[イベント]2015.1.26

2/1〝東洋のビール王〟馬越恭平の歴史を辻講釈で楽しんでみませんか?

ビール王端田晶辻講釈馬越恭平

辻講釈をご存知ですか?
江戸時代初期にはじまったという大道芸のひとつ、辻講釈はもともと街角で軍談や講談を語り、寄席の講談の原型とも言われています。

この度、びあけん顧問 端田 晶さん著書『ぷはっとうまい 日本のビール 面白ヒストリー』などの資料を基に、辻講釈真打ちの宝井琴梅先生が〝東洋のビール王〟馬越恭平をテーマにした新作講談を、みなさまにご披露いたします。
0217_001

1899年には銀座に日本初のビアホールを造り、1901年には恵比寿に専用貨物場と駅をつくり日本全国へビールを輸送できるようにし、そして大日本麦酒(現サッポロビール)の社長を務めた馬越恭平の生き様は、痛快、明快!かなりの豪傑ぶりだったとか…?

「パンパンパパーン! さあ〜、よってらっしゃい、みてらっしゃい!」
軽快でリズミカルな語り口の、おいしいビールうんちく、粋に味わってみませんか?

■開催日時:2015年2月1日(日)13:00〜
■場  所:浅草千束 長國寺 東京都台東区千束3-19-6
<Access> http://otorisama.jp/access/access01.html
■参 加 費 :無料
■問合せ先:辻講釈を楽しむ会事務局 飯間 03-3873-6871

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原 佐研子

この記事を書いたひと

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。