[イベント]2014.7.12

7/26(土) クラフトビアミーティング 入門編 vol.12 ブルワリー・味わい尽くし オラホx南信州 開催!

オラホビールクラフトビアミーティング南信州ビール野田幾子麦酒倶楽部 ポパイ

毎回人気の、五感で味わうビア講座「クラフトビアミーティング 入門編」vol.12が7/26に開催決定!!

「ブルワリー・味わい尽くし」シリーズの第4弾は、自然と実りあふれる長野で人気の二つのブルワリー『OH!LA!HO!ビール』と『南信州ビール』をたっぷり美味しく学びます。
オラホx南信州
当日はそれぞれのブルワリーの銘柄のヒストリーやストーリーの紹介とその味わいを五感で堪能しながら、二つのブルワリーと会場をSkypeで結び、その魅力をブルワリーに直接伺うライブ中継もおこないます。

開催場所は、70タップを誇るクラフトビールの聖地といわれる両国の麦酒倶楽部ポパイ(墨田区両国)。
講師は、ビアムック本『ビアびより』(KADOKAWA)編集長ほかビール関連書籍を多数執筆の野田幾子さん。明るく笑顔溢れるレクチャーが毎回大好評で、リピーターも多数。

参加費¥4,000で10銘柄の美味しいビールを、造り手の熱い想いまでたっぷり味わい尽くせる、とってもお得で楽しい講座です。

【CBM vol.12開催詳細】
■開催日時:7月26日(土) 13時~15時
■場所: 麦酒倶楽部ポパイ 東京都墨田区両国2-18-7

 JR総武線/都営大江戸線両国駅より徒歩3分
■参加費:  4,000円(10銘柄のビール付き)

■定員40名:予約制


■電話でのご予約:03-3633-2120(麦酒倶楽部ポパイ担当:城戸)

■メールでのご予約:beerclubpopeye.kido@gmail.com
→お名前、電話番号、メールアドレス、参加人数(同行者のお名前)をお書き添えください。


■講師/司会:野田幾子 

ビアジャーナリスト/2014年4月発売のビアムック『ビアびより』編集長。1994年にベルギービール、1996年に国産地ビールの美味しさに目ざめクラフトビアの普及活動を開始。2007年にビアバー紹介ムック『極上のビールを飲もう!』の全体構成、執筆、編集、2013年までシリーズ5冊刊行。2010年、日本ビアジャーナリスト協会設立、同副会長。

■主催: NPO法人 日本の地ビールを支援する会


『OH!LA!HO!ビール(オラホビール)』(長野県東御市)

“おらほ”(OH!LA!HO)とは、この土地の方言で“わたし達”“私たちの地域”といった意味。ゴールデンエール、アンバーエール、ケルシュの定番3種類に加え、
季節によって仕込むビールを変える「ビエール・ド・雷電」の醸造も。
国際ビール大賞、ジャパンビアカップなど数々の賞を受賞。

『南信州ビール』(長野県駒ヶ根市)
駒ヶ岳山麓標高800mに位置するブルワリーは、中央アルプスの雪解け水を豊富に含んだ地下120mから汲み上げた良質を地下水をつかったリッチな香りのエール系ビールを醸造。ゴールデンエール。アンバーエール他、りんごの発泡酒アップルホップはジャパン・ビア・フェスティバルで2010年最優秀賞を受賞。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原 佐研子

この記事を書いたひと

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。