[イベント,ブルワー]2019.2.24

ろまんちっく村クラフトブルワリー ビール麦栽培の取り組みを追う その2【ビール麦踏み編】

ろまんちっく村クラフトブルワリー麦踏み

2018年10月28日(日)に「ろまんちっく村クラフトブルワリー(以下、ろまんちっく村)」が開催した「ビール麦の種まき」。イベント自体は、数日前の雨により中止になってしまったが、そのあと種まきはブルワーたちにより無事に行われました。

★ろまんちっく村クラフトブルワリー ビール麦栽培の取り組みを追う その1【ビール麦の種まき編】はこちらから(https://www.jbja.jp/archives/23171

それから3ヶ月が経過。2019年2月3日(日)に麦の生育に欠かせない作業を行うというので再び「ろまんちっく村」へ足を運ぶことにしました。

麦の生育を良くするために踏む

麦の栽培では、種まきから1ヶ月が経過した頃から「麦踏み」を行います。今シーズンはこれが初めてではなく、ブルワーさんたちがすでに何回か行っていて、収穫までに4~5回します。麦踏みはしなくてはいけない作業ではありませんが、実施した方が麦の生育が良くなります。

種まきから約3ヶ月。まだ丈は短いが、順調に成長している。

主な効果はこのような感じです。

1.麦が倒れるのを防ぐ

2.分蘗(ぶんけつ ※1)がよくなる。

3.根の張りが良くなる

4.霜柱が立つ地域では、根を痛めることを防ぐ

5.生育を揃える

※1根元付近から新芽が伸びて株分かれする事。

地味で単調な作業も美味しいビールのためだと思うと頑張れる

この日は、「寒い冬しかできないビールな体験2019冬」と題して種まきのときと同様にビールファンとともに麦踏みを行いました。当日は15名ほどが参加。なかには親子で参加される方もいらっしゃいました。

麦踏みについて説明する嶋田ブルワー。

麦踏みは、そのまま踏んでも問題ないのですが、ここでは紐を付けた木の板を使って踏んでいきます。

板を使っての踏み方を指導する嶋田ブルワー。前足に体重を乗せて踏んでいく。

作業工程は麦の上に置いて、体重をかけて踏む。そして、次の麦の上において踏む。これを1つ1つ進みながら行います。強いていえば、体重がかかり過ぎると潰れて生育が悪くなってしまいますし、逆にしっかり踏まないと麦踏みの効果が得られないと加減が難しそうです。初めての体験ですので、まずはやってみます。

笑顔で麦踏みをする神山タクロウビアジャーナリスト。初体験の麦踏みを楽しんでおりました。

作業自体は外から見ているととても地味な光景です。しかし、1つ1つに体重をかけて踏んでいくので、踏み込む側の足の筋肉が痛くなってきます。これは良い運動になります。疲れますが、「美味しいビールのため」と思うと頑張れました。

麦踏み後の麦。暖かくなってくると一気に伸びてくる。収穫は梅雨前の6月初旬を予定。

自家製麦芽を使ったビールを考える

大勢でおこなったので麦踏みは順調に終了。終了後は場所を移動し、参加者全員で製麦の現場を見学しました。クラフトブルワリーで製麦の設備を所有しているところはほとんどなく、栽培から製麦まで自分たちで行っている「ろまんちっく村」はとても珍しく、貴重な取り組みをしているブルワリーといえます。

製麦設備。

ここでは特注の機械を使い、9日間かけて大麦を水に浸して発芽させます。ある程度発芽したら次に温風を当て乾燥させて根を取り除きます。この工程を機械1つで行います。

製麦の様子。

現在、製麦しているビール麦は、昨年収穫したもの。この麦芽を使って、オリジナルビールをつくっています。昨年は、「スモークラガー」をつくり、今年1月に開催された「ふるさと祭り東京2019」でお披露目されました。

現在、製麦している麦芽は、7月に開催予定の「栃木クラフトビアフェスタ2019」で販売するビールの原料になります。製麦現場を見学後に「どんなビールをつくったらいいか?」をみんなで考える場が設けられました。

まずは、ビールについてのお勉強。つくり方やビアスタイルについて説明を受けます。

ビールのつくり方について説明する児玉ブルワー。

そのあと、8種類の異なるビアスタイルをテイスティング。Aのビールを基準に各自、香りや苦味、ボディなどの強さを確認していきます。

ビアスタイルの説明とテイスティングシート。丁寧に説明してくれるので、ビールのことを知らない人でも安心して参加できる。

「栃木クラフトビアフェスタ」は、今年で10周年。どんなビールがいいか意見を出し合います。

真剣にテイスティングをする日本ビアジャーナリスト協会事務局のふじいさん。

「普段、あまり飲まない人でも飲みやすいビール」「栃木色を出すために地元のフルーツを使ったビール」「10周年なので、華やかなビール」「15周年のときに比較して飲めるエイジングビール」といろいろな意見が飛び出しました。

今後はこのアイデアを踏まえて、ブルワーさんたちがまとめたビールが7月にお披露目になります。どんなビールなのか今年の夏が待ち遠しくなりました。

栽培の様子を体験できるだけではなく、自分たちが関わったビール麦を使ったビールのアイデアまで考えられることでより愛着が湧きます。つくり手(この場合は栽培者も含む)との距離が近く、コミュニケーションがとれるのがクラフトビールの楽しくて面白いところです。ホップでは収穫体験をされているところが全国各地にありますので、原料に関心のある方は参加してみるといいと思います。

「ろまんちっく村」のビール麦栽培の様子はこの後も追っていきたいと思います。

◆ろまんちっく村クラフトブルワリー Data

住所:〒321-2118 栃木県宇都宮市新里町丙254

電話:028-665-8800

FAX:028-665-8678

Homepage:http://www.romanticmura.com/brewery/

Facebook:https://www.facebook.com/Romanticvillage.craft.brewery/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは2000種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」「うちの逸品いかがですか?」「Beerに惹かれたものたち」「ビール誕生秘話」「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

【メディア出演】
<TV>
●テレビ朝日「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」
<雑誌>
●週刊プレイボーイ ●DIME
<Web>
●SUUMOジャーナル(https://suumo.jp/journal/2019/08/29/166678/)

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。