[イベント]2019.2.25

カタチに囚われないビールの可能性~「ビールヨガ」をやってみた

ビールヨガ下堂園茶舗麦酒鹿児島

鹿児島にあるお茶屋さん「下堂園」が、ビールヨガ教室を開催したので体験してきました。

下堂園は2018年から自社のお茶を使ったクラフトビールブランド「茶舗麦酒(ちゃほばくしゅ)」を展開。
「カタチに囚われないお茶の可能性を伝えたい」と、お茶の風味が豊かなビールを発信しています。

今回のビールヨガもその活動のひとつ。
ビール担当の直みゆきさんが、ワークショップでヨガインストラクターをしている上村ゆいさんに出会ったことで、ビールとヨガのコラボレーションが生まれました。

ヨガインストラクター、農業女子、美容部員、様々な顔を持つ上村さん。4月からは古民家を拠点に、カタチに囚われない生活を発信していく予定

ビールヨガでは、ビールを飲みながらヨガのポーズをとります。
ビールにもヨガにも、パワーを得たり、心身をリラックスさせたりする効果があることは広く知られていますね。
ふたつを同時に行うことによって相乗効果を得ることができる…いわばビールとヨガのマリアージュ。
海外のウェブサイトやインスタグラムでの投稿も増えているので、見たことがある方もいらっしゃるのでは?

ボトルを手にウォーリア2のポーズで乾杯。
初対面の人同士でも、「乾杯」と共に笑みがこぼれてしまうのはビールがもたらす効果ですね

2015年にドイツのベルリンでふたりのビール&ヨガ好きの若者が始めたというビールヨガ。
まだ歴史が浅いため自由度が高いのも特徴です。
カタチに囚われず、参加者みんなで「このポーズのまま乾杯してはどうだろう?」と意見を出し合えるのもオモシロイ。

ボトルを手に持ったポーズは、手に負荷がかかります。
さらに、ボトルは真っすぐに立てないとこぼれてしまうので、指先にまで神経を使う必要があります。

ビールが好きで、20歳以上ならば誰でも参加できます。真面目にやってもこの笑顔

60分間の教室でしたが、終わる頃には心も体もポカポカ。
初心者から上級者まで無理なく楽しめ、想像以上のリラックス効果が得られました。

海外のウェブ動画やインスタグラムでの投稿が急上昇中のビールヨガ。
流行の兆しアリです。

あなたの好きなコトとビールをマリアージュさせて、カタチに囚われないビールを楽しんでみませんか?

飲んだビールは写真中央の「知覧茶麦酒」。南九州産の「ゆたかみどり」の深蒸し緑茶を使用したペールエールで、フルーティーな香りとお茶の程よい苦さが感じられます。美しい空ボトルはランプとして活用するのも「カタチに囚われないビールの楽しみ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。