[新商品情報]2017.12.16

京都与謝野産ホップ100%使用! 【「京都 YOSANO IPA」 SPRING VALLEY BREWERY京都にて数量限定で発売中】

SPRING VALLEY BREWERY京都三浦太浩氏京都 YOSANO IPA

9月にオープンした「SPRING VALLEY BREWERY京都(以下、SVB京都)」が初のIPAを12月15日(金)より発売しています。その名も「京都 YOSANO IPA」です。

今回、使用しているホップは、ヘッドブリュワーである三浦太浩氏により地元、与謝野町(※1)で栽培された通称「4C」と呼ばれる「Cascade(カスケード)」「Chinook(チヌーク)」「Columbus(コロンバス)」「Centennial(センテニアル)」を使っています。これらは青々しく柑橘のような華やかな香りをもたらしてくれます。

製法は個性を最大限引き出す「ディップホップ」(※2)を採用し、「上品で心地よい苦味」に仕上げています。

※1 2015年よりホップ栽培を開始。西日本におけるホップ産地としての期待が高まっている

※2 通常、ホップは仕込み段階で使用。この製法では、ひと手間をかけたホップを発酵の段階でも漬け込む【KRIN HPより】

以下、商品概要です。

商品名:京都 YOSANO IPA

原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、糖類(乳糖)、米麹

発売日:2017年12月15日(金)

アルコール分:7.0%

ブリュワー:三浦 太浩

提供場所:SPRING VALLEY BREWERY京都(京都府中京区富小路通錦小路上る高宮町587-2)

製造場所:SPRING VALLEY BREWERY京都

【写真提供:SVB】

近郊にお住まいの方はもちろん、年末年始で京都に旅行に行かれる方は国産ホップ100%のビールを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは2000種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」「うちの逸品いかがですか?」「Beerに惹かれたものたち」「ビール誕生秘話」「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

【メディア出演】
テレビ朝日「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。