[JBJA活動,コラム]2020.8.16

遠野のホップ畑から Vol.4

ホップホップ農家岩手県遠野市遠野のホップ畑から

ビール造りに欠かすことができない原材料のホップ。岩手県遠野市は一大生産地として、半世紀以上の時間をホップと共に歩んできた地域です。遠野のホップ畑は市街地の近郊にあり、市の中心部から車で10~15分程走ると、住宅や田んぼに交じり高さ5mの支柱が規則正しく並んだ風景に出会います。6月から~8月にかけて蔓の成長と共に少しづつ緑色が増えていき、最終的に辺り一帯がグリーンカーテンとなる姿は圧巻。

 

そして8月下旬からはいよいよ収穫が始まります。

 

4回目は作業する際の服装について紹介します。標準な服装は長袖長ズボン、帽子とグローブに長靴です。日々の活動は、屋外で農器具などを使用しての作業がメインとなりますので、体を守る意味でも肌を晒さない服装を心がけます。遠野市は朝晩の寒暖差が大きい土地柄のため、温度や天候によってその都度、防寒着と雨具を小まめに使い分けます。中には、農家さん自らがデザインしてオリジナルな作業着を作ることも。そして、春先から梅雨前にかけての株に関連する工程では【屈んで、膝をついて、立ち上がって】をひたすらに繰り返して進むため、膝や脛のプロテクターを活用して足腰をケアする農家さんの姿も見受けられます。

また、日常として広大な敷地の中を1人で作業する機会が続くため、孤独との戦いになります。そんな環境下で活躍するのが音楽の存在。作業中は腰に下げた携帯ラジオ、ワイヤレススピーカーから、お気に入りの番組や音楽を流して、気分転換を図りながら進める姿が見受けられます。シーズンが始まると、基本的に連日作業が続いていく中で、体調管理の面から服装や装備品はとても大切な要素だと感じます。

撮影協力:左 草刈 朝陽さん(ホップ農家)・大木 直都さん(遠野醸造インターン生)・中村 友隆さん(ホップ農家)・菅原 尚人さん(遠野醸造インターン生)

 

農家さん自らがデザインしたホップのイラストが映える作業着。

株周りの作業は屈んで、立ち上がってが続くため、足腰のケアが欠かせません。

 

作業中は腰から下げたスピーカーから、お気に入りの音楽を流して、気分転換をしながらすすめることも。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

神泡 タクロウ

この記事を書いたひと

神泡 タクロウ

ビアジャーナリスト/ビアテイスター

ビールと東京ヴェルディに魅了されつづけるビアツーリスト。【Japan Craft Beer Museum】の実現に向けて、2020年は岩手県遠野市でホップ&ビールについて学んでいます。「日本のクラフトビール文化は面白い」を追求して、現地で体験した魅力を発信していきます。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。