった。
ウィーナー・シュニッツェル(奥)は、ウィーン風子牛のヒレ肉。

ワイルドに肉に食らいつき、ビールを飲み干す。
豪快に飲み食いできる庶民的なレストランだった。

Salm Bräu
住所:Rennweg 8, Vienna
営業時間: 11:00~24:00
http://www.salmbraeu.com

国立歌劇場の近くには、 「Stadtbrauerei Schwarzenberg」がある。
こちらもレストラン内で造ったビールを飲ませてくれる。市内観光の休憩も兼ねて立ち寄るに良いロケーションだ。

ウィーンで世界中のビールを堪能できる「Mel’s Craft Beer(メルズクラフトビア)」

流行に敏感なウィーンっ子に注目されている革新的なビールを置くダイナーといえば、こちらの「Mel’s Craft Beer(メルズクラフトビア)」


カウンターにずらりと並ぶタップの数は28種類! この日はオーストリアのビールは9種類。
250mlが2.9ユーロ(345円)、400mlが3.8ユーロ(452円)の均一料金で、値段の安さも魅力だ。
少しずつ色々なビールが飲めるのが嬉しい。
(2017年2月23日現在のレート、1ユーロ≒119円で計算)


分厚いメニュー表をめくり、ボトルビール数を数えたところ、その数なんと292種類!!
ボトルサイダーは12種類。
オーストリアのクラフトビールを始め、イタリア、デンマーク、ドイツ、英国、アメリカなどなど、様々な国のビールを扱っている。
日本からは常陸野ネストビール3種類がメニューに載っていた。

バーマンの話によると、期間限定品などまだ多くのビールがあるのだがメニューに載せきれないとのこと。


フ―ドは、ハンバーガー(10.5ユーロ~)をお勧めされた。
手作りのパテはオーストリア産の牛を100%使用し、焼き加減は中心部に赤味が残るミディアムレア。
噛みしめるほどに肉の旨みが染み出す。


チーズとミートパレット(12.5ユーロ)

たまたま隣に座ったオーストリア人のビール好きカップルに勧められるまま、オーストリアのビールを飲み進めた。

2015年現在、オーストリアには人口862万人に対し214醸造所があり、うち年間1,000キロリットル以下の小規模醸造所114 箇所だ。
日本は1億2680万人で、255醸造所であることを考えれば、まだまだオーストリアには敵わない。
「日本のビールの歴史はまだ短いけどいつかは追いつきたいな。でもオーストリア人はなんでこんなにアルコールに強いんだ」酩酊にむかっていく頭でそんなことを考えながら、古都ウィーンの夜は更けていった。

次回は日本で味わえるオーストリアビールと旬のシュパーゲル(白アスパラガス)をお伝えしたい。

Mel’s Craft Beer
住所:Wipplingerstraße 9, Vienna
営業時間:17:00~翌4:00
Facebook
https://paddysco.at/mels-craft-beers-diner/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。