[イベント]2010.12.24

きっかけ#2

ニューヨークのd.b.aで自分なりに衝撃的な出逢いとなった、
Hair of the DogのDoggie Clawsを飲んでしまい、元々の性格なのか
作り手に逢いたくなった。それまでもバーボンにハマり詳しく知りたいと
思ってケンタッキーの生産者に会いに行く旅をしていたので躊躇なく
飛行機に乗った。

Hair of the Dogの事をなるべくネットで調べて、なんとなくメールで『行きます』
と送って、初のポートランド、オレゴン。
とにかく道もろくに分からず着いた先が下の写真の醸造所。

Hair of the Dogは1993年にアラン・スプリンツが起こした会社。
いろんなビールを作る訳ではなく、味のしっかりした度数の高い系のエール
を作り出すのに定評がある会社。樽熟成、バーレーワイン、ストロングエール
が得意。とにかく小さい醸造所なんです。そこで1人でお手製に近い
中古の道具達で素晴らしい味わいのビールを作り出すアラン。

当時ビールの事はほとんど知らなかった俺に親切丁寧に説明してくれた。
元々料理人だったアランが作り出すビールはOne of a Kindと言って良い物
ばかり。文章で読んでも絶対に解らないので見かけたら是非飲んでみて欲しい。
個人的に好きなのは、Fred、バーレーワイン系、それの樽熟成版From The Wood
が特におすすめ。バーレーワインの一つの答えが詰まったビールです。

アメリカビールの情報は
twitter : craftheads
飲むなら : http://craftheads.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。