[新商品情報]2020.8.18

京都与謝野から届いたホップの爆弾!「Hop-Up Beerハレバレゴールデン」販売開始!!

ハレバレゴールデンフレッシュホップホップアップビール与謝野ハレバレゴールデンビール京都与謝野ホップ生産者組合

京都府与謝野町から“ホップの爆弾”が届きました。
ホップをギュギュっと詰め込んだような香りと苦みのビールで、IPA好きなら一度飲んだらまたすぐに飲みたくなってしまう中毒性ありです。私はもうハマってしまいました。
そのビールは京都与謝野酒造の「Hop-Up Beerハレバレゴールデンです。

Hop-Up Beerハレバレゴールデン


グラス注いだ途端、部屋中に広がる若草のような瑞々しい香り。
口に入れるとホップの香りと苦みが爆発し、鼻腔を駆け抜けていきます。
蔓から摘み取ったばかりのホップをそのまま口の中に放り込んだかのような強烈なインパクトは、まさに“ホップの爆弾”です。
余韻にオレンジの皮を齧ったかのようなフルーティーさを感じつつも、ドライな印象。
またすぐに次の一口が欲しくなってしまいます。

これまでのビールの概念を覆すかのようなフレッシュなホップ感は、摘んだその日に真空パックしてマイナス25℃で冷凍保存することで生まれるのだとか。
この1缶に約11個分の与謝野ホップ毬花が入っているそうですよ。贅沢ですね!

ビールに使われるのは、ホップの「毬花」(きゅうか)という花のようなこの部分


ビールに爽やかな香りと苦みを与えるホップは、「ビールの魂」と呼ばれるほど大切な原材料。
これまでビール造りには外国産の乾燥圧縮されたホップが主に使われていましたが、日本独自のビール文化を築こうと国内の各地でもホップの栽培が始まっています。

京都府にある与謝野町でも2015年からホップの栽培がスタート。
現在では年間2トン近いホップが収穫される、国産ホップの新名産地です。

今年も立派なホップが採れました!ビアジャーナリスト協会代表で、2015年から与謝野でホップをつくる藤原ヒロユキ氏(左)と、与謝野ホップ生産者組合組合長の山本雅己氏(右)


摘みたてのホップは香り豊かで幸せな気分になります。
与謝野町ではホップの収穫体験などを通し、摘みたて生のホップの魅力を伝えてきました。
さらにこの摘みたての香りを多くの人に伝えるべく、今年「京都与謝野酒造合同会社」が設立され、常陸野ネストビールに醸造を委託しビールを販売することになりました。

その第一弾が「Hop-Up Beerハレバレゴールデン」なのです。

「フレッシュホップビールってどんなビール?」という方に、「これぞフレッシュホップビールだよっ!」とお勧めしたいビールです。

京都与謝野酒造の詳細とオンラインストアはこちらから

【Hop-Up Beerハレバレゴールデン】
スタイル:フレッシュホップ・ヘイジーゴールデンIPA
原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ(与謝野町産 コロンバス、ナゲット、マグナム)
内容量:350ml
アルコール度数:5%
IBU:50
WEBサイト:https://yosanobeer.jp/

☆ホップと畑の写真は与謝野ホップ生産者組合様からご提供いただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。看護師を経て、旅するビアジャーナリストに転身。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ドイツビールに惚れこみ1年半ドイツで生活したことも。

■執筆歴■
-東海教育研究所かもめの本棚onlineにて「旅においしいビールあり」連載中
-海外生活情報誌ドイツニュースダイジェストで「旅ールのススメ」連載中
ビール小話 (ドイツニュースダイジェスト)2009~16年連載
-ビール王国(ワイン王国)
-ビールの図鑑・クラフトビールの図鑑(マイナビ)
-an・an(マガジンハウス)
-CanCam(小学館)
-東京人(都市出版)
-るるぶキッチンmagazine 秋冬号(JTBパブリッシング)
など
■出演歴■
-食べて!歌って!まるごとユーロ!ドイツ語(NHKラジオ第2)
-トークイントーク(フレンズFM)
-売れ筋RANKING~クラフトビール(KTSライブニュース)
など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。