[イベント,テイスティング,ビアバー,ブルワー]2019.3.23

リトルクリーチャーズのブルワーに会えるイベントに参加してきた

アイコン・ユーロパブオーストラリアビアパブフリーマントルブルワーペールエールリトルクリーチャーズ輸入ビール

2月26日 オーストラリアを代表するクラフトブルワリー「リトルクリーチャーズ」のイベント「Meet The Brewer」が都内て開催された。

リトルクリーチャーズのブルワーと交流イベント

リトルクリーチャーズ のブルワーと交流イベント

リトルクリーチャーズは、1990年代後半に西オーストラリアのフリーマントルで創立されたブルワリーである。オーストラリアのクラフトビール黎明期から注目を集め、今もなお影響力を持つブルワリーである。先日、筆者はオーストラリアの代表的なブルワリー2社を訪問する機会があり、どちらの創業者も話の中でリトルクリーチャーズの名前を挙げていた。その1つ「Bridge Road Brewers」(紹介記事)が創立された2004年頃は、オーストラリアのクラフトビールといえばリトルクリーチャーズくらいしかなかったそうだ。また、「Two Birds Brewing」(紹介記事)の創業者 Jayneさんに至っては、リトルクリーチャーズでブルワーとしてキャリアを始めたとのことだ。

ビアグラスとコースター

リトルクリーチャーズのビアグラスとコースター

日本には2018年の6月に上陸し、ビールの輸入代理店、アイコン・ユーロパブ社の協力で看板銘柄の「ペールエール」と「ドッグデイズ」が導入されている(上陸イベントの取材記事)。

今回のイベントはリトルクリーチャーズの現役ブルワー Jum Ryan氏の来日に合わせて企画され、普段は会う機会の少ないブルワーと一緒に、リトルクリーチャーズの魅力とビールを存分に味わうことを目的としている。

リトルクリーチャーズのブルワー

リトルクリーチャーズのブルワー Jum Ryan氏

イベント会場は、2018年12月にオープンした話題のIBREW秋葉原だ。壁一面に備えられた47個のタップハンドルは圧巻で、種類に関わらず一律価格設定(料金はパイントまたはハーフパイントの2種類)はIBREWを手掛けた島田将吾氏(株式会社REMの代表)の「もっとクラフトビールを身近に感じてもらいたい」というこだわりである。

IBREW秋葉原 47都道府県にちなんだ47個のタップハンドル

IBREW秋葉原 47都道府県にちなんだ47個のタップハンドル

イベントを目的に集まったクラフトビールの愛好家、関係者、常連客が、IBREWのタップにつながれたリトルクリーチャーズのビールを片手にJum氏と交流をするという構図だ。

イベント時の店内の様子

イベント時の店内の様子

左からCraft Beer Companyの染谷さん、木水さん、ベアードブルーイングの小林さん、Jum氏

左からCraft Beer Companyの染谷さんと木水さん、ベアードブルーイングの小林さん、Jum氏

時間の確保が難しい中、Jum氏は交流の合間に短いインタビューに応じてくれた。

筆者:ブルワーになったきっかけを教えてください
Jum Ryan氏;
ブルワーになったのは、ちょっとしたアクシデントでした(笑)。元々は学校で音楽の先生をしていましたが、実際やってみてあまり向いていないことに気づきました。一度大学に戻ることを決心し、様々なコース中からビール醸造のコースを選びました。
当時、私の母は、そのコースじゃ仕事が見つからないと言い続けていましたが、コース終了後に、幸運にも大好きなリトルクリーチャーズでの仕事が決まりました。すぐさま母に「Hey Mom、I got a job!」と言いました(笑) 。子供の頃の夢が叶ったかのような気分で嬉しかったです。

リトルクリーチャーズのペールエール

リトルクリーチャーズのペールエール

筆者:リトルクリーチャーズのペールエールはどのようにして生まれたのですか?
Jum Ryan氏;
1990年代後半、創業メンバーがアメリカで何か新しいビジネスを始めるか、または、オーストラリアに新しいビジネスを持ち込むかを考えていた時に、アメリカで飲んだペールエールがあまりにも素晴らしかったため、これをオーストラリアで再現したいということが、リトルクリーチャーズ のコンセプトの始まりです。様々な材料をアメリカから輸入し、試行錯誤を繰り返したのちにリトルクリーチャーズ のペールエールが生まれました。特に、ホップは、フレッシュなリーフホップを輸入していますが、これは現在も引き続き継続しています。創業者がこだわったペールエールは、今でもオーストラリアのクラフトビール界では大きな存在だと思います。

ここでインタビューは終えることになったが、引き続き、写真撮影に応じるなどイベント参加者とJum氏の交流は続いた。

Jum氏とリトルクリーチャーズで乾杯

Jum氏とリトルクリーチャーズで乾杯。写真左はIBREWの仕掛人、島田氏

今回のイベントに参加し、様々な関係者やビール愛好家から貴重なお話しを伺うことができた。またこのような機会があれば参加させていただきたいと思う。

現時点、オーストラリアといえば、ギャラクシーホップやVICシークレットといった世界的人気のHOPの産地としては有名だが、オージークラフトビールを日本で目にする機会は、残念ながら稀れである。そんな中、リトルクリーチャーズのようなオーストラリアを代表するクラフトビールが日本で楽しめるのは非常に価値があると思う。オーストラリアで支持され続けるクラフトビールを是非おすすめしたい。

<店舗情報>

クラフトビアバル IBREW 秋葉原
住所:〒101-0025 東京都 千代田区 神田佐久間町3-38 大陽ビル1F
電話:03-5825-4520
営業時間:
13:00〜23:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

モリイクオ (ikuo mori)

この記事を書いたひと

モリイクオ (ikuo mori)

ビアジャーナリスト / Beer journalist

大阪市出身。世田谷区在住。ビアジャーナリスト。
学生時代に滞在した北米やヨーロッパで初めてピルスナー以外のビールと出会う。まだ見ぬビールの世界があると思うとワクワクする。主に旅先で出会ったビールを紹介している。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。