[イベント]2021.6.15

横浜散歩 YOKOHAMA CRAFT BEER TOUR開催!

第32回オリンピック競技大会 東京大会の競技開始まで一か月を切りました!
オリンピック・パラリンピック・ゲームスには色々なお考えがあるかと存じますが、
誰に聞いても「それは素晴らしい!」と言っていただけるビアイベントが開催されますよ1

YOKOHAMA CRAFT BEER TOUR決定です!
どうやら横浜の馬車道近辺にある3つブルワリーの共同開催のビアツアーらしいです。
ビアツアーって聞いただけでワクワクドキドキしませんか!僕はします。
でも、「ビアツアー?なんだそれ?」って皆様や、ちょっとでもご興味を持たれた皆様、どうやらこんな感じのようです。

“「ビール文化発祥の地・横浜」で、クラフトビールの魅力を味わい尽くす、試飲付きブルワリーツアーです。
毎回違ったテーマで開催!今回のテーマは『ラガー 』。2社のブルワリーで飲み比べができます!
両ブルワリーでの原料の違いや醸造過程の違いなども知れるチャンス!
ビアガイドによる案内付きで、初めてでも安心してご参加いただけます。
横浜ならではのツアーで、素敵な週末を過ごしませんか。“

ふむふむ、なるほどなるほど。どうやら醸造所内の見学・解説があるみたいですね。

先生!質問です!
Q.三つのブルワリーなのに、なぜ「2社」のブルワリーでの飲み比べなんですか?
A. 三つのブルワリーとは「横浜ビール(以下横ビ)」「REVO BREWING(以下レボ)」「NUMBER NINE BREWERY(以下#9)」の三つです。
今回のツアーは横ビとレボの二つのブルワリーを巡ります。
実はこのYOKOHAMA CRAFT BEER TOUR(以下ツアー)は今後複数回開催予定されています。
各回周るブルワリーの組み合わせを変更し、またテーマも変わりますので毎回その回だけのお楽しみツアーになります。(午前と午後の回は同じ内容になります)
次回はどことどこの組み合わせでしょう?楽しみですね~。

Q.なるほど、では、今回のテーマの「ラガー」ってなんですか?
A.難しいので当日のガイドにお尋ねください。ごめんなさい。

Q.ビアガイドってどんな人ですか?
A.基本的に醸造長がガイドをしてくださるそうです。醸造長から醸造所内のガイドってすごく楽しみで安心ですね。

Q,ところでいつ開催ですか?
A.2021年6月26日に午前と午後の2回のツアーが開催されます!

〇午前中の回10:50受付開始(横ビにて)~12:30解散(レボにて)

https://peatix.com/event/1918148/view?k=102ed6570095c6b1f2f28356ddec47925d2a1641&fbclid=IwAR1fnmj_bDp58koMBMd37doGD8hrC1Lf-83rYDa7tBWzSop8VqqCJQVTNMA

〇午後の回  15:20受付開始(横ビにて)~17:00解散(レボにて)

https://peatix.com/event/1918126/view?k=812b57a2e4cd99e5f2011ad859cf651a897c2c88&fbclid=IwAR3mParKMCAqXwb2jCzXeyXWxsUMe5EpYHGMOVb4MPnegqn6fOo_COqDh3w

リンクをご覧いただくと横ビ→レボはフリーウォークとわかります。歩いて10分くらいです。
王道は横ビから左に出て馬車道をそのまま海に向かってトコトコと。
馬車道の歴史的な建物や街並みを眺めながらお散歩。アイスクリーム発祥の地である馬車道ですからアイスクリームを頂くのもいいですね。
裏道としては横ビから右に出て大岡川を下り、→新市庁舎→地下鉄コンコース→万国橋通り→レボ。
新しい横浜市役所はピカピカです。また地下に入らず地上で大通りを渡るとBillboard Yokohamaも入っている最新のビルを経由することも出来ます。
レボの前の道は渡り難いのです。気が付くとレボの真ん前まで来ても渡る事が出来なくなって信号まで戻ることになります。早めにレボ側にお渡りください。
実はレボの前の道をそのまままっすぐ進むと今回は含まれていませんが、もう一軒のツアー参加ブルワリーの#9に到着します。
この素晴らしく気持ちの良い季節に横浜のお散歩コースをご堪能下さいね。
今話題のYOKOHAMA AIR CABINも近くにありますよ。

Q.なるほど、楽しそうですね。でも醸造所見学と試飲以外にもうちょっとないですか?
ずっと外飲み我慢してたんですよ、この素晴らしい季節にビールも何もかも我慢してたんですよ。花見もゴールデンウィークも、外飲みも自粛してたんですよ、仲間とビアパブで乾杯も我慢していたんです。ず~~~と!ちょっとぐらい欲しがりになってもいいじゃないですか!だってそうでしょ、そうだもの!コロナめ!コロナめ!
A.気持ちはよくわかります、落ち着いてリンクをご覧ください。
1、横浜ビールさまからお土産にボトルビールが頂けます!
2、REVO BREWINGさまからは併設ビアレストラン利用20%OFF特典があります。と書いてあるじゃないですか!
どうですか、ナイスな特典じゃないですか!これでお一人様3300円(税込み)だそうですよ!
ガイドが歌ったり、踊ったりはないと思います。が横ビではスタッフが歌ったり踊ったりする時もあるそうな。

Q.ところで「ビール文化発祥の地・横浜」とはどういう意味ですか?
A.落ち着いていただけたようですね。嬉しいです。そもそも日本で最初に商業的にビールが造られたのが横浜であります。
そして今も横浜のビール関係者は横浜が日本のクラフトビールの中心だと信じております。

そんなことはさておき、この季節の横浜はとても気持ちがいいです。
中でも特別な雰囲気のある馬車道。この3つのブルワリーを巡るツアーは今回の横ビ+レボのラガーツアーに続き、次回も開催が決まっているようです。
次回は7月3日土曜日に「違うブルワリーの組み合わせとテーマ」でご案内の予定との事。
日本のクラフトビールの中心、横浜は益々盛り上がります。
横浜ならではのツアーで、素敵な週末を過ごしませんか?

BEER++TOURYOKOHAMAYOKOHAMA CRAFT BEER TOURみなとみらいアパホテルクラフトビールハンマーヘッドビールビール散歩ロープウェイ万国橋大岡川散歩桜木町横浜横浜散歩歴史散歩赤レンガ野毛関内馬車道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

カジ

ビアジャーナリスト

1965年愛知県大府市生まれ、現在世界一小さなビアパブを運営中。
ビールデ部所属
好きなモノは冷し中華です。
冷し中華で語ると2、3時間はしゃべれます。
例えば「冷し中華の一番大切なモノはなんですか?」と聞かれれば、
「それは錦糸玉子です。」と答えます。
ラーメン屋さんにとっても、中華屋さんにとっても錦糸玉子は、
冷し中華にしか使わない材料、
そして毎日一定数を事前に作り置きしなければならない材料です。
3~4か月間、毎日錦糸玉子を作る覚悟を決めた時、
彼らは「冷し中華始めました」と店先に高らかに宣言するのです。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。