[JBJA活動,コラム]2020.8.15

遠野のホップ畑から Vol.3

ホップホップ農家岩手県遠野市遠野のホップ畑から

ビール造りに欠かすことができない原材料のホップ。岩手県遠野市は一大生産地として、半世紀以上の時間をホップと共に歩んできた地域です。遠野のホップ畑は市街地の近郊にあり、市の中心部から車で10~15分程走ると、住宅や田んぼに交じり高さ5mの支柱が規則正しく並んだ風景に出会います。6月~8月にかけて蔓の成長と共に少しづつ緑色が増えていき、辺り一帯がグリーンカーテンとなる姿は圧巻。

そしていよいよ8下旬からはいよいよ収穫が始まります。

第3回目は糸付け作業についてご紹介します。

糸付けは、ホップの蔓が絡みつくための糸を結び付ける工程です。作業は収穫終了後もしくは春先に行われ、均一にカットされたプラスチック製の糸を数十本一束にまとめ、一定の間隔でワイヤーに結びつけていきます。糸の色はいくつかあるバリエーションの中から、農家さん自身が選んで決定します。(※圃場によっては予め指定された糸を使用します)一度に沢山の糸を扱う中で、途中で抜け落ちたり、絡ませることなくスムーズに作業を進められるかが腕の見せどころ。特に糸の間隔は重要で、畝の中が同じ間隔になるよう慎重に作業していきます。糸付けが完了したワイヤーは鉄パイプで持ち上げて、手作業で支柱の上部に固定していきます。最後に糸を支柱の下段にあるワイヤーに結んで完了となります。

糸の色は圃場内での見え方などを考えて選ばれます。

大量の糸を肩に掛けての作業は、糸の重さと長さがあいまって中々の重作業です。

糸の間隔が一定になるように、ずれ難い結び方を駆使して1本づつ丁寧に仕上げていきます。

作業が進むと、これまで茶色がメインだった圃場にオレンジ色が映えます。

糸が付いたワイヤーを支柱の上部へ固定していきます。

 

ワイヤーを固定する際は、上をを見上げながら鉄パイプを持ち上げての作業が続きます。そのため終了後には首、肩、腰のメンテナンスが欠かせません。

最後はワイヤーに弛みが出ないよう、人力で引っ張って固定します。

糸を支柱下段のワイヤーに結んで作業は完了です。ある程度のスピードも求められる中で、正確に作業を進める まさに1本1本が真剣勝負です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

神泡 タクロウ

この記事を書いたひと

神泡 タクロウ

ビアジャーナリスト/ビアテイスター

ビールと東京ヴェルディに魅了されつづけるビアツーリスト。【Japan Craft Beer Museum】の実現に向けて、2020年は岩手県遠野市でホップ&ビールについて学んでいます。「日本のクラフトビール文化は面白い」を追求して、現地で体験した魅力を発信していきます。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。