[イベント,テイスティング]2015.1.25

ドゥランク醸造所・新着ケグ詰めビールお披露目会

1月24、25日と開催されるBROUWERIJ DE RANKE(ドゥランク醸造所)の新着ケグ詰めビールお披露目会の一日目に参加してきました。

今回主催はベルギービール専門輸入元の大月酒店さんです。

昨今のクラフトビールシーンではホップを大量に使った、所謂ホッピーなビールが流行していますが、ドゥランク醸造所は単にホッピーなのではなく、生ホップに由来するフレッシュな風味と味わいで世界的に高い評価を得ています。

ホップは「ペレット」という小さな粒状に加工されたものを使用するのが一般的ですが、今回お披露目されたドゥランク醸造所のビールは欧州産の生ホップを使用して醸造しています。

なんと、今回お披露目された5種類はratebeerで最低でも96点。驚愕のスコアです。(参考 ratebeer Brouwerij De Ranke)

http://www.ratebeer.com/brewers/brouwerij-de-ranke/6167/

そのビールが今回KEYKEG(キーケグ)という劣化の少ない最新の容器で輸入されました。20150124-183921_01
KEYKEG(キーケグ)

今回のお披露目会で供されたビールは以下5種類です。写真右から順番(飲みかけですみません)

  • XXX Bitter(イクスイクスイクスビター)
  • XX Bitter(イクスイクスビター)
  • Noir de Dottignies(ヌワール ドゥ ドティニー)
  • Guldenberg(ギュンデンベルグ)
  • Saison de Dottignies(セゾン ドゥ ドティニー)

20150124-185347

XX Bitter, XXX Bitter ともベルギービールの中では一二を争う苦さです。基本的に同じレシピですが、XXX Bitterの方がホップを更に増量し、苦味・香りを強化しています。しかし、ただ苦いだけでなく、柑橘系の香りとほんのりした甘味があり、とてもバランス良くフレッシュに仕上がっています。アメリカンIPAに疲れた方にお勧めしたいです。

Noir de Dottignie はドゥランク醸造所が造る一番強いビールです。アルコール度数 9%のスタウトで焦げたモルトの風味と炒った黒豆のようなパリッとした香ばしさも感じます。熟成させて飲んでみたいとも思いました。

Guldenberg はポペリング産ハラタウが多く使用されており、非常に青々としたフレッシュな香りに満ちています。アルコール度数 8.5%でボディにはしっかりと苦味がありますが、無骨な印象はなく、むしろ柔らかさがあると言えます。舌が疲れていない時にまたしっかり飲んでみたいと思いました。

Saison de Dottignies はドゥランク醸造所が生み出すセゾンビールです。伝統的なセゾンを踏襲しつつボディ感もしっかり感じられる仕上がりになっています。最近はセゾンを見かけることも多くなり、今後の発展が楽しみです。

キーケグのお陰かもしれませんが、生ホップ由来のフレッシュな風味は秀逸でした。どれもベルギービールらしさはちゃんとありつつ、現代的なテイストもしっかりと同居しています。フレッシュな生ホップが注目されがちなドゥランク醸造所ですが、単に苦いだけでなくモルトの骨格や華やかな香味もあって非常に素晴らしいビールです。ペレットによる高IBUのIPAなどが流行している今だからこそ、これを日本で飲めることは意義深いのではないでしょうか。

大月酒店HP
http://www.ohtsuki-saketen.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01005SHIBU

この記事を書いたひと

SHIBU

ビアジャーナリスト

ビアテイスター、ビアジャッッジ、ビアソムリエを取得し、審査会やイベントを通じてビールの知識、仲間との交流を深めています。ビールと写真をテーマとしてビールの魅力を伝えていきたいと思っています。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。