[コラム]2022.1.24

ベルギーのフルーツ等のビールを楽しもう

初めに

タイトルの「フルーツ等」とした理由は、ベルギービールはフルーツの他ハチミツやクルミ、チョコレートを入れたビールがありそれをそれらの総称としました。(以下フルーツと呼びます。)また、麦芽をローストしてできるコーヒーやチョコレートの香りや味、ホップの風味による柑橘系の香りや味のあるビールはフルーツビールに含まないこととします。イメージとしてビールカクテル風のビールとしてとらえていただければと思います。

クルミやハチミツを使用したビール

フルーツについて

ビールを作る際にフルーツは大きく分けて2つあります。1つは、そのままビールに漬け込みます。もう1つはジュースやシロップにしてビールと混ぜます。また、ビールの種類によっては、フルーツの酵素によって酵母の働きが阻害される恐れがあるため、フルーツを加熱処理をすることもあります。

基礎ビールについて

フルーツビールを作るとき、セゾンビールのようにホップを効かせているビールにフルーツを混ぜるでしょうか。また、サクランボビールを作る際に褐色系のビールを使うでしょうか。

ベルギービールでは、マイケル・ジャクソン氏の10の分類があります。その内で、フルーツビールとなる基礎ビールを紹介します。

1・ランビック・ビール

ランビック・ビールとは、培養した酵母を使用せず、空気中に浮遊している野生酵母や微生物を利用して自然発酵させた伝統的ベルギービールです。強い酸味と独特の香りが特徴です。

2・ホワイト・ビール

ホワイト・ビールとは、大麦に加えて、小麦(または小麦麦芽)を大量に使用して造られるビールです。色は霞がかった薄黄色で、泡持ちがよく、さわやかな香りと酸味が特徴です。

3・ゴールデン・ビール

ゴールデン・ビールとは、名前のとおり、日本のビールのように淡く美しい金色で、アルコール度数が高くコクはあるが口当たりはまろやかです。

4・レッド・ビール

レッド・ビールとは、ベルギー西部の西フランデレン地方で造られます。深い赤色は、麦芽として普通の大麦の代わりに赤大麦を使用するためです。さわやかな酸味を持ったビールで発酵後、巨大なオーク樽に入れて熟成させます。

5・ブラウン・ビール

ブラウン・ビールとは、東フランデレン地方で主に造られる、ブレンドによる複雑さが特徴のビールです。古いビールに新しいビールをブレンドし、二次発酵させ、独特の味わいを造り出します。甘酸っぱく、複雑な味わいです。

6・スペシャル・ビール

スペシャル・ビールとは、ピルスナー、ホワイト・ビール、トラピスト・ビールなど数あるベルギービールのタイプの中、ここに当てはまらないビールを総称してスペシャル・ビールと呼びます。

チョコレートビール

基礎ビールとフルーツ

1・ランビック・ビール

基礎ビール1番目のランビック・ビールは酸味が強いので甘味によって酸味を和らげる為にフルーツを使うことが多く、フルーツの酸味がランビック・ビールの酸味を生かしています。そのため、ブーン・クリークの様にサクランボをランビック・ビールに漬け込んだり、リンデマンクリークの様にサクランボの果汁をランビックビールに混ぜたりします。また、ランビックの味をそのままにしてクルミをランビック・ビールに漬け込んだ、アウト・べールセルのグリーンウォールナットと言うビールもあります。また、ランビックにチョコレートを入れたフローリスチョコレートがあります。

ランビック・ビールにサクランボを漬け込んだビール

2・ホワイト・ビール

基礎ビールの2番目のホワイト・ビールは、意外と多くのフルーツビールの基礎となっています。ミスティック・ホワイトにサクランボジュースを加えたミスティック・チェリーやヒューガルデンホワイトにジュースを加えたヒューガルデン・ロゼやヒューガルデン・シトロン(現在日本で販売してません)があります。また、ホワイト・ビールに青りんご果汁を入れたニュートンもあります。特徴としてジュースを入れることで、アルコール度数が低くなり、ジュース感覚で飲める事です。

ホワイト・ビールにサクランボジュースを入れたビール

3・ゴールデン・ビール

基礎ビールの3番目のゴールデン・ビールは高アルコールとフルボディ感のあるビールをフルーツを入れることで飲みやすくしたものです。デリリュウム・トレメンスをベースにサクランボを使用したのがデリリュウム・レッドです。もともと、このビールは、デリリュウム・トレメンスとフローリスクリークのハーフ&ハーフでした。しかし、アルコール度数が下がるため、直接サクランボを漬けるようにしたと思われます。

ゴールド・ビールにサクランボを使用したビール

4・レッド・ビールと5・ブラウン・ビール

基礎ビールの4番目と5番目のレッド・ビールとブラウン・ビールです。このビールも酸味が強いため、酸味と香り付のためにフルーツを入れる事でより多くの味と香りが楽しめます。

レッド・ビールでは、ドゥシャス デ ブルゴーニュにそのままサクランボを漬け込んだドゥシャス チェリーやドゥシャス デ ブルゴーニュをチョコレート風味にしてサクランボを漬け込んだチョコレート・ドゥシャス チェリーがあります。

ブラウン・ビールでは、リーフマン・グーデンバンドにサクランボやサクランボジュースを使用し熟成させたリーフマンス・クリーク・ブリュットがあります。

レッド・ビールにサクランボを使用したビール

 

ブラウン・ビールにサクランボを使用したビール

6・スペシャル・ビール

基礎ビールの6番目のスペシャル・ビールは最初から特別なレシピに基づくビールにフルーツを加えるとか、元々あるスペシャル・ビールにフルーツを加えたものがあります。

最初から特別なレシピに基づくビールにハチミツを入れ熟成させたのがビーケンです。

元々あるスペシャル・ビールにフルーツを入れ熟成させたものは、ブッシュ・アンバーにピーチフィズ(桃の果汁を使用)を加え熟成させたペシェ・メル・ブッシュがあります。

スペシャル・ビールにピーチフィズを加えたビール

最後に

以上簡単にベルギーのフルーツビールを紹介させていただきました。基礎ビールの味を損なわずにフルーツの味を加えアルコールも比較的低く抑えています。

ランビック・ビールとフルーツの組み合わせが圧倒的に多いのですが酸味が苦手な人のために、飲みやすくなっています。

是非自分の好みに合ったベルギーのフルーツビールを探してはみませんか。

購入店
ビックカメラ札幌店(ネットはありません)
酒のたなか(札幌市)
ベルギー麦酒屋ウエハタ
すがや魅惑のベルギービール
ベルギービールJapan

フルーツビールベルギービール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

この記事を書いたひと

もりあき(モリテツアキ)

ビアジャーナリスト

1968年1月福島県で生まれ現在北海道余市郡に在住。ロシア人と国際結婚。
佛教大学卒業後社会福祉士の資格を取り地元の特別養護老人ホームの管理者を行いながら実家の事業の1つである農業を手伝っている。
ビールはベルギービールを飲むのが主で、たまに道内のクラフトビールやエビスビールを飲む。特にベルギービールは専用グラスで飲むようにしている。
現在の活動は、Facebookで北海道ベルギービール愛好会の立ち上げ、道内でベルギービールが飲める飲食店や購入できるお店や自分の飲んだビールの紹介をしている。
又、産物のハネ品(サクランボ等)からビールを作るプロジェクトを2020年立ち上げ、ハネ品(規格外、交配用、完熟、微量な傷等)を対象にビールの副原料として使い数年かけて検証していく。
今後の取り組みとして現在の活動の他、ベルギービール(クラフトビール)の購入と介護記録についての記事とロシアのビール事情を書いていきたい。

北海道ベルギービール愛好会
https://www.facebook.com/groups/1586818794929083

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。