[コラム]2018.3.25

早春の信州に集うクラフトビール…スノーモンキービアライブ

SNOW MONKEY BEER LIVE 2018イベントクラフトビールスノーモンキービアライブ2018信州志賀高原志賀高原総合会館98ホール

この数日、春の陽気が続いていたが、今日は一変して冬へ逆戻りの寒さ。
それでも空には青空が広がっている。


今日(3月17日)は、山ノ内町の志賀高原で行われる、”Snow Monkey Beer Live”(以下SMBL)を楽しむために、JR小海線、北陸新幹線と、長野電鉄のA特急スノーモンキーを乗り継いで湯田中までやってきた。
長野電鉄湯田中駅は、湯田中渋温泉郷や、温泉に入る野生の猿で知られている地獄谷野猿公苑、長野オリンピックのスキー会場にもなった志賀高原などへ行くための終着駅。
温泉街らしい風情のある街並みと、レトロな駅舎は、見ただけで遠くまで来た感じがする。

湯田中駅

湯田中駅からシャトルバスに揺られて30分。会場の志賀高原総合会館98ホールがある。
周辺のスキー場には、まだまだ多くの雪が残っていて、スキーやスノボードをする人も、麓から上がって来ていた。
会場に到着すると、既に多くの人が入場の列に並んでいて、ぞくぞくと会場内に人の波が流れている。

SMBLのシンボルフラッグ

SMBLは、今年で7年目。
ビールと音楽を楽しめるイベントで、今年は、3月16日(第一部)、17日(第二部、第三部)の2日間で、昼夜合わせて3回のライブが行われた。
それぞれ出演するバンドが違い、目当てのバンドが出演する回に合わせて、やって来る人もいるようだ。
第一部と第三部は、終了時間が22:30と遅い時間になるため、会場周辺のホテルや麓の温泉街に宿泊し、余韻を感じつつ、宿でのんびりすることが出来る。
このイベントのために休みを取って、三部全ての回に参加し、SMBLと温泉を満喫するという人や、スノースポーツも合わせて楽しむ人もいて、楽しみ方にバリエーションがあって、とても欲張りなイベントだと感じた。
私が参加したのは、第二部(11:30~16:30)のみ。
この回だと日帰りが可能なため、翌日に予定がある身としては、これでも十分に楽しめた。
それぞれの予定に合わせて参加する回を選べるのはとても助かる。

今年のビールは、17のブルワリーに加え2つのゲストブルワリーが、国内外から参加。
各ブルワリーの定番のビールや、個性あふれるスタイルのビール、SMBLのためだけに造り込まれたスペシャルビールが揃い、計211種類のビールが並んだ。
詳細なビールリストは公式サイトを参照していただきたい。
http://snowmonkey.jp/info/2018/03/14/1573/

また、ライブは13組のバンドが出演し、飲むビールにもうひと味を加えていた。
バンドのプレイヤーズリストはここちらを… http://snowmonkey.jp/sounds/

会場に入り、各ブルワリーを巡っていて、並んでいるビールを見ていて気が付いたのは、春近し!からなのか、フルーツビールやいろいろなフレーバーを使ったビールが多く、見ているだけで華やいだ気分になる。
また、参加しているブルワリー同士ののコラボビールも目について、このイベントじゃないと飲めないと思うと、飲むビールを選ぶのに悩み、最初に飲もうとしていたビールは、口をつけることが出来ず、終演の時間になってしまった。

結果的に私が口できたビールは、7種類8杯で、以下の通りである。

 

ヤッホーブルーイングのIPA2018とHOPPY SOUR IPA

IPAは、柑橘系の香りがしっかり主張している、まさにIPAでした。HOPPY SOUR IPAは、心地よい酸味が効いていて、飲みやすかったです。

   

箕面ビールのコーヒーペールエール。コーヒーの香りとほんのりと甘い口当たりのビールを味わえました。


南信州ビールのアップルホップと、箕面ビールの桃ヴァイツェンのコラボビール “フルーツパーラー”。少し甘めで、フルーティーなビールでした。

   
麦雑穀工房の”彩 IRODORI Sason”。 100%小川町産の原材料を使用しているセゾンタイプのビールは、とても華やかでした。


サンクトガーレン さくら(春限定さくらもち風味)。さくらが咲くこの時期に味わいたい1杯。長野県の伊那市高遠の桜を使ったビールです。

志賀高原ビール 1t IPA(コーヒーIPA コーヒー豆を使用。)コーヒーの味わいがしっかり感じられたビールでした。使用しているコーヒーを、ロビーの飲食のブースで飲めました。ビールの口直しにちょうど良かった。

ライブ演奏中だと、ブルワリーの方に話を伺うのに声が通らず、タイミングを見計らっての短時間での話で、細かな話は出来ずに、ただただ、タップに繋がっているビールを見て回るだけでになってしまった。

それでも、ステージから離れたロビーや2階席では、演奏している音が小さく、仲間同士でビールと会話を楽しんでいた。

ゆっくりと飲んでいた人と話が出来たので、SMBLについて、いくつかコメントを載せておこう。

茨城県のつくば市から来た男女二人組は、
「近くのビアパブでチラシを見て、志賀高原ビールのファンなので来ました。志賀高原は、新幹線を使えばそれほど遠く感じません。ニューイングランドIPAが好きで普段はよく飲んでいます。気になるビールは、ヤッホーブルーイングのよなよなのリアルエール。」…男性
「クラフトビールは、お店で飲んだのがきっかけで、小麦を使ったビールが飲みやすく好きです。南信州ビールのフルーツパーラー(箕面ビールとのコラボビール)が、気になっていて…開栓まで時間があるので、他のビールも飲んでみたい。」…女性

横浜から来た男性は、
「ヨロッコビールが参加すると聴いて、横浜から来ました。ヨロッコビールは、地元と近いのでもともと知っていて…。気になるのは、麦雑穀工房のビール、飲んだことないので、飲んで帰りたいと思う。」

話を聞いたお客さんは、関東圏からの人が多く、好みのビール、目当てのビールがそれぞれあって、それを味わうために楽しみにして来ていることを、話をしていて感じた。
それだけ、このSMBLは、多くのビールが集まり、ビール好きにって魅力のあるイベントになってることを、初めて足を運んで知ることが出来た。

 

同じ信州の中でも、住んでる地域からは遠いと思っていた志賀高原でも、上手く交通機関を乗り継いで来れば、十分に楽しめて帰れる。
長野県より交通機関が何倍も発達してる関東圏ならなおさらで、意外と近く、でも、小旅行としても楽しめる地域だと感じた。
志賀高原でのSMBLは、立地的、内容的にファンを魅了するイベントであると思った。

SMBLが気になった方は、来年はぜひ、ご自分でこの雰囲気を感じてもらいたいと思う。

私自身も、SMBLが来年はどの様に進化して、どの様なビールに出会うことが出来るのか、楽しみにしている。

温泉での宿泊や時間の使い方も考え、来年は早い時期に計画を立てることにしよう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

飯島 功士

この記事を書いたひと

飯島 功士

ビアジャーナリスト/ベルギービールアドバイザー

飯島功士(いいじま こうじ)
1968年1月生まれ
長野県小海町在住(埼玉県草加市出身)
介護福祉士(障がい者支援施設勤務)

1996年 田舎暮らしを実現するために、自然豊かな長野県佐久市に移住。現在は、自然しかない八ヶ岳の麓、小海町で都会の喧騒を忘れて悠々と生活中?
" 美味しいビールと美味しい食事は、豊かで愉しい生活の糧になる"をモットーに、国産ホップ"信州早生"のように、信州八ヶ岳山麓から全国へ、ビールの情報を発信していくのが目標。

八ヶ岳や周辺の風景や空に浮かぶ雲など、信州の豊かな自然の表情を写している、超初級者カメラマンでもあります。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。